世の中上を見たらきりがない。

皆さん、おはようございます。
横浜も桜が満開で、山手の公園ではもう花びらが散って
桜吹雪の様子をみせています。
その1年に一度の儚さが、桜の木の国民的な人気なのでしょう。

さて、当社のお客様、約100名ほどいらっしゃいますが
その中でも私と古くからお付き合いを頂いている方も何人かいます。
仮にKさんと言いましょう。
この方は昔はポルシェ党でしたが、最近10年以上はフェラーリ一筋。
キャステルから ディノを4台、ディトナ、365BB 
その他にもF40,F50,エンツオ 最近は250GTルッソなどを
所有しておられます。
その彼がいよいよ最新モデル、La Ferrari (ラ フェラーリ)
を買うと言う事を聞きました。
この車は今のところ、コーンズなどで8台の割り振りが日本に対してあるそうです。
予定生産台数499台、意外と日本への数が少ない気がしますが
おそらく最終的には1割程度は来るでしょう。

問題はその金額、ユーロ建てで決済するそうですが、最近のレートで
約 1億4千万、消費税など税金を入れると 1億5千万。
まさに世界でも最高級の車、スポーツカーです。
私も常日頃、最近の新車が高くなりすぎとか批判しますが
今回に限っては身内贔屓もありますが、
素直に、よく買いましたね と称賛の気持ちを送ります。

理由は当たり前の話ですが、その金額、
1億5千万と言えば、下手したら中小のサラリーマンの生涯所得よりも多いでしょう。
それを1台の車に支払う、その勇気?に 賛同します。

世の中、お金は持ち回り、あるいは流れていくとよく言いますが
裕福な人にはより多くの流れがあり、貧乏な人には雀の涙も流れてこない
これが世の常と、いまさらながら実感します。

その方のガレージに車が納車されたら、ぜひドライバーズシートに座らせて
貰いたいとお願いしておきます。
la ferrari-1

ちなみにこの車はF1の回生システムを使って900馬力以上を出すそうです。
プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク