オープンカー の勧め その2

 皆さんおはよございます。

時々思う事は、趣味の車もたくさんあるけど
一番大切なことは、走らせてどれだけ楽しいか、
運転していてどれだけ気分が良いか、
これに尽きると思います。
例えば プリウスを始めとする「ハイブリッドカー」
これを走らせて楽しいと思えまか?
免許取りたての初心者ならそれでも「部屋が走る」感覚で楽しいかもしれません。
けれど私とかのベテランでしかも「自動車」が大好きな人間なら
走らせて面白くもなんともないでしょう。
そもそも自動車は馬が曳いていた馬車の生まれ代わり。
動力を馬の代わりに内燃機というガソリンで働く「エンジン」を載せた。
幸いエンジンは馬が尻を叩けば加速するように
アクセルを踏めば大量のガソリンを吸い込んで、
マフラーからは爆発音の音を響かせながら加速した。

ではハイブリッドカーはどうだ?
何しろモーターで走らせるから特に「発進の時無音」だ。
皆さんも後ろから音もなくこの手の車がちかずいてきて
一瞬ヒヤッとしたことがあるだろう
つまりロボットに乗せられてるのと一緒。
私はロボットと対話する気は無いし、したいとも思わない。
対話したいのは人間のしかも「若いオネーチャン」だ
だからインジエクションよりもキャブレターと よりアナログ志向になるわけだ。

もう一つ大事なことがある
世界初の自動車が、ダイムラーベンツからお目見えした時
屋根が無い、オープンカーだったのは皆さんご存知だだよね。
最初はせいぜいキャンバスの「幌」
雨風に打たれるのが嫌な、ご婦人方のために鋼鉄製のキャビンを
つけるようになった。
それでもドライバーは昔の幌馬車のよに運転席は外のままだった。
なので自動車の原点はオープンカー
つまり狭い部屋に閉じ込められるより、
大空を眺めながらオープンで風を感じながら走る方が数倍楽しいと。

時は過ぎ、自動車が出来てから100年以上が経った現代
自動車は乗用車から姿を変え、バスやトラックなど生活に密着している。
乗用車も屋根があるのが当たり前、
オープンカーに乗る奴は「変人」 扱いだ。

そんな時代だからこそ私は屋根開きに拘る。
セカンドカーとして必ず1台は屋根開きを持っていたい、
これが私の自分の車に対する拘りだ。

ベンツ500SL  R230 2000年から~
この車は新世代のモデルと呼んでもよいだろう。
CIMG7727_20170720121831263.jpg
CIMG7721_20170720121830bd2.jpg
CIMG7719_20170720121828775.jpg
CIMG7718_201707201218278f3.jpg
私は結構気に入って2年くらい乗っていた。
やはりメタルトップがわずか10数秒で開閉するのが良い
葉山の ラマーレ ド 茶屋にて。 
ここは海辺のテラスからの眺めが良い。店の前にパーキングもある
CIMG7853_20170721100557321.jpg


乗り心地はよく、安定性もある。
5000ccもあるからトルクも充分だ。 SL350でも良い。
もし、初めてオープンを買うならこれを勧める。
値段も170万くらいからあるしね。
マツダのユーノスに乗るよりはるかに「ベンツ」というブランドを味わえる。
選ぶポイントは、
出来るだけ低走行
ヤナセ物
整備記録が確認できるもの
内装のレザーが、特に運転席のサイド部分がへたって無い物。
オートマのクラッチも寿命がある、7万キロを超えてたらオーバーホールする必要がある。
一度くらいは50万くらいの整備費用が必要だろう。
これは覚悟するべき。


続く。


オープンカーの勧め

皆さんこんにちは。

今どきのモロに暑い日に屋根開けて走る?
アホとちゃうか?
と思われるでしょう。
例えば東京の幹線道路、環状7号とか
そんなトラックもバンバン走る排気ガスが蔓延する通りを
屋根開けて走るのは、はっきり「アホ」 です。
物事には何でもTPOがある。
私がオープンカーを走らせて初めて最高だと思ったのは
昔よく行っていた「ハワイのオアフ島」
ホノルル空港が玄関口で税関を通って外へ出ると
南国特有のもわっとした生ぬるい風が身体を包みます。
アメリカの場合レンタカーのオフィスは出口のすぐそばに有るので
国際免許さえあれば簡単に借りれます。
その時はマスタングのオープンを選びました。
電動でキャンバスの屋根が開くタイプです。

ホノルル空港からホテルが集まっているワイキキまでは
フリーウエイを走って約30分。
日本よりも標識が大きく簡単に出ているので
初心者でも迷うことはありません。
目指すは「WAIKIKI」
勿論走り出す前に屋根を開け、ラジオを現地の音楽チャンネルに合わせて
ほぼストレートなフリーウエイをゆっくりと流します。
南国の生ぬるい風、 ビートの効いたミュージック
フリーウエイからは右にビーチが遠く見えてきます。
私はこの車の使い方
オープンカーの屋根を開けて風を感じながら、音楽をガンガン効かせてゆっくり走る
これが最高に気に入りましt。
まあ、場所がハワイだったから余計気分が良かったのでしょう。

ただ、WAIKIKI辺りで見かける新婚さんのカップルが
屋根開けて走ってるのを見てもなんかカッコ良くない
その理由は?
1、レンタカーだから自分に馴染んでいない、つまり借り物の雰囲気
2、車種がマスタングなんだけど、なんかカッコ悪い
3、日焼けもせず顔も腕も白くて、おまけにファッションもダサい
そんな理由。
だから地元のロコがオープンに乗るとエラク決まる。

私は車屋なので日本に戻るとさっそく買いました。
始めは ベンツの280SL
280SL-2_20170720110740db7.jpg


こいつには昔からどうしても乗ってみたかった。
デザインが大好きで。
ただし、ハードトップは3人がかりでメチャ重く、保管も面倒
キャンバストップは良いのだけど、開け閉めが面倒。
開閉どちらも10分はかかる。しかも結構ちから仕事レバーが固くて。
けれど我慢して3年間乗っていました。
オートマでしたが、3速の変速が出来が悪くて繋ぎのショックが大きく
ハンドリングもイマイチ。
高速で120キロも出すとエンジンがうなり、苦しい音を出す。
まあ、年式が1970年だから仕方ないかもしれません。

次に選んだのは 500SL
こいつはメタルトップで開閉も全部電動
デザインもまあまあ、加速もそこそこ良い、
結構気に入りました。

続く

電話の話し方 その2

みなさん
おはようございます。

昔私は社会人になりたての頃、電話の応対に苦労した時期がありました。
学生の頃は電話で喋るのは、友人か彼女のみ。
つまり目上の相手とか、全く知らない人との会話は殆ど経験がありませんでした。
ところが社会人になり、しかも営業を目指すなら電話の応対は不可欠です。
その喋り方、好感度を与える声の質、言葉の正しさ、
謙譲語の使い方 などがとても大事ななります。

当たり前ですが、電話では相手は見えません。
以前会ったとか、知り合いからの電話ならイメージが出来ますが
それは直に会った時の記憶が残っているから。
どんな顔で、どんな喋り方をしていたとか、
ところが飛び込みの問い合わせなどの電話では全く相手の予備知識が在りません。
初めて営業の仕事、電話での応対を学んだ時からもう43年。
私は本当に沢山の方と、電話で会話してきました。
そこで学んだことをお伝えしようと思います。

1、着信で相手が誰と分かっていても必ず自分の名前を名乗る。
少し前までは携帯など無かった。
なのでベルが鳴っても誰からの電話かは分からない。
なので、向こうが名乗る前に自分からの情報を相手に与える、
そうすることで相手が正しい発信をしたと安心感を得る
これが礼儀。

2、知らない人からの電話では、まず「お電話頂き有難うございます」と述べる
その意味は、まず相手を優位な位置につかせる
つまり「へりくだり」だ。

3、次は「本日はどのようなご用件でしょうか」 と相手に話をするきっかけを与える。

4、最初の数分は相手が、口下手でも要領を得ない言葉でもじっと我慢をして
聞き入る
けして話の腰を折らない

5、相手の言葉の使い方、話すスピード、声のトーンなどで
相手のイメージを作る
部下を数十人数百人持つ社長と、下町の商店の八百屋のおじさんとでは
おのずと喋り方が違ってくる。
つまり人の声とはその人の人格を表わすし、性格も表わす
一番大事なのは、その時の相手の感情、気分が出る事だ。
それはこちらも同じこと。
怒って電話をしたら、無意識に声が大きくなり、喋り方が早くなる
だから常に冷静に。
そして喋る言葉は発音を丁寧に、しかも対面の時よりもスピードを落とし
ゆっくりと喋る事で相手に安心感を与える。

6、よく自分なりの個性と言う風にクセのある喋り方をする人がいるが
それは対面の時だけ。
電話は基本相手と会えないから要件を伝える手段
なので、自分からかけるときは
挨拶、主題、応答、確認、お礼
と言う風に、出来るだけ簡潔に話す。
けして用もない、たわいもない話をしない、これを心がける

7、電話はどうしてもワンサイドになりがち
対面なら一息つくとか、言葉が途切れても間がもつが
電話ではもしお互いが無言であったら気まずい雰囲気になる。
ラジオでアナウンサーが黙ってしまうのと同じ。
なのでどうしても言葉を繋ぎたくなる、
するとこちらの言い分を相手に押し付ける形になりがち、
それを防ぐのは、上手く相手に質問の言葉を投げる
まず自分の意見を話し、次に相手の意見を問う
このピンポンのラリーがうまくかみ合えば内容の濃い話が出来る
これを「対話」と言う。

8、電話の時間は3分以内
よく意味も無いことを一方的に喋る人がいるが
殆ど、自分の意見を言いたがるか、自慢話
それを聴く側はえらい迷惑。
電話は相手の都合を無視してかかってくるから。
なのでまず最初は「今お話し出来ますか?」 と聞く事。

9、人に好感の持たれる話し方をしよう。
今まで述べたように、相手が見えない電話での会話は難しい。
だからこそ、相手に好印象を持たれるような喋りかた、
それを身に着けることで社会人としての評価がかなりアップする
今日からでも早速実践してみませんか?
意識を持った会話を。

電話の話し方。

皆さん おはようございます。

今日は話し方講座の第2弾 電話編です。
携帯電話の普及で、今はいつでも何処でも相手と連絡が取れる時代
言わば、自分が歩いていても、トイレでウンこをしていても
相手と会話ができる。
昔の固定電話の時代と比べたら雲泥の差です。
1980年代の初め、初めてNTTが 「自動車専用の電話」を開発しました
この時は対象は
会社の役員用の車
政府関係者の専用車
などが対象で、一般のオーナーには不向きでした。
理由は値段の高さ
一台ずつ専用に配線し、取り付けるので工事費もかかり
全部で30万くらいだった記憶があります。
その象徴である、トランクに付くポールアンテナが当時はステイタスで、
ダミーのアンテナが売られたほどでした。
その頃から仲の良かった三浦商事の三浦さんが
鞍さん、これをどの車にでも使えるように出来ないかな?
と聞いてきました。
何故なら我々車屋は足はともかく常に複数台の車を走らせます。
なので、どの車でも使える自動車電話が欲しいと。
今ならそんな時代もあったのかと、笑い話ですよね。

そこで私は一計を案じ、サンプルの車を用意して
それに通常通り電話を取り付けて貰いました。
あとで剥がしやすいように作業の手順を見ながら。
終わった車を親しい工場に持ち込み、分解を始めました。
一番面倒だったのは、電話機本体はセンターコンソールに付いているので、
簡単に取れましたが、電話機の本体がトランクにあるため、
長いコードを後ろのシートを取り外して引き抜かなければならなかったところ、
電源もフロントのエンジンルームにあるバッテリーからなので、面倒でした。
ようやく全部外してみたら長いコードの山。
私は手で持てるアタッシュケースに全部を入れるつもりでしたので
コードを短く切断することが必要でした。
電源はバイク用の小型のバッテリーです。 横にしても大丈夫なドライバッテリーを探しました
アンテナは電波無線に使う細いものを流用しました。
それだけ苦労したので、最初に電話がつながった時はとても喜びました。
それを見た他の車屋からも頼まれて、4個くらい作った記憶があります。

そんなことをしているうちにNTTはようやく持ち運びが出来る
最初の機種を発表しました。
1985年の9月です。
主に工事現場で使われることを前提にしたような
弁当箱サイズのものです。  
名前はショルダーホン  重さがかなり重かったので歩きながらでは
肩にぶら下げると。
ここからですね、いわゆる「携帯電話」の始まりは。
hand phone-1
勿論新しもの好きの私は、直ぐに購入しました。
その頃は携帯電話など誰も持っていない時代です。
私が新幹線の食堂車でテーブルに座り、窓際にこれを置いて通話していると、
皆が珍しい目で見ました。
勿論私は得意満面、
誰もが持っていない物を持つことが自慢になるのは何時の世も変わりません。
織田信長の時代では茶の湯の茶器、つまり茶碗が
名人の作になると、一つが小さな城と同じくらいの価値があったと言われます。
だから誰もが持てない物を権力者は欲しがった、
車のコレクターと似ていますね。


続く

FM 東京

皆さんおはようございます。

昨日は「FM東京」の 午後1時からの生放送番組に
呼ばれて出演してきました。
パーソナリティは ロックバンド 「ラルク アン シエル」
のベース奏者 「テツ」さん   向かって右の人
FM tokyo

何故呼ばれたかと言うと、3年ほど前に彼のバンドの会報誌の特集で
彼が車好きで当社に来たいからと、
それでその時多数の車を紹介し、実際に乗せてもあげました。
その縁で呼ばれたわけです。
もう一人のアナウンサーとの3人で、
主にビンテージのスポーツカーの話を30分ほど行いました。
後で親しい友人に聞いてみると、
私の話し方、間の取り方などなかなか良かったと褒めてもらいました。
私は学生の頃から大勢の人を前にして話す機会が多く(学生運動をやっていたから)
社会人になってからも、仕事が営業なのでかなりな数の人と会話する機会に恵まれました。

なので自分なりに「会話のコツ」を会得しているつもりです。
これを今日は皆さんにお話ししますので 何らかの形で参考になれば幸いです。
まず初めは対面して話す場合
1、第一印象が大事
話も大事だが初対面では必ず満面の笑顔で挨拶すること
2、最初の言葉は、まず自分がへりくだり、相手にお会いできたことに
感謝の気持ちを伝える事
3、始めのトークは相手に喋らせること
相手がスタートしないときは、こちらから誘導する
それはたわいの無いもので良い
「今日はどちらからお越しいただいたのですか?」 等
とにかく相手に喋らせて、相手に主導権を与える
野球で言えば先攻、後攻の先攻の部分を相手に与える
そうすることで相手は自分の話を聞いてくれるのだな、と安心感を持つ
4、話には流れを作る
自分が相手とどんなことを話し、どう結論まで持っていきたいのか
あらかじめシュミレーションをしておくことが大事だ。
なので本題と関係ない話は極力避ける
それをやると必ず話の焦点がぶれる
5、一旦はこちらからクロージングのかたちに持っていく
つまりこちらの要望を相手に伝える
それもタイミングを見ながら、できるだけ早い方が良い
6、もし相手がそれを嫌うか曖昧な態度に出たらけして深い追いはしないこと。
これをやると相手はコントロールされていると不快な感情を持つ
7、いずれにせよ初対面の話の限界は20分、長くても30分
その間は笑みを絶やさず、丁寧な言葉使いを心がける。

今の話は営業の会話の基本ですが、一般の方同士でも共通する部分はあるでしょう。
よく俺は口下手だからと言われる方がおりますが、
一番大事なのは「誠意」です。
数多くの単語を並べなくても、自分の気持ちを相手に伝えるんだと
つたなくても良いので、その意思を相手に感じさせることが大事です。

ペテン師はとにかくよくしゃべります
何故か? 自分の言葉に誠意が無いことが分かっているから
言葉の数で相手を騙そうと思うからです。

次回は相手の顔が見えない、電話の話し方について
お話しします。  
ラジオも同じことが言えました。
プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク