FC2ブログ

Daytona-2

皆さんおはようございます。

シーサイドの頃、ディトナはそれほど数は多くはありませんでした。
理由は当時、フェラーリの中でも最高級のモデルで、価格も相応に高かったからでしょう。
それと、この4300cc V12のエンジンを自在に操れるだけの力量の持ち主が
なかなか日本にはいなかったのもその理由です。
なにしろ、比較するといっても、ポルシェでは1973年当時 カレラRSが最高でしたが
あちらは6気筒、2400cc ディトナの重量級の前では横綱と小結の差が出ます。
勿論、ポルシェはその軽量級のボディを活かして、走らせると非常に速かったわけですが。

またマセラーティはギブリでしたが、この車のV8のエンジンは4000ccもあるものの
低速重視で5000回転も回せばギブアップというものでした。
つまり高回転(6000回転以上)を回せて、そのくらいからまだ上が伸びる
というエンジンは当時なかなか無かったのです。

但し、最大のライバル、ランボルギーニのミウラだけは別格でした。
操縦性に不安定な部分はあるのですが、度胸を決めてアクセルを踏んでいくと
6000回転を過ぎてもまだ上があるよと、この獰猛な闘牛は自己主張するのでした。
但し、スピードが150キロあたりを超えたころから直進性が不安定になり
アクセルを踏むのも正に度胸が入ります。
だから私がミウラのデモ走行をする場合、必ず1速で回転を上げるのです。
スタンディングから6000回転も一気に回せば、その豪快なサウンドと相まって
横に乗る人は必ずミウラに魅了されます。


その点、ディトナは正にサラブレッドです。
高回転域に入ってもそのサウンドは澄んで、まるで楽器を奏でているような
官能的な音に変わります。
あくまで上品にです。
ディトナをこよなく愛でる人の最大の理由が、この高回転域のサウンドにあると思います。
次回は何故このエンジンが綺麗に廻るのか、解説したいと思います。

DSC06559.jpg

DSC06538.jpg
DSC06540.jpg
DSC06552.jpg
DSC06553.jpg

前期型は下のようにヘッドレストがありません。

DSC06556.jpg

この大径の(40センチ)のステアリングをもってしても、
すえぎりは女には絶対に無理。
とにかく重い。それがアメリカ人には逆に個性として受けるのです。

DSC06557.jpg

プロフィール

CASTEL AUTO

Author:CASTEL AUTO
「子供の頃から純粋に車が大好きだった」

そんな無邪気な少年は自然の成り行きで1974年伝説のシーサイドモーターに入社。
46年経った現在も車に対する愛情と情熱は冷めやらぬまま
今日もひたむきに走り続けている。

キャステルオート
鞍 和彦

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR