FC2ブログ

カウンタックの存在感、今と昔

皆さんおはようございます。

1975年当時、ランボルギーニ社は経営難に苦しみ、
潤沢な資金力はありませんでした。
元々、
創業者のフェルッチオ
は、
どうしてもスポーツカーメーカーのオーナーになりたいと思ってこの会社を作ったのではなく
本業のトラクターや、エアコンの事業が順調だったので
車のビジネスに手を出したと。
これは本当かどうか分かりませんが、彼へのインタビューや、
当時のイタリアの産業の流れからすると、おおむね当たっているようです。
エンツォのように若いころからレーシングドライバーを目指し
スポーツカーを走らせるのが大好きで、
しかもカーレース、それも頂点のF1 に憧れ
自分の名を課したレースカーを走らせることに強い情熱を持ったのと比べて
フェルッチオはどこかビジネスマン特有のクールさが見えます。

その証拠に自動車メーカーを維持していくことの厄介さ、
大変さが身に染みると、今でいうM&A つまり企業ごと売却する道を選びます。
その低迷期が丁度このカウンタックLP400を生産し始めた頃。
ミウラは量産には向かず、ベルトーネのおかげで
時代を先駆けするボディを身に纏った「カウンタック」 (※海外ではcountach=クンタッシと発音。)
イタリア、ピエモンテ地方の表現で「すげー」とか驚いたときに発する言葉
をなんとか市販車まで作り上げましたが、
とにかく量産車には、とても不向きな整備性の悪さ
ミウラはご存知のように前後のカウルが大きく開き
取り外しも容易

比べてカウンタックは、クラッチ交換でも、エンジンを車体から降ろさずにはできず
それもフレームをバードケージ(鳥の巣)と呼ばれる無数の細いパイプで作ったものだから
エンジンを降ろすのも一苦労
1号車の黒が直ぐにクラッチを滑らせ、修理しなければならなくなったとき
メーカーに問い合わせても、回答が来ない
しかもこのエンジン、ミッションが普通とは逆向きに前方にミッションを
積んでいるため、当時のメカたちは頭を抱えました。
ようやくエンジンを斜めに吊り上げ、その上でボディをスライドさせるという
知恵の輪みたいな回答にたどり着くまで結構な時間がかかりました。

なので思ったほど(ミウラと比べて)販売は伸びず
結局、僅か150台の生産でファーストモデル LP400は幕を閉じました。
フェルッチオの後を継いだ経営陣がなんとか会社の生き延びる道を模索して
派手好みのアメリカ人をターゲットに、デカいウィング、太いタイヤホイール
それに伴うオーバーフェンダー、フロントスポイラーを纏った 400S を
発信させ、次いで排気量を拡大した LP500,
次にようやくエンジンに手を入れ、4バルブ、ダウンドラフトキャブを採用した
LP500 クワトロバルブ を作り上げました。
そして最後は25周年の記念モデルとして、「アニバーサリー」
これがカウンタックの始まりから終わりまで。

私が在籍していたシーサイドは、最初期のLP400を新車で12~13台ほど
400Sを1台(池沢さんに買ってもらった)
これが全部です。
もっとも例のスーパーカーブームが起こると、
子供たちに一番人気だったカウンタックを商売目的で中古車として
ヨーロッパからかなりの台数を沢山の業者が輸入しました。

よく聞かれる質問
「ミウラとカウンタックどちらが速いですか?」
答えはカウンタック。
但し加速が良いわけでなく最高速時の安定性が良いと言う意味。
それも250キロまで。 かたやミウラは死ぬ気で180キロ
加速はミウラの方が全然良い、カウンタックはメチャ遅い
クワトロになって、ようやくマシになる。

「どちらが飽きないか?」
毎日見てる私の立場で言えば
断然ミウラ。
カウンタックは見てると飽きる。 オーナーには悪いけど。

但しこれらは発売当時から40年以上経った今だから言える事
正確には43年前では、何て凄い車が世の中に出現したんだ、、、
と言う驚きのみ。
それこそ「カウンタック!!」
だったのだ。


プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク