お金を稼ぐ意味

皆さんおはようございます。

私の仕事はお客様が希望する車を販売すること。
だから、いくら沢山の数の在庫が有ったとしても、
仮にどれもお客様が望む物でなければ、
単なる自己満足の在庫兼コレクションになってしまいます。

世の中には意外とそういう車屋が多いのも事実。
なのでどんな車を、つまり商品として仕入れるか?
これはどのような商売でも共通の課題です。

例えば従業員10人以上の車屋の場合、
毎月通常の経費が約1000万円はかかります。
なので、簡単に言って売れない車を抱えている余裕は無い。

例え利益が僅かでも在庫を仕入れて販売する、
このサイクルを止めるわけにはいきません。
逆から見ると、経費を繋ぐために商売をする、
これって本末転倒ではないでしょうか?

やはり商売をする意味
これはある程度の利益を出して、社長は勿論の事、
従業員にも豊かな生活を保障する、これが基本の概念です。
ところがここ数年、車屋に限らず利益を出すのが難しい会社、企業が増えている。
仕事柄、多数の税理士と話す機会がありますが、
従業員にサービス残業を強いるなど、
いわゆるブラック企業が増えていると言います。

話は変わりますが、
当社の在庫の値付けは、よく高いと言われます。
ディノで6500万 勿論新車以上のレストア代金込みですが。
それは何故?
真面目な答えは、社長鞍の40数年に及ぶ研究、経験、監修が入るから。
だから、よそよりも高いのは当たり前。

それを証明するため、アメリカ最大のフェラーリクラブ、「FCA」 
フェラーリクラブオブアメリカの コンクールに当社レストアのディノを出展し
14台中の3番目、シルバープライズを受賞しました。
日本国内の井戸端会議のようなコンクールとは訳が違います。
それが答えです。

CIMG3644_20170323120345813.jpg
CIMG3640_20170323120342219.jpg
CIMG3642_20170323120343f06.jpg



つまりキャステルで買えば、
世界トップレベルの車が手に入る
そういう事です。他では真似できません。

高い理由のもう一つの答えは、沢山儲けたいから。
どこの誰が「俺は利益は少なくてもいいんだ」と言いますか?
もしそんな男がいたら、そいつはよほどのバカか、
儲けることが出来ないことを言い訳しているにすぎません。

商売をやるからには
1、お客様が満足する商品を提供する
  それもお客様が80点を期待していたら、100点のものを
  100点のものを期待していたら完璧に100点のものを納める。

2、そのお客様の満足の上に自分達も充分な利益を頂く。
  これが基本です。

つまり私はお客様の為なら身を粉にして働くなど、
見え透いた嘘を言うつもりもないし、するつもりもありません。
お互いの満足があってお互いが良い関係で付き合える
これが基本です。
なので商売をして利益を出すのは当たり前の事。

ところが冒頭にも書きましたが、
日本経済は今や先進国の中でもかなり低い位置。
国債の発行残高をみても解るでしょう。
つまり借金国家。
その借金の相手が、
同じ日本国の国民相手だからまだましという話です。
これが諸外国だとかなり厳しい事になる。
経済が長く低迷している最大の理由は「奢り」だと私は思います。
先程の商売の話で言えば 「儲けることを忘れた」
あるいは「貪欲さが無くなった」
これに尽きると思います。

元々車屋という商売
昔から道楽者がやる職業などと色眼鏡で見られてきました。
事実そういう面も多々あった。
ところが私の知る限り、そんなスタイルの贅を凝らした
ショールームを持った車屋はことごとく潰れました。
それも多大な借金を残して。。
私が在籍していたシーサイドモーターもその草分けです。

なので私は、

1、どうすれば長く続くのか
2、お客様の満足を得る方法は
3、会社として利益を出す方法は?

これを自分の経験と照らし合わせやってきました。
その結果、
キャステルは1980年4月の創業以来、37年間続いています。

私が皆様にお願いすること。
それは周りの車屋と当社をよく比較してくれと。
一番良いのは社長である私がこの会社の顔なのですから
私に会いに来て直接話をしてくれと。
それをお願いする次第です。
今やデジタル全盛時代ですが、
人と人との付き合いである「直」にかなうものは有りません。
そこのところを「ヨロシク」

社長 鞍

プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク