寝ている時間と起きている時間の割合

皆さんおはようございます。

前からの習慣で夜は毎晩12時頃まで起きています。
新聞を読んだり、テレビを見たり。
夕食後のそんな時間が私にとって一番リラックスできる気分になります。
しかしその為には、
幾つかのハードルを越えた先にあるというのが解ります。

まずその1つは、
「明日に大きな心配事が無い事」
その分散という意味では、
明日から月末にかけて金銭の支払いに関する心配があるかないか?
つまり自分の預金口座に支払いのための十分なお金があるかないか、
仮に借金で首が回らなければ、おちおち寝てもいられないでしょう。

次に大事なのが
少なくともこれから数ヶ月の自分の身体の健康状態。
つまり病気の心配は無いのか?
勿論、これは自分を取り巻く家族にも同列の事が言えます。
この2点でしょう。
これを読んでいる貴方はこの2つをクリアしていますか?

よく俺には仕事が一番大事だという人がおりますが、
そういう人に多いのが、仕事以外の生きがい、或いはは愉しみ、
それらが自分の生き方の中に見当たらない
だから生きがいを「仕事に」転嫁する
そういうパターンです。

では私の考え。
仕事は生きていく為の手段であり目的ではない。
手段とは、勿論生きる経費を稼ぐための意味。
幸い日本国は平和だし、憲法に守られて人権は守られ、言論の自由もある
だから合法であれば、人はどんな仕事に就こうがその人の自由。
これを読んでいる貴方も何かしらの「職業」というものを持っているでしょう。

そんな貴方は毎日朝早く出勤の準備をし、電車に揺られて通勤している。
そういう私もサラリーマン時代がありました。
今思えば仕事に慣れてきた3年目くらいからは、
なんとなく会社に向かい、なんとなくそこで時間をつぶす
いわゆるマンネリだったような気がします。
私のように少なからず、好きな商品と言える「スポーツカー」を
相手にしていてもです。

おのずから失礼な言い方ですが、
区役所とかの公務員、清掃に携わる仕事など
地味な職業を選んだ方々にとっては
毎日が大きな変化もなく「超マンネリ」な日々では無いですか?

人生とはそんなもの?
ここで達観してしまうと、
その後の人生は確かに平穏に過ごせるかもしれません。
いわゆる可もなければ不可もない
俺は波乱万丈な生き方は嫌だと大多数の人はそう言うと思います。

けれど母親から生を受けてこの世の中に生まれ出て
天命を全うするまで、よく考えたら生き方は自分次第。
ただしこんなことを言えるのは平和な国、
その日本国民であるからこそであり、
話題の北朝鮮や、大量の難民を出している中東の国ではありえない事。
いわゆる「国家」という縛りに大きく影響されます。
ということは、我々は普段、無意識に生活しているけれど
何ものにも代えがたい「選択の自由」があるということ。
これに気づかなければなりません。

「人間は何をする為に産まれてくるのか、また何を求めるべきなのか」
これは哲学的な課題。
いずれにしても成人になって働かなければ「社会の落伍者」
つまり「厄介者」とみなされます。
ということは、「上手に仕事をする人」
その結果、自分を含めて周りの家族も十分な生活を保障できる人
これが「良い大人」そういう定義です。
貴方はこの条件を満たしていますか?

でも私は欲張りです。
勿論それはクリアしたうえで、せっかく授かった自分の生命を
精一杯使い、短い命の間に楽しい時間、記憶を増やしたい、残したい
そう思います。
確かに自分自身が商売人でない限り、
毎月入ってくる収入は限られています。
なので、お金に頼らない満足を得る これが大事です。
何故ならお金で得た満足は「必ずと言って良いほど飽きる」
これが真理です。
そして更に強い刺激を求めることになる、
そうなると「欲望に終わりがない」
わかっていても詐欺などに手を出す輩はそういう状態でしょう。

そういう私も昨年は調子に乗って高価なロレックスを3個も持っておりました。
年末に2個処分しましたが、
それでもサブマリーナというのを手放すのが嫌で持っています。
いわゆる未練という奴です。
そこで得た教訓とは「欲しいものは眺めている時が楽しい」
もっと自分に合ったライフスタイルを考えるべき。
人間はなかなか自分の事を客観的に見るのは難しい
つい自分には甘えた見方をしてしまう。
私はこれに気づくのに60数年の歳月を要しました。

是非この読者である皆さんには「良き生き方」を実践して欲しい
そう思います。
どちらかというと「物欲主義」の私の意見を参考にしていただければ幸いです。

早く桜が見たい。

皆さんおはようございます。

2月も早くも1週間が経とうとしています。
来月はもう3月、
後半には各地で桜が芽吹き、花を咲かせたと一報が入るでしょう。
毎年の事であるにも関わらず、なんだか今年は早くその艶姿を見たいと
思うのは私だけでしょうか?
勿論一番の理由はここ何ヶ月かに渡る世界情勢、日本の内政の不安定さ
私も長く生きてきましたが、こんなに世の中が落ち着かない、危うさが見え隠れする
そんな風に感じたのは本当に初めてです。
なので正直車なんて考えている余裕は無いぜ
というお客様の気持ちもよく理解できます。
つまり先の見えない不安感
だから今は無駄使いせずお金は貯めておこう、、、
そのうち景気が良くなる時もくるさ、、、、
つまり周りの様子伺い、
日本人によくある、「村の村民として多数に従う」このパターンです。
この日本国という国、良くも悪くも単一人種国家であり、島国の利点で
他国との干渉が少ない。
だからまとまりやすいけれど、飛びぬけた発想も出ない
長い物には巻かれろ的な。
その典型が安倍首相の
反トランプには、だんまりを押し通す。
欧州の英国を始め、ドイツ、フランスなど各首相がはっきりと見解を述べるにたいして
日本という商売は上手いが、「プライドを無くした小国」、これは中国に対してだが
そこの国のリーダーは常に下を向いて、アメリカのご機嫌伺いをする
世事に敏感な若者が自分たちの将来には「叶えるべき夢が存在しない」
そう思っても不思議は無いでしょう。

昔親交のあった「オートロマン」の社長 三上さん、
この方の社長室にはでかい額に
「眠る猫」と「立ち上がった「虎」
この二つが壁に掲げてありました。
私が理由を聞くと
眠る猫も何時かは立ち上がらなければならない時も来る
俺はその時の為に常に自己の鍛錬をしているんだ、、、
そう仰いました。
私は正に今がその時と思います。
例えは悪いが、凶暴なライオン トランプに小さくても爪を研ぎ澄ました
三毛猫日本が立ち向かう時です。
原爆2個も落とされてまで、何でアメリカのご機嫌を窺う必要があるんですか?
と、亡くなられた方々は冥土から嘆いておられると思います。
真剣にこのことを考えないと、ライオンの大きな足で踏みつぶされてお終いです。
安倍さん、トランプとゴルフをやってる場合ですか?
松山君を代理でいかせたらいかがですか?

朝日が昇らない夜は無い

皆さんおはようございます。

私は最近、朝の5時位によく目が覚めることがあります。
ベッドでもう少し眠ろうとしますが、
逆に頭が冴えて次から次へと昨日の反省やら今後の見通しなど、
普段、昼間に考えるよりもシャープな答えが出てきます。
不思議ですね。

それでひと段落した後は、
何もせずベッドに寝ているだけではもったいない気がして、
リビングに移動し、直ぐにテレビのリモコンをオンにします。
まだ窓の外は真っ暗。
けれど、テレビ画面には、
モーニングショーの局アナが3人ほど並んで、こちらに笑顔を向けてくれます。
最近は何処のキー局も可愛い子が多いので和みます。

そうこうしているうちに時刻は6時半を過ぎ、ようやく外は白み始めます。
お天気の良い日は朝日が昇ってくる。
そのだいだい色をした太陽が東の空から上ってくるのを見ると
ああ、俺は今日もこれから一日を過ごせるのか、、、
と感傷にふけった気分になります。
これが早起きの一つの徳。

テレビのニュースも速報性があって良いのですが、
私は新聞派。
サンダルを突っ掛けてマンションの下に降りていき
朝刊を取ってきます。
それをくまなく読むことが私の日課です。

皆さんもよくご存じのように、私の職業は「高い外車」を売る事。
「高い」とは相対的な物で、
別にヤナセの新車の様な「定価」があるわけではありません。
ということは、「相場」というものがあり、それは日々変動していくというもの。
何が一番大きなファクターか?
当然景気です。
それも私が扱う「ビンテージカー」は完全にグローバルなものですので、
世界の先進国の中でも特に「アメリカ」の景気動向に左右されます。
簡単に言えばアメリカ国内で多数開催されるオークションが
その一つの指標になります。

ひと昔前は、個人同士の取引が主流でしたが
其処での取引金額は、表には出ないのが普通でした。
次に現れたのは「フェラーリマーケットレター」という
毎月発行されるフェラーリに特化した個人売買を手伝う雑誌です。
其処には売り手の車種の明細と、希望金額が書かれており
最後のページには6か月前、一年前のそれぞれの平均相場価格が書いてあり
値段の変動が一目瞭然でした。
30年前くらいの話です。(1985年頃)
基本、アメリカ国内の雑誌だったのと、本屋では売ってないものでしたので
日本でそれを見ているのはごくわずかな人間しかおりませんでした。
勿論、私は通販で取り寄せておりましたが。
まだパソコンが普及する前です。
なので現地で行われるオークションの結果も其処にいなければ分からない
そんなアナログな時代です。

そして時代は移り変わり、誰でもパソコンを持ち
今や携帯も小さなパソコン代わりになる時代です。
そしてごく一般の人が、「このあいだのRMオークションはひどかったね、、、」
とあたかもその場にいたかのような言葉を吐きます。
けれども私は、こうはっきりと申し上げます。
「車の相場は、実際売り買いしている者にしか分からないですよ」
ましてや、その基準となるオークションに
貴方は一度でも行って見たことがあるのですか?

いつも言うように、私は1985年頃からアメリカに通い始め、
年間5回は、主要なオークションに全て顔を出し、
ただ見るだけでなく、売ったり買ったりもしてきました。
つまり筋金入りの「プロフェッショナル」なわけです。
ひところに比べて専門家のアマチュア化、
あるいはアマチュアの専門家かぶれが指摘されます。
それだけ職業の「壁」が薄くなった証拠だと思います。
医者のような国家試験を必要とする職業は別ですが。

車の販売は一応登録が必要ですが、有名無実です。
つまり誰でもできます。
私はそんな時代にあっても自分のキャリアを信じ、
自分の眼で見たものだけを信用する、その姿勢を貫こうと思います。
職業に於いても何が本物か、自分は本当のプロと言えるのか?
それを自問することが大事です。

この道43年の車屋のプロより。

国家とは何だ?

皆さん おはようございます。

ここのところ、
むかつくニュースばかりで楽しい話題がありません。
しいて言えば、稀勢の里の横綱昇進くらいか。

特に腹立たしいのが、
韓国の日本に対するこれでもかというくらいのバッシング。
もう新聞や、テレビのニュース報道で
皆さんも見飽きた、聞き飽きたと思いますが。
何故これほどまで韓国がムキになるのか?

つまりは自国のあまりに情けない現状に腹が立ち、
それを日本批判をしてうっぷんを晴らそう
韓国政府も内憂外患で行き詰ってどうしようもない状態を
その批判の矛先、
昔からの伝統である被害者は私達、悪いのは日本という国
これでかわそうと、むしろ韓国国民をあおるかのような姿勢です。

我が日本国は第2次大戦で数多くの犠牲者を出しながら
戦いに負けて、連合国の言いなりになった。
北海道を当時のソビエトに取られなくてまだ救いがあったかもしれません。
しかし、政治家も、国民も「日本人」という矜持を失ったことは事実でしょう。
つまりはアメリカの言いなり。
沖縄をはじめ、国土の何ヶ所をも米軍基地として差し出し、
その運営費用も日本側が大半を賄う。
いつから日本はアメリカの属国になったのか?
総理大臣が靖国神社に参拝することまで自重するのは何故?
本当にアホらしい話です。
それを誰も公けに批判し、行動に移さない。

私は日本に根付いてちゃんと生計を立てている
在日韓国人の方々には何も文句はありません。
理由は、韓国の大多数の庶民の人たちは
歴史を自分たちの都合の良いように操る
韓国の政治家たちに洗脳されてきたからです。
自分達は常に被害者であった。
そういう意味では北朝鮮のほうがまだまし、
彼らははっきりと、日本を米帝と並んで日帝と呼んで敵対視しています。
それだけ根性が座っているという事。

かたや日本の政府はどうですか?
菅官房長官が「遺憾です」
たったこれだけで終わり。
あるいは何故敏感な世代の日本の若者、学生達が
韓国大使館に抗議のデモに行かないのか?
それだけ今の日本人は「腑抜け」という事です。

とりあえず今の世界情勢、その中での日本の立ち位置
これを真剣に考えるべき時期に来ているのは確かです。
トランプ現象を他人事と考えている暇はもうないと思います。
新聞を一面から精査する、
これを怠ってはなりません。

離婚訴訟

皆さんおはようございます。

昨年から都内の弁護士から協力要請があって、
まあ、私がお手伝いできる範囲でしたら協力しましょう、
という話になった。

ところがその内容というのが、夫婦間の離婚協議における財産分与。
何故、私に白羽の矢が立ったのかというと、
その旦那のほうがミウラを持っているから。
と言っても本人曰く、
レストアを前提にバラされた状態の安い価格だったそう。
それを私に相談してきた弁護士の依頼者側の元奥さんは
今や世界的に価値が高騰している車だそうだから、
それなりの評価をして財産分与の対象にしてくれと。
つまり昔は安かったけれど、今は高くなっていることを私に証言してくれと。
言っておくが、向こうから手数料を払いますとか、
こちらからそれをよこせとか、それは全く無い。
あくまで、その弁護士は(女性)車には全く無知だから、
事実関係くらいは教えてやろう
そういう気持ちだった。

ところが私の喋った内容を裁判の調書として出すと
早速向こうの弁護士から反論してきた。
やれ、鞍氏の言い分は間違っている、こちらの旦那は昨年(初めて)
アメリカのコンクールイタリアーナに行きました。
だからこちらの言い分が正しいとか。
すみませんが、私は過去28年間、つまり28回も連続で俗にいうモントレィウイークに
参加している日本人で唯一の男ですけど、、、、
つまりその旦那の28倍の経験がある訳ですが、
それが間違いとはどういう意味ですか?
と言いかけたが、阿保らしいので止めた。

理由は?
その奥さんもそうだし、旦那は請求されたから反論するだろうけど、
一言で言えば、「醜い(みにくい)」
元はお互い好きだから結婚までしたんじゃないの?
それをどういう原因かは知らないが、別れたい、
ついては貴方の持っている財産を分けてちょうだい。
これは世間によくある話。
ブラッドピットもそう、ジョニーデップだって悩んでいるよね。
ならば波風立たない程度にお互いに話し合って
円満に解決すれば良いじゃない。

お互い、我をはって自分を正当化する、あるいは金に執着する
もう少し言えば、男が一人の女もうまくコントロール出来ないで
その他大勢の自分の周りの男女を納得、
服従させることができるのか?そういう話だ。

つまり男からすれば「器が小さい」
今太閤と言われた、田中角栄は何人もの「妾」がいたそうな。
器量の違いと言ってしまえばそれまでだが、
それくらいの志(こころざし)をやるかやらないかは別にして
持ってもいいんじゃないの?
何か最近は新聞を読んでいても、
やれ利権がどうしたとか、(都議会議員選に向けて)
市長が公務時間中に賭けマージャンとか
天下りの便宜を図ったとか、
くだらない話が多すぎのように感じるのは私だけか?
つまり「モラルの欠如」
あるいは、さっきの弁護士に依頼してきた男女のように
お互い貶す(けなす)ことしかできない夫婦とか。

やはり日々反省
これが大事だろう。
もう今年もすでに1ヶ月が経とうとしている。
私もこの一年、
より充実した毎日を日々の反省と共に歩んでいきたいと思う。
人世日々の積み重ねだ。
これをもう一度自覚しよう。
プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク