人生相談その1

皆さんおはようございます。

私のところへも たまに車の相談以外でお越しになる方がいる。
その時は45歳も過ぎた男性だった。
それまで20年も真面目に?務めてきた会社からリストラにあい、
早い話が首になったと言う。
妻も子もいて郊外に買った家のローンも残っているという。
つまりよくあるケースだ。  
今後の事で鞍さんの意見を聞きたいんです、、、、
私の本音は「俺の知ったことか」   
だけどそれを言っては実もふたもない。
私の信条は「来る人は拒まず 去る人を追わず」
なのでまずは基本となる生活に必要な経費を聞いてみた。
ローンも含めると最低でも35万は必要という。
確かに都市部で住んで暮らしていればそれくらいは必要だろう。
なのでお父さんのおこずかいはギリギリ。
5年前は3.5万円だったものが、最近の平均は(サラリーマンの)2.5万円だと言う。
テレビを見ていて、その数字に私は驚いた。
先進国家のこの日本で国家を、家庭を支える一家の主のおこずかいが2.5万円?
それで何が出来るの?
居酒屋に数回行ったら終わりじゃない?

実は私の場合、1974年から6年間はサラリーマンであったが、
その後の37年間は自営業だった。
なので、お金に対する感覚がずれてしまっている、悪い意味で。
だからバブルの時も入ってきたお金は全部自分のモノと勘違いし
その年の年末までに全部使ってしまった。
貯金もせずにだ。
つまりアリとキリギリスの完全にキリギリス状態
来年もホイホイ金は入ってくるぜ、、、、
ところが現実は勿論「甘くない」
ピコ太郎が最近出なくなったのと同じように、
年が明けると儲け話はサッパリと来なくなった。
来たのは税金の請求ばかり。

ドツボに落ち込んだ私は車屋を続けていく気を無くし
細々とアルバイトをしながら下を向いて日々を送っていた。
税金?そんなもの払えるか!
第一、金も無いし、
その頃散々、税務署やら、区役所の区民税とかの担当と言い争いを
繰り返していた。
彼らの言い分は決まって、税金を払わなければ「財産を差し押さえしますよ」
財産?そんなものは何もないよ、好きなようにやれば、、、
これが私の毎回のセリフ。   

ここまで読んでその後27年間も(1990年から)良くやってこれたな
と皆さんは思うでしょう。
実際、数年前まで税金の延滞金が2000万円も残っていた。
延滞金がだよ。
幸い本税は何とか支払ったが、延滞金には延滞税が付かないことをいいことに
長年放置していた。
ところが税金を徴収するのが大好きな?税務署は何度も払えとうるさく言ってくる
そこで3年くらい前に渋々支払った。
貴方が税金を「払わなかったから」 延滞金を取られたんでしょう?
もっともな話だ。正論だ。
けれど当時は本当にお金が無かった。

では今は?
会社の自己在庫を6台も抱え、売値を足したら1億5千万だ。
趣味の時計もロレックスを3本、
私は相談に来たその男性に、
何でも良いから一つ商売を始めてみたら?
そう告げた。
勿論サラリーマンに比べたらリスクは当然ある。
けれどこずかいを10万以上稼ぐには「商売人」になるしかないよ
私はそう断言した。

貴方ならどうする?
もしサラリーマンで転職を考えていいる、このまま僅かなこずかいで暮らすのは
嫌だ、、等
そんあ悩みを抱えているのなら、私を訪ねていらっしゃい、
無責任だが、内容の有る回答を授けます。

天国と地獄をさまよった男
鞍 和彦
                                                  



                                                 
プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク