女は尻で勝負する。男は何処で勝負だ?

みなさん おはようございます。

なかなか梅雨が明けませんね。明るい太陽が見えないと気持ちも暗くなります。
私も仕事でよくヨーロッパに行きますが、イギリス、ドイツは曇りの日が多いです。

イタリアはかなり違い 明るい太陽が燦々と照りそそぐというイメージです。
北からくる雨雲をスイスのアルプスが遮るからだそうです。
冬場、日本海は大雪がふるのに、関東は山に遮られて晴天が続くのに似てますね。

だからイタリア人は明るい? ノー天気な人が多い?
これも事実だと思います。

それに加え、イタリア人の特質を決める ラテン系の人種、気質
ドイツのゲルマン民族、イギリスのブリタニアンの気質、それぞれが異なります。
だから顔つきも違うし、性質、性格も異なると言うわけです。

話は飛びますが、私が、かの国々を旅していて、一番惹かれるのがイタリア女です。
それも10代のおねーちゃん。

ドイツの女に比べると小柄で顔も小さい。
この、顔が小顔というのがポイントです。

よくスタイルの事で8頭身と言いますが、まず基本の条件が小顔なことです。
イタリアに比べると、ドイツのおねーちゃんは体格もがっしりしているし、
顔の骨格も繊細な感じが無い、よってあまり可愛く見えない
というと、ドイツの女性に怒られますが、事実です。

なんでこんな話になるかと言うと、車のデザインにもそれが影響していると思うからです。
イタリアの名門、フェラーリ

今でこそボディデザインは コンピューターを使った科学的?なものになっていますが
僅か40年程以前は一握りの天才肌のデザイナーの作品でした。

ピニンファリーナの、ディノ 308などを手掛けたフィオラバンティとか、
ランボルでは ガンディーニとか、ジウジアーロとか。

すなわち人が自分の頭でイメージしたものをキャンバスに描く、絵画に似たものです。

絵画と言えば?
イタリアの巨匠、レオナルド ダビンチ
一番有名なのは? そう モナリザですよね。

すなわち美人な?女性を描いている。
その他の有名な画家もほぼ100% 女性を描く。
その理由は? 男にとって女は永遠の美の象徴だからです。

ということは? 当然車のデザインにもその国の女性が反映、影響する、
これは至極当然だと思います。

私の愛する? ディノのボディを見て下さい。
これが女らしいと言って、異議がありますか?

dino honnmoku 081
dino honnmoku 053

フロントのフェンダーの、左右二つの膨らみは おっぱいそのもの。
真後ろから見たディノは 中年のでかいケツになったおばはん そのもの。
全てのラインに女が感じ取れます。

フィオラバンティに聞いてみたいですが、多分彼も無意識に
自国の愛らしい女性を感じていたに違いないと思います。

ここで私は告白します。

私は無類の女好きです。

車か女かどちらか選べと言われれば、黙って女を選びます。
理由は女は男にとって、永遠の(死ぬまで)憧れであるからです。
例えば、「吉永さゆりさん」を見てください。

あの美しい歳の取り方、まだ10代の若さでスクリーンを圧倒した美しさ
その生身の女性が毎年、年をとり自分の定められた運命を全うしようとする
これに勝る美はありません。

ただ誤解のないように言っておきますが、全てのおばちゃんがそうではありません。
大阪の自転車に乗りながらケータイで話しているおばちゃん、
其処に美はありません。

何故なら自ら美を放棄しているからです。
美は意識することから始まり、それを保つ努力があって初めて近づきます。

話は戻ります。

フィオラバンティも、心のどこかでその移りゆく一瞬の美を、何とかデザインで
現わしたい、残していきたい、そう考えていたのではないでしょうか。
だから、ディノは永遠に男を魅了する そういう事です。

私が昔からポルシェは嫌いと感じていたのも、今考えると
ポルシェのデザインには 美を感じないからだと判ります。

そこには”機能美”しか見えません。 私には。
でもなんでポルシェは日本で人気があるのか?
ドイツと同じで日本の女が可愛くないからです。

例えばトヨタのデザイナー
彼らが美しい日本の女性を意識して、車を作ろうとしていると思えますか?
答えはNO です。

でなければ最近の本当にどうしょうもない プレデターに出てくる異星人のような
異質な髭みたいなフロントデザインを描かないでしょう。(プリウス、クラウンなど)

我が国 日本は美しい景色がいっぱいあります。
それに負けないくらいの 美しい(本質的な)女性が出てくることを祈ります。

これ以上書くと批判を浴びそうなのでやめときます。

社長 鞍
プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク