男は40歳も過ぎたら見栄をはれ。

皆さんおはようございます。

前回は足車の話でしたが、それに象徴されるように
男は年齢を重ねれば、それ相応の見た目が重要になるのは
私が毎回言う通りです。

例えば20代のサラリーマンの男と、仮に貴方が45歳だとして一緒に並んだら
その年齢の差は約20歳。
もし、全然、赤の他人がその2人を見て
仮に20代の男のほうが高い仕立てのスーツを着ていたら
貴方は何で自分をアピールしますか?

その男よりも20年間も長く生きてきたキャリアがにじみ出た手前の顔?
勿論それで勝負ができれば言うことはありません。
例えれば銭湯に裸で入れば、己の肉体とその顔しか
アピールできないのと同じこと。

だからヤクザは刺青をいれて他人との差別化を図ろうとします。
つまり裸でも勝負が出来るように。

でもこれを読んでいる貴方は素人でしょう。
だったら、裸の自分に自信がありますか?
身体も、顔も。

人間、40年間も生きてくると、何かしらくたびれる物。
身体もぜい肉が着き、顔にはシワが寄り、頭の毛は薄くなる
それを気力だけでカバーするのは並大抵ではありません。

そこで活躍するのが身の回りの品々。
仕立ての良いスーツであり、足元を決める靴であるわけです。
勿論その大前提で清潔感があることは言うまでもありません。

つまりまず、毎日風呂に入り、
今の季節なら朝起きたらシャワーに入る。
そのあとにメンソール系のスキンローションでも身体にぶっかければ
昼頃までは女性社員にも、まずまずの好感度でしょう。

勿論、40歳もすぎれば小物にも気を遣わなければなりません。
間違っても貴方はスウォッチなどを毎日愛用してはいませんよね?
それは20代以下の若者がするものです。
30代ならセイコーでもシチズンでもOK.。

でも男が40歳を過ぎたら 誰でもが認めるブランドの門を叩くべき。
その代表がロレックスです。
この時計はピンからキリまでありますが、
大体、30万も出せば、そこそこのものは手に入ります。

30万も たかが時計に勿体ない?
もしそう考える人がいるなら、その人はしょぼいサラリーマンのまま
人生を終えるでしょう。
理由は自分に投資をするという考えが無いからです。

言い方を変えれば自分に投資をするということは、自分を大事にするということ。
大事にするということは、上昇思考があるということ。
其処に繋がるからです。

私も客商売です。
まず、初対面の人に会った時
何処を見るか?

当然初めは顔つき
2番目は服装
3番目は小物、時計と靴です。
これでその人の生活習慣、生活のレベルなど 8割以上判ります。

私も含めて我々は常に、周りの人間に評価されています。
それを感じることがまず大前提です。
道で女子高校生にすれ違うときでも、貴方は必ず一瞬にして
点数をつけられています。

1、ダサい、おっさん。全く興味なし。
2、風体はヤクザっぽいから顔を合わせないようにしよう(私がこれ)
3、なんか金持ちそうで優しそうな雰囲気
4、人畜無害だけど、なんかお父さんみたい。

この4つの内の貴方はどれですか?
プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク