モントレィのオークション

毎年8月のモントレィには、数々のオークションが開かれるので
有名だ。
中でも最大の規模を誇るのが、カナダのRMオークション、
その他、クリスティーズ、サザビーズなど大手の会社が参加する。

日本ではいまだに普及する気配が無いオークションですが
アメリカやヨーロッパでは一種のイベントのように多くの人が楽しみます。
その違いの一番の理由が、日本人の美点?の謙虚さ。目立つ事を良しとしない
気風。そのあたりです。
毎年のRMでも現地でビッダーとして登録し、その場で競り合う人が
多数ですが、高額の車(数億もするもの)を2~3人で競り合い
金額がどんどん上がっていくと会場は異様な興奮に包まれます。

あたかもそのセリに自分が参加しているようです。
その結果、最終的に落札者が決まると、会場は割れんばかりの拍手です。

かくいう私も今まで数台の車をこのようなオークションで買ったことがあります。
最近では今の私の一番のお気に入りの、ベンツ280SLです。
最近またお金をかけてより綺麗にしました。
最後の方は、自分の考えていた金額をオーバーしても
意地でも落としてやるぞ、みたいな気になるものです。
その興奮を味わえるのがオークションの醍醐味でしょう。

私は仕事の一環として必ずこのオークションを見るのですが
全体の平均価格が毎年上がっているのを感じます。
例のリーマンショックの影響を受けるかと思った年でさえ殆ど変りませんでした。

その理由は勿論アメリカでも桁の違う金持ちや、産油国あたりの
投資ファンドが、比較的安定しているビンテージ車の売買に
積極的に参加しているからです。

その影響を受け、安い?1000万から2000万の車でも
何かアピールする部分があると値が上がるのです。

今、当社で持っている ランチャ ストラトス。
この車もヨーロッパの相場で最低 250,000ユーロです。
近い内に 300,000ユーロ辺りになると思います。
理由は勿論この車がラリーの世界選手権でチャンピオンカーに
なったからです。
今がチャンスです。余談ですが。
P1020198.jpg


今年も同じように17日18日の2日間RMは行われます。
どんな展開になるのか楽しみです。
それと同時に自分が自由に其処で買い物が出来ない寂しさもあります。
一番の理由はセリで落としても、手数料が10%も取られるからです。
1000万の車で100万です。
これはプロの買い方では無いでしょう。
コミッションが高すぎる気もしますが。

CIMG3929_3627.jpg

CIMG3930_3628.jpg

CIMG3931_3629.jpg

CIMG3932_3630.jpg

CIMG3936_3634.jpg

CIMG3949_3647.jpg

このボードの数字を見てください。
この車が昨年の最高値を着けた ベンツ540Kの値段
8,800,000$ 約8億円の車です。
CIMG4110_3455.jpg

この車です。以前普通の540Kで 1億から2億でした。
相場とは恐ろしいものです。
ディノでも以前の5割増しというのはご存知ですよね?

CIMG3941_3639.jpg



プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク