FC2ブログ

偉大なる日常

皆さんおはようございます。

今日は8月20日
ようやくお盆の夏休みも先週で終わりをつげ、いつもの日常が戻りつつあります。
毎回言いますが、私は国民の大半が休むような
正月休み、お盆の休暇が嫌いです。
私の我儘で日常のペースを崩されるのが嫌なだけでしょうが。

ところでようやく異常な暑さが終わりを告げた様です。
四季と言うものとても有りがたい。
これが赤道に近いフィリピンなど南方の国ではほぼ一年を通して「夏」
これでは生産意欲も労働意欲もわきません。
人間のみならず、影響は車にも及び、
特に当社が手掛ける1970年台の車には、
夏の30度以上の暑さは応えます。
今から50年ほど前は、今とは全然異なるくらい車の量が少なかったのです。
なので、渋滞も無い、
スムーズに道路を走れる=水温も上がらない

例えばディノ
この車はコンベンショナルなフロントエンジンでは無く
リヤーにエンジンを横向きに搭載。
ラジエターはフロントのインテークグリルの奥に位置するから
当然エンジンから前方のラジエターまでクーラント(冷却水)を
循環させなければならない。
これが意外と難しいのです。
エンジンから圧力をかけてウオーターヘッドを巡ってきた
クーラントを前方のラジエターまでどうやって送るのか?
皆さんご存知ですか?
何もしないでもクーラントが流れる訳ではありません。
エンジンにはちゃんと、ウオーターポンプと言うものが付いているのです。
それをエンジンからの動力でディノの場合、ベルトでポンプを回し
ミウラはギヤーで回します。
ところがフロントエンジンとは違い、ミッドシップの場合
どうしても前後を繋げるホースが必要になる。
長さは約2メートル、
往復するわけなので、2本が必要
それが何処を通るのか知っていますか?
ディの場合、センターのメインフレームの中!!
直径10センチの半円形の筒の中を2本のゴムホースが通ります。
かなりぎゅうぎゅう。
しかも其処を通過するクーラントの温度は?
調子の良いディノで「90度」
外気温が30度を超えていて東京の混んだ道など走れば
簡単に100度近くなる。
カップヌードルに使える温度です。
そのメインフレームは屋内から見たら何処?
ディの場合、シフトゲートがあるセンターの盛り上がり
そこの真下です。
だから夏場、その辺りは非常に熱を持つ
シフトゲートなど触れないくらい。
当然ラジエターファンも回りっぱなし
けれど、この車が作られた1970年頃そんなに水温を気にする
ような道路状況、また夏場の気温も今ほどでは無かった
地球温暖化、大都市のビルの乱立それに伴うエアコンの熱の大気への放出
勿論大量の自動車の増加、それらの熱源の大気への放出

どうやら人間は安易に快適さを求めて地球と言う星の寿命を
自らちじめているようです。
それが昔の時代の道具、車を見ることで良くわかります。
ビンテージカーを持つということは、その時代を共有することと同じ
私がつねずね言うのはそういう意味です。
プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク