カウンタックは起死回生になったのか?

皆さんおはようございます。

LP400 2010-2
LP400 2010-3
LP400 2010-4
LP400 2010-5


車好きなら誰でも知っている、ランボルギーニ LP400 「Countach]
イタリアでの呼び名は クーンタッシュ と呼びます。
人が奇妙なものを見たときの驚いた声、そういう意味だそうです。
私がこの車を始めてみたのは、1975年の春ごろだったと思います。
10月にオープンした自社ビルには、メカニックも全国から募集があり
工場にはフロントマンも新規に入れました。
ちなみに私はオープン以来工場の片隅で部品の管理の仕事。
何度も下のショールームに行っては、当時の営業部長に嘆願して
ようやくこの春から営業見習いとして下に降りることを許されたのでした。

なので、ランボルギーニの最新型、勿論日本初上陸のこのLP400は
私も興味深々、写真では何回も見てはいましたが、
是非実物にお目にかかりたいと。
この頃は会社から10分程度の東神奈川と言う場所の海沿いの保税倉庫が
全ての車両の陸揚げ場所でした。
大概の車はコンテナーに入ってきて、ここで降ろすわけですが、
たまにマセラーティの場合、大きな木の枠組みに入ってきた時もありました。
その木枠をバラスのが大変な仕事、
おまけにマセラーティだけだったのですが、全ての新車には
かなり濃い、蝋燭のようなワックスを塗布してあり
洗剤で洗っても取れません。
仕方ないから、トヨタの輸出車を扱う専門店に持ち込み、
特殊な薬品でそれを毎回落としてもらいました。

比べてランボルギーニは何もなし、
舗装されていない草が生えている地べたにそいつはうずくまるように
身を潜めておりました。
ボディカラーは ブラックのメタリック 内装はタン
黒なので余計に低く、威圧感を醸しだしておりました。
悪く言えば「ゴキブリ」

同行したメカニックがバッテリーをつなぐと、
誰が最初にエンジンをかけるかという話になりました。
その時己晴さんも同行していましたが、
あまり興味が無いようで、フロントマンに「お前がやれ」
とキーを渡しました。
彼はレースカーのメカニックの経験もあったので、適任だと思ったのでしょう。
おもむろにドアーを開けるとシートに乗り込み、
イグニッションキーをひねり、電源をオンにしました。
カチカチカチと電磁ポンプがガソリンをキャブに送る音が聞こえました。
始めは素早くカチカチカチ、数秒後にはカッチ、カッチ、カッチと遅くなります。
キャブにガソリンが送られた証拠です。
フロントマンがセルを回すと暫くクランキングをしたと思うと、
ボウッ と言う音と共に始動しました。
意外と音は静かです。
後で分かりましたが、マフラーには二つのタイプがあり
タイプ1、 タイプ2と呼ばれていました。
タイプ1は 殆ど直管に近く、音も大きい、
タイプ2は かなり大きな弁当箱のようなサイレンサーが付き
消音効果は大でした。
この時はタイプ2が付いてきたのです。

暫くの暖気のあと、会社に向かい走り始めました。
その後を私は社用車のホンダのシビックで追いましたが
低く、まるで彫刻のようなそいつは現実の車とは思えないイメージでした。
会社に着いた後、洗車してショールームに入れようとしたのですが
玄関のガラスドアーを開けて、真っすぐ下がるとビルの柱があります。
なので、これを曲がりながら避けてバックしないとならないので
入れるのに、大変苦労したのを覚えています。
勿論手で押したので。
このショールームは車の搬入には不向きでした。
seasid-bill3.jpg


続く

プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク