FC2ブログ

アメリカと言う国

皆さんおはようございます。

現代の日本にとって切っても切れない国、
それはアメリカ合衆国だ。
徳川幕府の終焉の頃、ペリーの来航で始まった結びつきは
明治の時代から紆余曲折はあったにせよ、
これだけ我が国に影響を与えた国は他には無い、
良い意味も悪い意味も両方で。
それは我が国の国土に唯一駐留する外国の軍隊がアメリカであること
それも沖縄を始め全国に無数に点在する米軍の基地を見ても明らかだ。
大げさに言えば、まだ戦後日本は占領されたままと同じと言う事。
この間ニュースを見て驚いたのは、東京の外れにある
米軍の横田空軍基地、
其処の上空あたり一面を米軍が管理していて、日本の旅客機は避けて飛ばなくては
ならないとの事。
言葉で言えば「制空権」だが地上のみならず空の上までも日本は米軍に譲歩しているわけだ。

そんな強いつながりを持つくせに、一般の日本人は「本当のアメリカ」を
どれだけ認識しているのか?
という疑問がある。
ハワイに行ってアメリカを見て来ました?
冗談を言ってはいけない。
そこで近年になくトランプのせいで余計騒がしいアメリカの実態を
私が車を通じて見てきた印象を紹介しよう。

この文章は今から9年前の2009年に書いたもの。

2009年8月22日 

社長の意見、8月 アメリカという国

今回のアメリカ行きでも沢山の人と出会い、沢山の人を見てきた。
勿論殆どがアメリカ人だが。
ということは、アメリカ人の文化を見てきたという事になる。
文明開化と言われたころ
勝海舟らが 咸臨丸でアメリカを訪れそこから日本との接点が始まるわけだが
これだけ、世の中が便利になり、
成田からでも一日に何便ものフライトがアメリカ全土に飛んでいるにもかかわらず
まだ、普通の日本人はアメリカ人の本質に触れていない気がする。
つまり何回行こうとも上面だけの観光ツアーみたいな感じ。
たまに商用で長期滞在せざるをえない時でも
日本人同士の村で固まる。
その理由は人種の違いという一言でその影響から逃れようとするのか
つまりアイディェンティティの違いがあまりに大きすぎて避けようとするのか
それの何れかだろう。
かくいう私も仕事柄、今まで何十回もアメリカを訪問してきた。そこで感じるのは
そのルーツであるヨーロッパと比べると
全てが大きい、大地も人の考え方も つまりスケールが大きいという事だ。
だから彼らにはタブーは一切無い。
綺麗な場所で車がより綺麗に見えるなら 
天下のペブルビーチゴルフコースの18番ホールでも車を並べてしまう。

burig 2018-11-1

あるいは誰に何を言われようが 知った事かと
むちゃくちゃ車を改造する。
その端的に表れているのがホットロッドレース。
4分の1マイル すなわち400メートルをいかに早く走るか。
この単純さにアメリカ人はストレートに反応する。
burig 2018-11-2

1937年の Chevyのトラックを改造したらしい。
burig 2018-11-3

プレスリーがボンネットに、、、

burig 2018-11-4


ヨーロッパなら、そんな異端な車にベンツのエンジンを使っちゃいかんとか
仮にフェラーリをベースのマシンを作ったら
フェラーリを侮辱するのか とか言う奴が必ずいる。
つまり彼等は保守が美徳なのだ。
何百年もの歴史を誇る城とか。
かたやアメリカ人はインディアンを駆逐して(インディアンも同じ人間なのに今や
保護区 と言う名の収容所に入れられている)
既成の文化を破壊して新しいアメリカという文化を創造してきた。
だから言わば、何でもOKなのだ。
狭い国土に住む我々日本人には到底理解不能だし、真似出来ない。
そこで今日の教訓。
確かに我々は島国に住んでる、世界的に見ればたいして誇れる文化も持たない人種だ。
だが、人としての生き方まで島国らしくする必要は無い。
生き方とは即ちその人の心の持ち方、考え方、、、、、
つまりどうにでも変えていけるものなのだ。
1960年代、あれほど夢の国と言われたアメリカも
長年のしがらみが噴出して多くの問題を抱える国になりつつある。
しかし彼等は今後どれだけ問題が山済みしても彼等に取って
楽しい、面白い イベントやレースは止めないだろう。
それは何故なら彼等の心の拠り所、自由の国アメリカのスピリットであるからだ。
我々日本人も彼等の10分の一でもよいから、人生を楽しむ
そのスピリットを真似しよう。
私鞍という個人、キャステルという会社、
その両方はこれからもみんなを鼓舞する、仕事、イベントを続けていきたいと思う。
どうか応援してくれ、そして生ある限り人生を楽しもうではないか。

burig 2018-11-5

元、全米ランチャクラブの 会長。
80才を越して、トレーナーの胸には
Still play with cars
とある。
こんな生き方を真似したいね。










男の宿命

皆さんおはようございます。
今年も残り僅かになってきました。
毎年この時期になって思うのは、1月から10ヵ月も過ごして来て
何を残せてきたのか?
そういう自分に対する問です。
幾ら新年に誓いを立ててもそれが実行できなければただの誓い
僅かでも良いから自分の歴史に残せるものを残す
これが自分に課した最低限の課題だと思います。
今から9年前の2009年に書いた下の文章
勿論、目標を掲げる事は第一歩、しかしそれをやり遂げる、あるいは
それを目標にして歩み続ける、
言うは優しいですがそれを実行していくのは並大抵の意思では出来ない
それを過去を振り返ってしみじみ思います。

2009年9月8日 

男の宿命
男は成人になって社会に出る事が宿命。
そうすれば当然大勢の人間に出会う事になる、男やら女やら。
まだ学生から社会人になったばかりでは、たいした人格も教養もあるわけが無い。
それらは学校の教室で友人達との語らいや、読書で得た知識だけでは仮の物であって
それを現実の社会、あるいは外国に行って、試してぶつかって初めてそいつの身に付く。
つまり人生のぶつかり稽古。
相撲と同じでどれだけ稽古に励むかで基本となる腰、男で言えば胆力がつく。
最近流行のニートや、フリーターではまともに社会から相手にされないのは当然。
彼等は厳しいぶつかり稽古を避けてきたわけだから。
と言いながらも、かく言う私も30歳から40歳くらいまで
のんべんだらりと生きていた。
シーサイドが潰れてその後の10年余り、ブローカーと言うぬるいお湯にどっぷりと
浸かっていたからだ。
幸いだったのは車屋とういう仕事を手放さなかった事。
そのころは今ほど、ビンテージカーに対して使命感を持っていたわけでもないし
そもそもこの地球の中がどんな社会になっているのかさえ知らなかった。
転機と言えば37歳くらいで始めて触れた、アメリカのカリフォルニアの
燦燦と輝く太陽の下で、オープンテラスでお茶を飲み、
小奇麗なガレージでフェラーリなどをレストアをする
「マイクシーハン」の ヨーロピアンレストレーション のガレージを見たときだ。
この地球には俺の知らなかった、こんなにカッコよい仕事、あるいは工場があるんだなと、、、
それいらい、マイクのスタイルは私の憧れであり、目標だった。
それは今、横浜に小さな工場を構えた今も変わらない。
全盛当時の彼のスタイルのまだ10分の1も真似できていないと思う。
今、マイクは一人でブローカーをやっている、 会社を倒産させてしまったからだ。
勿論今でも親交はある。
彼が日本に来た時、箱根の温泉にも連れて行ったりしたからだ。

私はその後日本であくせくして、ようやくデイノあたりは日本で第一人者と言われるくらいになった。
そう、どれだけ人生と言う土俵で砂まみれになり、相手とぶつかり、倒し倒され
弾き飛ばされ、反省し、落ち込んで泣いて、、、
それらを何十回と繰り返して始めて一人前の大人の男になるのだ。
そうすればガキの頃は青臭い言葉しか吐けなかった者が
一人前に自分の言葉として喋れるようになる。
人生ぶつかり稽古
これが今日のキーワードであり
私にも貴方にとっても大事なポイントだ。
これを嫌がる様になったら第一線をリタイヤした方が良い。

美意識を持てない奴は女には絶対にもてない


dino girl-1


この写真は15年前の東京のラリーイベントが終わったときに撮った物。
確かロータリークラブ主催のイベントで私は初回から連続3回参加した。
東京、お台場のトヨタの大きなショールーム施設の中庭だ。
という事は今この少女は25歳ぐらいか。

綺麗なディノと可愛い少女
ベストマッチと思わない?

私はこの仕事を始めてから今まで美というものに多大な興味、関心を持ってきた。
元々デザインと言うものに昔から興味があり、大きなものでは自動車、小さなものでは
万年筆、時計など、人と違う物、カッコ良い物に憧れ手に入れようとした。
美の代表である「絵画」にも学生時代から興味を持ち
通っていた学校の近場の上野美術館には足しげく通ったりもした
自分で描くことは才能が無いと直ぐにきずいたが。
だから日本国内は元より、海外の著名な美術館は時間があれば必ず立ち寄ってきた。
たとえばパリのルーブルであったり、ニューヨークのメトロポリタンであったり。

そこでいつも思うのは、人間と言う物は基本的にアナログだという事。
つまり太古の時代から進化しては来ているが、基本ヒトであれば
美しいものは誰でも美しいと眼で感じるし、美しい旋律の音楽は耳に心地よい
また薔薇の香りのような匂いは気分を良くしてくれる。
マッサージもそうだ。オイルをたっぷりと塗って背中を丁寧に触られると
とても気分がリラックスする。
そのように人は5感を常に感じながら生きている。

仮にダリのように抽象画でさえもその原点には人の感性が見える。
勿論ピカソもそう。あのねじれきった顔の描写の中に人間の喜怒哀楽が見えるから
高い評価を受けるのだ。

かたや車のデザイン。
最近の国産車、つまらないと思わないか?
一言で言えば、無機質。自分から発する言葉が無い。
あるいは最近のトヨタのデザインの様に、必要以上に相手を威嚇するような「顔」
だから愛着が湧かない。ただの道具に見える。
しかも悪いことに相手を喜ばすのではなく、威嚇する道具。
昔のスバル360という軽自動車を覚えているだろう、
だれもがそれを見たら微笑んだ。


subaru 360

比べてイタリヤ 但し60~70年代のデザイン。
このディノを筆頭に自分から美と言う言葉を強烈に発している。
だから、傍に初々しい少女が立っても位負けしないのだ。
古代ローマの時代から「ミロのビーナス」に代表される「美」と言う物を
イタリア人は長年受け継いできたからか、、、

人間はどの場面でも、いつでも美と言う物と対峙させられる。
曰く、美しい女性(男からして)
美しい料理、
美しい生き方。

それらをどの程度まで目をそらさず、、真剣に対峙するかでその人間の器が決まる
また美意識と言う物が決まる。
此処での美とは 気品、自信、自負と置き換えれば判りやすいだろう。

過去から学ぶこと

皆さんおはようございます。
今年も残り2か月になりました。
皆さんにとり、今年は楽しい、面白い1年でしたか?
何も変化が無く つまらない年だった?
大概の人はそう口にするでしょう。
しかしそれが日常としたら、貴方はなんとつまらない人生、日々の生活を
過ごしているの?
そう言われて反論できますか?

我々は社会人、その名の通り社会に生きている。
しかも「日本国」という世界の中でも飛び抜けて裕福でしかも大事な自由がある国。
孤島の一人暮らしではない。
もし仮に、孤島に流され住んでいたとしたら
貴方は何を求め、何を夢見ますか?
美味い弁当をたらふく食いたい
綺麗なおネーチャンとお話ししたい、手を繋いで散歩したい
孤島に一人では到底叶えられない事

では貴方の現実世界ではどうですか?
大した金を使わなくとも美味い飯はたらふく食える
秋葉に行けばメイド姿のおネーチャンが
「ご主人様お帰りなさい」と手を繋いでテーブルに案内してくれる。
考えたら「夢のような国」では無いですか?
貴方はそんな恵まれた環境を活かして生活していますか?
なに? 先立つ金が無い?
だったら、吉野家で牛丼にウナギを追加すればよい
1000円に満たないでしょう。 幸福感とはそんなものです。
秋葉のおネーさんに会いに行くのが無理なら
近場の喫茶店で我慢する。

でも大事なことは歳を取るにつれて
出来るレベルを上げていくこと。
30歳よりは40歳、40よりは50歳のです。
歳を取るにつれ顔も皺が増え、身体も精神も萎んでいく?
それは残念では無いですか?
是非、自分自身に挑戦する姿勢を忘れないで下さい。

私も応援します。

体調管理は万全か?

皆さんおはようございます。

私の恩師、松沢己晴さんが今生きていたら、83歳
しかし残念ながら彼は55歳の若さでこの世を去りました。
シーサイドが潰れたのが、1980年、それから10年間フィリピンで
小さな島を買い、そこで自分の理想郷のようなビレッジを作りました。
人間の生き方は、ただ長生きさえすれば良いものではなく
その中でどれだけ自分が満足できる生き方をしたか
それが重要です。
仮にその生き方をするうえで、周りに迷惑をかけたとしても
死後、許されるような人格、人間性を持つ事が大事です。

よくプロ野球の世界でも、数字よりも記憶に残る選手とか言いますが
我々も後の人に記憶に残るような人間でありたいと思います。

さてその為にはまずは健康な身体が不可欠で必要です。
私も50歳を過ぎる様になってから
1、血糖値が高い
2、血圧が高い
3、前立腺肥大
このような身体の変化に見舞われるようになりました。
健康には当然体調管理が不可欠ですが
私は、タバコは吸わない、酒も殆ど飲まない、食事もどちらかと言えば少な目
それでも上記のような症状になります。

ご存知のように血糖値が高いと、糖尿病の予備軍
その前触れとして、「痛風」というサインが出ます。
私は40歳の後半くらいからこの激痛を伴う「痛風」に見舞われました。
我慢していれば約1週間でその発作は収まるのですが
その間、足指の腫れた部分は靴下も履けないくらい膨らみ
歩くのもびっこを引きながらやっとと言う感じです。(なぜか片側のみに起こります)
ある時、アメリカに仕事で行くときに、成田に着くころから足に違和感を覚え
なんとかなるさと、飛行機に乗りロサンゼルまで11時間を過ごすうちに
足首が非常に痛くなり、空港に着いたときは歩けないくらい。
彼の地のゲートからイミグレーションまではとても長いのですが
仕方ないから車いすをリクエストしました。
その後3日間くらい仕事に出れなかったのは言うまでもありません。

2番目の血圧が高いのは、放っておくと心筋梗塞、脳梗塞の重大な
要因になるよとドクターに驚かされ、
精密検査を受けたら、心臓の不整脈?もあるよと、
不正脈とは文字のとおり、心臓の鼓動が安定しない事
その影響は時に重大な悪影響が出るよと、また脅かされ
仕方なく私はカテーテルによる心臓の手術に同意しました。
しかし医学の進歩は目覚ましく、わずか3泊の入院で退院することが出来ました。

3番目の前立腺肥大は50歳を超えた男性の5人に一人はなるという病気
膀胱の周りの前立腺という筋肉みたいなものが、
加齢によって肥大する病気、
その症状はおしっこが近くなり、残尿感が残る、
夜中に何度もトイレにいくなど、生活の質が下がります。
私の場合、薬で抑えるのを止めて、手術を受けました。
やはり3泊くらいの入院

そんなこんなでようやく一息ついたと思ったら、ショックなニュースが
飛び込んで来ました、
私の長い付き合いの車屋の友人が脳梗塞で倒れたと言うのです。
慌てて最近さぼっていた自分の血圧を測ると
上が160、下が110、
かなりな高血圧
自分の体調を過信してはダメだと強く思いました、
人間日々の生活で特に痛くもなく、違和感もなければ
体調管理も、病院に向ける脚も遠ざかりがち
けれど身体の衰えや病気は見えないうちに進むと言う事です。

そこで今日の教訓
50歳を過ぎたら、体調管理には万全の態勢で挑むべし
例えば人間ドックとか。
また定期検査で採血する事も大事、
嫌ですが、胃カメラ、大腸カメラも受ける事を勧めます。
当然、胃がん、大腸がんの早期発見に繋がるから。
仮に1億円の札束が目の前にあったとしても
それを使うための「身体」が満足に機能しなければどうしょうもない、
これを身に染みて感じる今日この頃です。

LULU-1_201810241145022fb.jpg



キャステルオート
社長 鞍 和彦
昭和26年生まれ 67歳

プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク