格差の時代が確実に到来している

皆さんおはようございます。

ここのところ日経平均が
20,000円を超えているのが当たり前のようになってきています。
今年の後半には25,000円を超えるのではないかとさえ言われています。

ならば庶民の暮らしはこの株高の恩恵をどのように受けるのか?
答えは殆ど関係なしでしょう。
理由は株で遊んでいる人は大勢いても、
それだけで収入を全て支えるようなプロは極少数だからです。
彼らもパチンコの常連と同じく儲かった話しかしませんが。

では何故株の相場が上がるのか?
全体のマーケットを支えているのが海外からの投資ファンドで
彼らが積極的に買いを仕掛けているからにほかなりません。
10年前は海外のマーケットと比べて割安感があった
だから金に余裕があるファンドの連中は先物買いで日本株に投資した
今のところその読みは的中しているかのようです。
けれども彼らは少しでも不安要因が出ると即座に手を引く
つまり今の株式相場は日本の実体経済を反映しているものでは無いと
言うことです。

その良い証拠が銀座を始めとする飲み屋の賑わい
私の地元、横浜でも関内のクラブを中心に閉店する店が増えています。
つまり無駄?なことに金を使う余裕はまだまだ無いということです。
これが地方都市に行けばもっとその傾向は顕著でしょう。
もう聞き飽きた感のあるシャッター通り
大手の資本が大規模なモールを作れば若いファミリー層を中心に
客の流れは殆ど吸収されます。
つまり政府はそれに代表されるように
大きい税金を納める大企業は優遇し
小さな税金も払えないような個人商店は見殺しにする
この構図です。

それならば我々庶民はどう考えるべきか。
答えは自分のことは自分で守るしかない
政府であろうが地方自治体であろうが当てにできるわけが無い
この一言です。
確かに市役所など公的機関は最低限の生活環境は整えてくれます。
けれどそれ以上の「人間としての」働く満足感や
生きていく中での楽しみ、生きがいなど与えてはくれません。
当たり前ですが彼らは行政府の執行機関であり
学校の先生では無いからです。

ただそうは言いながらも彼らは確実に自分らの都合の良いように
一般庶民をコントロールしようとします。
今、まさに行おうとしている国民総ナンバー制度もそうです。
何故それをしたいのか? 
行政府が「管理しやすい」からです。

おそらくその先には一昔前のSF映画にもありましたが
国民ひとりひとりの首にICチップが埋められ
その人間の生まれた場所から家族環境、学校の履歴、成績、婚姻の履歴
個人情報が全て番号でコントロールできるようになる
そんな時代が来てもおかしくありません。
既に犬屋で売っている、
少し高い犬にはICチップが身体に埋め込まれているのを
ご存知ですよね?
それの人間版です。

このように文明の進化と言えるのかは疑問ですが
人間個人一人一人の生き方に数々の制約がかかってくる方向に
我々が歩んでいるのは間違いないと自覚するべきです。

自分ひとりでは生きがいは見つけられない
そういう消極的な人に「数々の宗教団体」は声をかけます。
我々といれば、人生楽しいよ、、、
何故楽しいのか無神論者の私には判りません。
けれど最近よく目に付くまるで御殿か宮殿とみ間違えるような
宗教団体の施設を目にすると、この国は確実に病んできているな
と思います。
何故?そこの信者のお布施がそれも大量のじっちゃんばっちゃんの金が流れているから
そんな施設ができるのでしょう。
別にお布施が悪いとは思いません、
けれど自分自身にもっと有効な金の使い道は無いのか?
それを考えて後の行動なのか疑問に思います。

自分を守るのはその生活、思想も含めて自分自身でしかないと
それを深く自覚するべき、これが基本です。
「頑張れニッポン」などと念仏のように唱えているだけでは
けして地盤がユルユルになってきているこの日本は救えません。

自分の正しいと思う方向性を精査する
全てのものに、まずは批判の気持ちを持つ
これが我々に課せられた最低限の義務であると思います。
       
プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク