fc2ブログ

「貴方がたは求めないから得られないのだ」旧約聖書

a0121139_0101323.jpg


人類はエジプト文明が4000年、中国も同じ頃、
キリスト誕生から2000年の現在迄、「文明」という物を育んできた。

その中で我々人類は、長くて100年、昔なら50年程の人生。
それを無数に繰り返しながら、我らの母なるこの地球を生きながらえてきた。
生きる年数は王様であろうが、庶民の子であろうが皆同じ。
但し、その短い年月の中で、
「望んだ人間」と「望まなかった人」とでは、かなりの差がある。

昔で言えば、「豊臣秀吉」最近では「田中角栄」
彼等は明らかに「高い望み」を持っていた。
よく「夢は大きく持て」と言われるが、
誰もが総理大臣になれる訳ではなく、大企業の社長になれる訳でも無い。
では衣食住が足りている裕福な国、
「日本」の住民である我々は「何を求めるべき?」
答えは簡単、「幸せ」だ。

その定義は人それぞれ。

公団の3DKで一家団らんが楽しいと感じられるなら、それが「幸せ」
タワマンでセレブ意識を持ち、隣人とにこやかに挨拶するのが楽しいなら、それが「幸せ」
「貴方はどれに当てはまる?」

基本は長屋暮らしでも、タワマン暮らしでも「求める事が大事」
それは今より数%でも多くの幸せを感じること。
その求める意識が行動に繋がる。

最近やたらと増えた「転職サイト」
あたかも転職さえすれば道は開ける、或いは、より豊かになれる。
これは全くの幻想だ。
おそらく安易に転職する人間の半数以上は、現実の壁にぶつかり挫折するだろう。
人任せは良くない。
やはり自分自身で望む方向を決め、「其処を求める事が大事だ」

私自身も今でこそ「レジェンド」とか呼ばれるが、
昔、30歳の頃は何も方向性が見えなかった。
ただスポーツカーが好きだから何とかそれに近い場所を探していただけ。
そんな中途半端な気持ちで30代(1980年から1989年頃まで)を過してきたが、
バブルが訪れ、それが弾け飛んでようやく目が覚めた。
自分の生き方についてだ。

自分の20代、シーサイドモーターで学んだ事。
30代後半になって海外の世界に目が開けた事。
今後、自分の目指す方向について
これらを誰に教わるでも無く考えることが出来た。
これが私の「学び」と「望み」だ。
貴方にも是非それを体現して欲しい。
冒頭のセリフでは無いが、「求めなければ与えられる事は無い」
これが世の中の現実だ。

是非当社から、ディノでもミウラでも求める気持ちを持って欲しい。
求めよさらば与えられん
これを初年度のスピーチにしておく。

2024年1月23日

プロフィール

CASTEL AUTO

Author:CASTEL AUTO
「子供の頃から純粋に車が大好きだった」

そんな無邪気な少年は自然の成り行きで
1974年、伝説のシーサイドモーターに入社。
49年経った現在も車に対する愛情と情熱は冷めやらぬまま
今日もひたむきに走り続けている。

キャステルオート
鞍 和彦

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR