328GTBは名車か。

皆さんおはようございます。

早くも11月の声を聴くようになりました。
今年もあとわずか2か月です。
今、日本全体に閉塞感が漂っていますが、これに負けてはいけません。
その一番の対応が、動くことです。
まず自分自身の体を動かす。つまり何らかの体操、スポーツをする。
次は、仕事の分野で動く。つまり自分から攻めて行動範囲を広げる。
そうするうちに必ず、何らかの反応があると思います。
当社で言えば、毎度行っている試乗会、展示会のようなものです。

今日はその一つ、前回行った328GTBの試乗会に参加して頂いた方からの
お礼のメールを紹介したいと思います。
当社が328に拘るのは、一言で言って良い車だからです。
車体の大きさ、エンジンのピックアップ、デザインの良さ、
最後に価格の安定。
つまり大事に乗れば、価値も下がらないという意味です。
但し、コンーズ仕様は排ガス規制の関係でエンジンがなまっています。
純粋なヨーロッパ仕様との差はかなりあります。
この点は注意してください。

308はどうですかとよく質問されますが、
個体としてくたびれているものが多い。これが欠点です。
確かにお金をかければよいかもしれませんが、
308に何百万もかけるのは今の時点ではナンセンスです。
仮に308のファイバーボディの車があったとして、
1000万以上で買う人はまずいないでしょう。

そして一番大事なのがスポーツカーであることの証しの性能の部分。
これは308のキャブレターであればそこそこのパフォーマンスは出ます。
ですがV型8気筒のエンジンはモダーンのようですが
いまいち洗練されているとは言えず、
かといってディノ246のような完璧なアナログエンジンでも無い
つまり中途半端なのです。

比べて328はどうか?
この車はずばり308からの流れを組む、最終完結の車として
非常に完成度が高い、良い車です。
車体の剛性に至ってはオープントップの328GTSでさえ、308のクーペを
凌ぐほどのものを持っています。
実際、私の友人のクライスジークの東本さんは328GTSをベースに
レースカーを作り、355を凌ぐほどのタイムを出しています。
普通はあり得ない事です。

そういう328の良さを味わって頂きたいと当社は試乗会を
催すわけです。
今からでも遅くはありません、思い立ったらすぐに腰を上げる。
これを実行してください。
私は、’そうのうちに’ という言葉が嫌いです。

では頂いたメールを紹介しましょう。

御礼の連絡が遅くなり申し訳ありません。
先週の328GTBの試乗会に参加させていただいた者です。
あの日は朝からフェラーリを運転できると胸が高鳴っておりました。
いざ、キャステルさんの前まで行くとスペック以上に低く見える328が停車していて正直「かっこいいなぁ」と思いました。
いま思えば、店の前にはミウラがフロントカウルを開けた状態で止まっていたし、
店内にはカウンタックやディノがあったのに、頭の中は328でいっぱいで、
328以外の車の話ができなかったことが残念です。
大黒PAまでの鞍社長の運転は素晴らしいのもでした。アクセルを踏み込んだときの気持ちのいい加速、
ブレーキの効き具合、低い位置から見える車窓の風景。
大黒までのドライブはフェラーリの扱い方を吸収しようと鞍社長の動きに集中していました。
大黒から自分が運転することになり、左手前の1速へシフトしアクセルを踏んだあの瞬間、
初めてフェラーリを運転した感激は、思い出すだけでも興奮します。
328を運転していること自体に興奮してしまい、
328について聞きたかったことの10分の1も聞くことができませんでしたが、
貴重な体験をさせていただきました。
本当はディノが一番好きなのですが、まずは入門用に328は最適だという鞍社長のお言葉もあり、
また実際に見て乗って328の素晴らしさを知ってしまった今、
必ず328を手に入れたいという思いでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

328GTB 2012 jul-1
328GTB 2012 jul-2
328GTB 2012 jul-3
328GTB 2012 jul-4

プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク