本当の事は、目には見えない

皆さんおはようございます。
気温が上がり寒い日は過去になりました。
比例して人の心も暖かくなり、動きも活発になれば良いのですが
何故かここ数年、妙に落ち着いた感じの人しか目にしません。
共通するキーワードは、「自己防衛」
今問題になってる財務省の官僚しかり、
反省するどころか、開き直り。
これでは庶民の政治不信が解消するわけがありません。
確かに度を越した行動は後で批判されるし、リスクが大きいことも事実です。
けれど先行きを「悲観して」あるいは慎重になりすぎて
常に後ろ向きのような生き方では、その人にとり進歩が有るはずもない

私はつねずね言う様に、かなり特殊なスポーツカーの専門家です。
そのキャリアにおいては、日本に私を超える人はいないと断言します。
かといっても、その車の対価としての金額は一般庶民(卑下してはおりません)の
自由になる金額では無いことも事実です。
では手が届かない「「夢の車」だから見て見ぬふりをするのか?
私はそれは間違いだと思います。
子供のころの記憶を思い返してみてください。
「スーパーカー」を一目見ようと車屋のショールームや、
はては高速道路の陸橋にまで足を延ばし
「好奇心にかられた」
これが純粋な気持ちと言うもの。
それから数十年、歳をとり顔は子供の頃の面影は無く
皺が増え、髪の毛は白髪が目立つ
その表面の老化に比例して頭の中も「老いてくる」
悲しいことだとは思いませんか?
人間、最低な生き方が
目標が無い、望みも無い、
毎月給料日にカーチャンからほんの僅かなおこずかいを貰うのが楽しみ?

これは当社のすぐそばにある「寿町」に多数住んでいる
「生活保護者」と何ら変わりはありません。
彼らは月に2回支給される「給料」
これを得た日だけ、美味いもの(と言っても伊勢佐木町の牛丼屋)
を食べにとぼとぼ歩いていく。
すれ違う彼らの眼には「光」が全くありません。
貴方は通勤時、周りから見られて「精機ある顔」をしていますか?
話は戻りますが、ここ数度も試乗会なるイベントを当社は行っています。
その意味は、言い方は失礼だがサラリーマン諸氏には手が届かなくなった
往年のスポーツカー、あるいはスーパーカー
けれど子供の頃は眼を輝かせて見つめていたはず
そのころの「純粋な気持ち」を思いだして欲しい
それが私の提案で有り、プレゼント。

子供のころは柵の外からしか見れなかったスーパーカーが
今なら手で触れることが出来る。
これってたいそう凄いことではありませんか?
私はその「感激、感動」を共有出来る人と話たい、会いたい
そう思います。
今回は全て当社の車です
なので金など必要はありません、
私の喜ぶ、おせんべい、チヨコレートの詰め合わせ
などお持ち頂ければ十分です。
プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク