FC2ブログ

正月過ぎたら、ただの月

皆さんおはようございます。

まず、お詫びです。
このブログが昨年まではホームページのインデックスにアップするごとに
反映されておりましたが、
これを統括するサイトの規約が変更になり、リンクが出来なくなりました。
現在、ほかの方法で復元できるよう調査中です。
それまでは申し訳ありませんが、インデックスにある
「ブログを見る」 
ここをクリックしてご覧ください。
今年も出来るかぎり、頻繁に更新していきたいと思っております。

さて2019年のスタートはいかがですか?
お正月だと浮かれていたら、もう月半ばです。

この日本経済も楽観視出来る要因は見当たりません。
今年も厳しい経済状況が続くでしょう。
私は過去を振り返ることが、未来に繋がる
これが持論です。
なので約10年前の私が書いたブログを見返してみました。

景気の危ういさ  2008年 10月
最近の株の乱高下には我々がいかに脆い世界に生きているかを実感させる。
私は経済の評論家では無いが、最近の世界の動きは非常にぎくしゃくした感じを受ける。
その一番の理由が 利権主義。
何処の国、何処の企業も利益が一番、その他の事はどうでも良いような、、、
人間欲に眼がくらむと先見えなくなると言われるが、現代は正にそれを具現化している。
ニューヨークの株の乱高下しかり、アラブの産油国の横柄な態度しかり。
もう我々は後戻りが出来ないところまで来ているのか、、、
少なくとも頭で考えて反省することくらいは出来るだろう。

このまま行くと、この小さな地球の富の奪い合いが始まりそうな予感がする。
というかもう始まっている。

そう、我々はこの”小さな”地球に大勢で暮らしているのだ。動物も含めて。
ノアの箱舟ではないが地球以外の星に住むことはまだ当分無理だろう。

それでは何故、皆が平和に、少なくとも食料に困らない世界が作れないのか私も含めて深く反省するべきだ。

=====================================================
ここまで読むと、まるで昨日の事と同じ、
と言う意味は、私も含めて世界全体が何も進歩していないと言う事
はたしてこれで良いのか?
勿論良いわけは無い。
ところが実際は何も進歩、改革、改善 していない。
と言う意味は、おそらく今後10年も過ぎて
2029年、
その頃も同じように貧富の差が広がり、
あちことで、紛争が起き
若者たちのモラルが「将来に対する諦め」から、ますます低下する
その可能性が大だということ。

これ等に対する答えは容易ではない。
最大の理由は「人間は多かれ少なかれエゴの塊だから」
私的にはそんな年の流れ、月日の流れ
それらを傍観する以外手立てはない。

なのでせめて自分の出来る事
後世に自動車文化の象徴である、1970年代の
「人々に夢を与えてくれた」 スポーツカー達
それらを最上の状態で動体保存していく
これを自分の使命としていきたい。
CIMG1669.jpg
CIMG1670.jpg
CIMG1671.jpg
ランチャ ストラトスのレストア

たかが車屋、されど車屋だ。
もし、共感できる人がいるなら共に行動しよう。
これが年頭の問いかけだ。

2019年1月15日
鞍 和彦

プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク