松沢 己晴の人生

皆さんおはようございます。

miharu-1_20180721115101812.jpg
seasid-bill11.jpg


私の人生で最も影響を受け、唯一尊敬できる男
それは、シーサイドモーター社長だった「松沢 己晴」です。
彼は昭和10年生まれ、今生きていたら82歳
残念ながら彼は1987年に59歳の若さでフィリピンで亡くなりました。
新たな自分の楽天地を求めて、フィリピンの小さな島を購入し
島の王様として生きたのが
シーサイドが潰れた1980年の翌年から、6年余り
まだまだそこでの生活をエンジョイし、余生を送りたかったと思います。

最初のレーシングスーツの写真は、千葉県の船橋市のレジャーセンターの
横に有った「船橋サーキット」でのワンショット。
このサーキットは小さいコースながらトリッキーなコースレイアウトで
数々の名勝負を産みました。
当時ここを走っていたのは、生澤徹さんをはじめ、浮谷東次郎さん
ワークスのドライバーたち
己晴さんはここでのレースを通じて、沢山の著名な人達と知り合ったと言います。
何しろこの頃に車のレースなど、超金持ちしか出来ない事だったからです。
それだけ彼は時代の先を行く、先見の妙と度胸があったのでしょう。
私がシーサイドの門を叩いて、入社したのが、1974年の4月
その時、己晴さんはまだ38歳の若さ。
それでもランボルギーニとマセラーティの正規代理店を取り
それにふさわしい自社ビルを建てる(10階建て)という
かなりな冒険をしようとしている時でした。
私が面接に赴いたのは今も残るビルから戸塚の方に2キロくらい
国道を下った場所。
そこは倉庫がありその横に2階建ての木造の事務所がありました。
何故面接を受けたかって?
航空高専をなんとか卒業したものの、2回も落第していた
私にはまともな就職先は無理、
なので、卒業前からアルバイト三昧
唯一の楽しみは3畳一間の風呂も無いアパートで、休みの日に見る
「カーグラフィック」という月刊誌
ぺらぺらとページをめくっていたら、白黒の広告でしたが
カッコよさげなビルのイラストとともに、
ランボルギーニ マセラーティ 日本総代理店
シーサイドモーター
営業社員若干名募集
と書いてある
この頃、外車の知識は殆どなし
世間も外車と言えば、フォード、クライスラーなどのアメ車
東京の街中でもたまにポルシェが走っているのを見るくらいで
フェラーリとか、ランボルギーニなど実物を見たことは一度もありませんでした。
好奇心は人一倍強い私はダメでもいいやと、
近くの公衆電話からダイヤルしました。
すると、電話に出た受付のおばさんみたいな人は
担当者と代わるからと言って電話に出たのがその後私の師匠になる
樋口営業課長でした。
彼はちょっとめんどくさそうに、「ああ、そうしたら明日でも面接に来いよ」
次の日その頃住んでいた杉並のアパートから電車を乗り継ぎ
1時間半もかけて見つけたのは、おおよそ外車のディーラとは
とても思えない国道沿いの旧い倉庫のような事務所でした。

ただ、私は丁度一年前の事を記憶しておりました。
学生仲間と小さなホンダの軽自動車で伊豆の海に遊びに行く途中
お金を浮かせるため、高速道路ではなく国道を走っていたら
横浜を通る時、その車は無造作に道沿いに置いてありました。
「ランボルギーニ ヤラマ(JARAMA)」 です。
今まで見たことも無いデザインのそのシルバーの車は
一緒で私を引き寄せました。 マングスタの時と同じです。
仲間にちょっと待っててくれと行き過ぎて直ぐに車を歩道に乗り上げ
停めると、私は走って見に行きました。
丁度その場所が面接に行ったシーサイドだったのです。
樋口さんは一見ホストと間違うくらいのあか抜けた男でした。
痩せていて、身長も高く、なにより小顔で芸能人みたいな感じ
それまでの私の人生にはそのような人と会ったことは無かったので
やはり外車の営業マンはこれでなければ通用しないのか
そんな風に思いました。

続く






私の車屋人生

皆さんおはようございます。
毎日、酷暑が続きます。
平凡な言い方ですが。。
「昔はこんなに暑かったかな?」

私が18歳で免許を取った昭和44年頃、
確かに真夏は暑い日が当たり前でしたが、
その頃はその自然と向き合う形で前の道路に打ち水をしたり、
タオルを首に巻いたり、家では扇風機を使ったりと
極力”暑さになじもう”と言う気が有ったように思います。

自動車も同様、
エアコンではなくクーラーが付いていたのは一部の高級車だけ。
クラウンとか、セドリックとか、、、、
私が親父にせがんで買ってもらった
トヨタの当時かなり先を行くコンセプトの「セリカ」でさえ、
クーラーはオプション。
しかも内蔵型ではなく、助手席の下に吊り下げるタイプ
今では考えられないですよね。
なので、トラックは勿論のこと、バスもクーラーなど無し
乗客は窓を開けて、団扇を扇いでおりました。

今では大半の家にエアコンがあり、
軽自動車にも標準でエアコンが付いています。
これでは都市部の気温が上昇するのは当たり前。
我々は快適さを求めるあまりに、「自然環境」の破壊、
あるいは浸食を犯しています。

私の扱う車達は、殆どがイタリア生まれの御年40~50歳の高齢車
確かに一部の我儘な金持ちの為に、
フェラーリで言えばディトナ辺りからクーラーはオプションで付いています。
現在当社の在庫車の、365GT 2+2にも標準装備。
けれど1970年と言えば既に48年前。
お宅の家に48年前の家電など有りますか?
いわゆる白物家電と言われる、冷蔵庫、洗濯機などは10年が耐久の目安でしょう。
それでないと家電メーカーは新作が売れなくて潰れます。
けれども一部のお客様は、
「高い金を払うんだから付いてるクーラーを効くようにしてくれ」
これは我々には辛いリクエストです。
コンプレッサーなど本体も消耗している、交換部品も無い、
普通の車屋ならあっさり、
「お客さん、ビンテージカーを持つと言う意味は当時の時代を共有することですぜ」
とのたまう事でしょう。
その通りで正解の理屈です。

しかし、キャステルは違います。
出来る事をするのは、当たり前
出来ないと言われることをするのが本当のプロ。
そう私がスタッフに偉そうに言うものですから、彼らは苦労しながら努力します。
それが当社のプライドであり、モチベーションです。
信じられない方は、1975年製造の フェラーリ365GT4/BB 
そして現在電機周り全部レストア中の 365GT 2+2
こちらのクーラーの効き具合を確かめに来てください。
論より証拠です。
1977-seaside.jpg

この写真は私がシーサイドモーターに在籍していた
1977年のもの。
後ろは当時新車で入って来ていた 77年製のファイバーボディを持った
308GTB。
この頃から41年の時間が経っています。
その間、身長は変わりませんが(172センチ)
体重は 58キロから80キロに増えました。笑い
その間、学び、経験を積み、失敗もし、成長?してきました。
そんな長いキャリアを持つ車屋など殆どありません。
是非、私がまだ元気なうちに会社にお越し下さい。
有意義なお話を致します。
これは今年の春、お会いした時の 池沢さんとの2ショット
彼と初めて会ったのは、1975年、今から43年前
直ぐに意気投合して多数の車を買って頂きました。
マセラティ メラックから始まり、365BB カウンタックLP400S
348GTB, テスタロッサ など。
彼が私の一つ上、来月68歳です。
お互い元気で何よりと思います。
ikezawa-1_2018071812471775a.jpg

自然災害

皆さんこんにちは。

今回の西日本地方を襲った豪雨は甚大な被害をもたらしました。
自宅に居て亡くなられた方が多数いるとの事。
今更ながら私のように都会に?住む人間と、
地方の自然に囲まれて住む方との生活環境の違いに唖然とさせられます。

私が住んでいるのは横浜でも中心部、
けれども見渡せば小さな川や、その支流が無数にある。
また、自然災害と言えばやはり一番怖いのは地震。
それによる津波が万が一発生したら、
幾ら頑丈な堤防でも役には立たないでしょう。

しかも東京は、周りの周辺都市からの「出稼ぎの街」
毎朝混んでる通勤電車で職場に通うわけです。
でもつい先日、それほど大きくは無い地震の際でも、
電車が全部止まり、「通勤難民」という言葉が聞かれました。

このように我々は普段は
”朝日が昇り、夕刻になると日が沈む”
これが普通で当たり前だという感覚で生きています。
たまに違う人もいるやもしれませんが。
なので、予期せぬ災害が起こると慌てふためく。
悲しい人間の性です。

では普段どのような心がけが必要なのか?
万が一の時にも後悔しない生き方とは?
答えは簡単
「日々、やりたいことをやる」
「欲しいものを買う」
5年後、ましてや10年後のことなど考えるな
それが出来ない場合、
そうできるような人生を求める

これは貴方にとって難しいことですか?
これを書いている私にとっては、66歳の今まで特段の苦労はありませんでした。
私の言葉を自分なりに解釈してください。
毎日やりたいことをやる、
これは毎日遊べと言う意味ではありません。
むしろ逆で毎日やりたい仕事をやる
この意味です。
やりたい仕事? それを選ぶのは貴方の責任。
次の欲しいものを買う
これも当然自分の財布の中のお金で買えるものを買う
借金してまで買うと言う意味ではありません。
つまり自分の力量を正確に把握して、置かれた立場と対峙する
これが基本です。

毎日ボケっと過ごさないで頭を使って自分を顧みる
1年後では無く、明日か、週末くらいまでに出来ることを。
これを繰り返えせば1年を過ぎた頃には
貴方は立派な
「人生マイスター」になれます。

自分の人生は自分で進路を決め、自分でその目標に向かって歩む
これしかないと断言します。
貴方も是非「人生マイスター」になりましょう。
もし私と話をしたいという方がいらっしゃいましたらいつでもお越しください。
66年間、朝昼晩と思考を巡らせ、その試行錯誤から生まれた知恵の集大成が
あなたの心のもやもやを晴らすキッカケになれば幸いです。

キャステルオート 社長
鞍 和彦
来月8月19日の誕生日で67歳になります。
今、自分がそんな年齢になっていることを不思議に感じます。







Fiat 850 Spider 売却しました。

皆さんおはようございます。

fiat-14.jpg
fiat-15.jpg


私の好きな、ラリーイベントに持って来いのライトウエイトスポーツカーを
紹介します。
フィアットの850スパイダーです。
まず私が好きなところ、
ベルトーネに在籍してた頃の ジウジアーロのシンプルなデザイン。
彼の傑作の1台と言われています。
843cc 水冷直列4気筒のエンジンは、49馬力を発生し
753Kgの軽いボディを145Km まで走らせます。
全長、全幅 高さは
3780、1500、1220 になります。
この現車はフランスからつい最近日本に運び
車検を取ったばかり。
勿論私が試運転しましたが、エンジン、ミッションとも非常に良い感じ。
走らせて楽しい車です。
この車は 初期型の1967年製ですが
68年にはマイナーチエンジを受け、
ヘッドライト周りが普通のデザインになりました。
前期はなんとミウラと同じライトガラスが付いています。
ミウラ用で探すと、軽く1枚50万は言われるレアーなものです。
テールレンズもミウラと同じ部品。
なかなか出てこない、初期型 850スパイダー
直ぐに売れてしまう可能性大です。
いつも言う様に、自分にとりスポーツカーとはどんな存在なのか?
それを即答できる人がオーナーに相応しいと思います。
価格は 295万と消費税です。
フロント しのもとまでお問い合わせください。
045-663-4660 まで。
内装はシート2脚 張替
幌はキャンバスにて張替 を行ってあります。
実は私もこれと同じ車を10年ほど前に所有して、
ラリーイベントにも出ておりました。
なので、この車の事はよく熟知しています。
なんなりとお問合せ下さい。


fiat-4.jpg
fiat-3.jpg
fiat-5.jpg
fiat-11.jpg
fiat-12.jpg
fiat-13.jpg
fiat-7.jpg
fiat-19.jpg
fiat-18.jpg
fiat-9.jpg
fiat-10.jpg
fiat-11.jpg
fiat-1.jpg
エンジンは音も良いし、ふけ上りも最高です。
シンクロも非常に強力。
ブレーキは前輪はディスクです。
fiat-2.jpg
今時の車には見られない、クリーンなデザイン、
これが50年も前の(1967年)物とは思えません。
さすがジウジアーロですね。
もうすぐ日本に到着する マングスタも彼のデザイン。
やはり天才は違います。
何年持っていても「飽きがこない」車
これがコレクターにとり大事な条件ではないですか?
fiat-17.jpg





365BBの日本上陸1号車

皆さんおはようございます。

速いものでもう7月です。
8月が過ぎたら暦の上ではもう秋。
そうやって1年はあっという間に過ぎていきます。
「光陰矢のごとし」です。
だから人間は必ず歳を取って生物学的に衰える。
大型犬は平均寿命が10年と言います。短いですよね。
比べたら「人」は医学の発展で我が国では男女とも80歳近い
寿命が得られる。
大変結構な事。
問題はその中身ですが。

さて、そんな私にも勿論20代はありました。
時は1975年
私が24歳の時です。
勤めていた「シーサイドモーター」に日本で初めて
フェラーリ 365BT/4 BB 
が入荷しました。
2台同時に入ったのは勿論新車です。
ボディカラーは 赤黒のツートン、もう一台はブルー黒のカラーでした。
BBシリーズはその後、512キャブ、512インジエクションと続きますが
側面から見てドアーの下半分が黒のマット塗装{艶消しよりも少しソリッドに近い}
これがアイデェンティでした。
512BBインジエクションからは上下とも同色になりますが
初めて見た時なんとなく間が抜けた印象を持ちました。
なんとなく太って見えるのです。
その理由で当社の在庫の512インジエクションは初期と同じ ツートンにしてあります。

さて前回お話ししましたように、ディトナを走らせたら
「泣く子も黙る」と言われた 松崎さんを隣に乗せて私はスタートしようとしました。
シーサイドモーターの前は国道1号線
かなり交通量が多いので、信号が変わるのをまち、
私はエンジンを2000回転にあげ、クラッチを繋げようとしました。
するとバランスが悪いのか、トルクが出ていなくて
ストールしようとします。
仕方ないのでクラッチを踏みなおし、今度は3000回転位で繋げようとしました。
するとBBはなんとか動き出しましたが、またもや3000回転で息つき
そのまま少し我慢していると、その領域を超えると急激に加速し始めました。
新車ですので5000回転位でシフトアップし、2速に入れます
すると同じく3000回転位で少し引っ掛かりましたが
スピードが出ているのでそのまま加速に移りました。
フェラーリのそれまでは全てV型12気筒
それと比べてこの水平対向エンジンは、かなりエンジンのフィールが異なりました。
良さから言えば、回転がまるで電気モーターの様にスムーズ
特に4000回転からはかなりの滑らかさです。
比べるとV型は少しがさつ。と言っても勿論4気筒や6気筒などと比べると
12気筒はそれだけのアドバンスがある
私も始めて12シリンダーのエンジンを体感した時、少し感動したのを
覚えています。
その時の愛車は トヨタセリカの4気筒でしたから。
ところがそれらよりもBBのエンジンは滑らかに回る
エンジン音も違う、音もこもったように静かだ。
何故? それまではカムシャフトの駆動を金属チエーンで行っていたのが
このBBからタイミングベルト{コックドベルトというゴム製のもの}に変えたから
それともう一つ感心したのは、ミッションのフィール。
この前のディトナはデフとミッションが一体になった、
トランスアクスルと言われるもの。
なので変速は長い棒を使ったリモートになるのだが
BBの場合は運転席とエンジンが近く、しかも新しい設計の
ミッションだったので、シフトフィールが全然良くなっていた。
しかし面白い事にBBの最初の生産の50台くらいまでは
シンクロがポルシエタイプ
私はこれにも数台乗ったことがあるが、この後のフェラーリ自社製の
シンクロとは全然違う。 ストロークが結構長くあまりスポーティと言えるような
モノではなかった。後期と比べるとレバー自体も長い。
そこで批判されたからか直ぐに訂正をしたわけ。
いかにも見切り発進をするイタリア人らしいよね。
けれどシーサイドに来たのはもう新しいタイプのミッションだったので
私は素直に良いと思った。
何処が? ストロークが非常に短く、しかも入り方が節度があり
ニュートラル時のセンタリングのスプリングが強力なので
まず、シフトミスが起こらない。
今でもBBを走らせるととても良いミッションだと思う。
今時は「ギヤーシフト」と言う物自体が「死語」になり
フェラーリでさえ、100% クラッチレスだ。
しかし、本当のスポーツカー乗りとは
エンジン、ミッション、クラッチを上手に操って走らせるもの。
それを忘れてはいけない。

そうそう肝心の息付きをするエンジンは、
キャブレターの調整と、電機周りを見直していく過程でだんだん良くなって行った。
私がこの1号車から現在まで走らせたBB365はおよそ30台
この車の特徴を全て理解している。
是非、フェラーリの歴史に残るこの偉大な車を再考してくれ。
現在ライトブルーの「最高のコンデション」の在庫がある
詳しくは在庫情報を参照のこと。
DSCN0404_201711031337586f9.jpg
DSCN0406 (2)
DSCN0440 (3)
DSCN0396 (2)
DSCN0416 (2)
DSCN0421_2017110313421964b.jpg



プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク