人の心、あるいは人の気持ち

皆さん おはようございます。

都議選で自民党が圧勝し、民主、維新の会は惨敗。
これはもう投票前から予想が着いたこと。
主な理由は安倍さんの上手な世論操作。
おまけに対抗するはずの、民主も表立つ顔が無く、維新の会に至っては
橋本氏の勇み足発言が相次ぎ、地元の大阪からも反発される始末。

これでは自民が圧勝するのも当然と言うわけだ。
もうすぐ参院選があるが、この流れが変わることは無いだろう。
責任を取って橋本氏が代表を辞任するのも目に見えている。

ここで学ぶべきことは、民意つまり人の心は大勢に流れやすいということ。
今はマスコミや、インターネットの情報伝達の速度が昔と比べて飛躍的に速いから尚更だ。
そんな情報社会に生きている我々が注意しなければならない事、
それは社会に対する依存症だ。

テレビ、新聞、あるいは週刊誌、
それらがある意図をもって報道規制すれば、それらを信じている人たちは鵜呑みにしてしまう。
理由は自分自身で考えようとはしないから。
テレビ、新聞に書いていることが100%正しい事と信じてしまう。

例えば、例の尖閣諸島の問題、
ほぼ、毎日中国は海洋監視船なるものを派遣して、島の周りをうろついている。
目的は其処が自国の領土だと諸外国に宣伝するため。

ところが日本の対応は政府を含め後手後手だ。
まるで眠る虎を起こしたくないかのように、びくびくした態度に終始している。

それを報道する新聞なども毎日の恒例行事のように、今日もまた中国の艦船に注意をしました。
これでは世論も盛り上がる訳が無い。

これらの裏側には政治家達の事なかれ主義、
身を粉にして国のために働く?
それこそ自分の職務に矜持を持つ政治家がいないからでしょう。

昔、私がまだ学生の頃(1970年代)
当時は何かと言うと、一般の政治参加が目に見える形で行われておりました。
例えば、デモや集会に参加するとか、もっと身近な事で言えば友達同士で議論するとか。

それは特に学生ではあたり前の事でした。
理由は学生はまだ社会人ではなく、その準備段階なのだから、
社会について、より多くの事を知り、また自分の考え方を学んでおく必要があると、
それが当たり前と考えられていたからです。

それに逆らって議論の中に入らない連中は、ノンポリ(ノンポリシー)と言って
下げすまれたものでした。

ところが今は?
大学生に政治、社会について議論、討論する風潮がありますか?
もし何処かにあるのなら謝ります。

その卒業生である社会人、彼等にもその習慣は無いでしょう。
少なくても20代、30代くらいまでは。それが40代もそうならこの日本は深刻な状態です。

其処かの知識人が 日本人は矜持を失ったと言っておりました。
矜持 て何? なんて読みかた? 
今の高校生でこの言葉の意味を理解する子は何パーセントでしょうか?

矜持とはもっと簡単に言えば、ほこりの事です。
日本人である事への誇り。
日本と言う国に対する誇り。
これらが最近非常に薄れているという事です。

しかもその大事な部分をマスコミは 大半がわざと意識を薄めているように思います。
韓国のように昔の事を持ち出して、曲がった愛国心を導き出し
日本に対して、反発する。
我々日本人はそんな愚かではないと思います、

しかし、現在の大多数の日本人が愛国心とまではいかなくとも
国を真剣に思う気持ち、この国の将来を考える気持ち
これらを忘れかけているのも事実です。

もう一度、マスコミには依存せず自分自身の考えでこの国の正しい在り方、
正しい方向性を考えるのが大事と思います。

そういう事も踏まえ、参院選は我々大衆の唯一国政に参加できる機会です。
是非、私も真剣に候補者を選んでみたいと思います。

社長 鞍 和彦






プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク