2012 コンクールイタリアーナ

みなさん おはようございます。

今月は何処にいっても、子供ずれの家族でいっぱいで、
それを見ていると子育ては本当に大変だなと思います。
私も過去にそういうことをした覚えがありますが、
つらかったような記憶はありません。
不真面目な父親だったからでしょうか?

さて、今日はモントレイのコンクールイタリアーナのお話です。
長年続ける努力には頭が下がりますが、
昔と比べると内容に進歩がみられません。
つまり、周りから飽きられてきているということです。
これは日本のイベントでも同じで、私が20年以上も毎回参加している
ノスタルジックカーショーにしても、
主催者には毎年前回を超える内容が本来求められるはずです。
でないと、お金を払う以上、入場者は厳しい評価を下すわけです。

このコンクールイタリアーナも同じで、しかも毎年値上げする入場料
それも30$や40$(一人)程度ならまだしも
今年に至っては 175$もの金額です。

アメリカ人はいつの間に、そんな贅沢な遊び(ただ入って車を見るだけ)
を普通に感じるようになったの?
と私は疑問に思います。

昨年はほんの数えるしか無かったビンテージ系の車両も
今回は批判が多かったのか、少し増えました。
昔は8割以上がビンテージだったのです。

特に今回はディノが10台ほど出ていて私を喜ばせました。

CIMG6697.jpg

CIMG6698.jpg

CIMG6699.jpg

CIMG6701.jpg

CIMG6705.jpg

CIMG6706.jpg

この人たちがコンクールのジャッジです。
CIMG6708.jpg

当社が持っているのと同じ 365GT2+2 色も同じです。
かなり手を入れていたので、オーナーと話をしました。

CIMG6710.jpg

P1020552 (2)

この車もジャッジの審査を受けています。

P1020559 (2)

シンボリックモーターの社長 パトリックさんと会い、話をしました。
後ろに見えているミウラは 私が10数年前に売った車です。(その時は日本人に)

P1020692 (2)

この車のヒストリーを説明する私。

P1020729 (2)

実は彼とは20年以上前からの知り合いです。

P1020740 (2)

CIMG6717.jpg

CIMG6719.jpg

CIMG6728.jpg

CIMG6737.jpg

CIMG6748.jpg

CIMG6749.jpg

CIMG6753.jpg

CIMG6766.jpg

写真はもっとたくさん撮っていますが、紙面の関係で全部は載せられません。
次はラグナセカです。








プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク