人生を正しく全うするのは難しい。

皆さん、おはようございます。

山口県の小さな集落で起こった5人殺害事件。
連日テレビのニュースで報道されていますよね。

その犯人が2年前に地元の警察に相談に訪れ、村の人たちから自分が阻害されていると

勿論、その理由には自分の言動、態度などがあるわけで、村人が理由もなく
その犯人を仲間はずれにしたわけでは無いと思います。

ただ、一つ我々が気がつかないといけないのは、その犯人にも村人達と仲良く?
やりたいと思った時期があったということです。

その気持ちを一人よがりの気持ちでしょうが、撥ねつけられ
子が親を思う気持ちを否定され
余計に憎しみが増すというような事例は過去にも多々ありました。

これを読んでいただいている方々は大半が都市部に暮らしていると思います。

むしろ人口何万人、何十万人の都市のほうが、他人との接触を嫌い
住んでいるマンションの隣の部屋の住民とも まともに口を聞いたことが事がない
そんな方も多いでしょう。

人間の数が多くなればなるほど、個人は集団の中に埋もれ目立たなくなるからです。

ただ、そうなってくると当然弊害も出てきます。

自分の周りのコミュニティ、つまり触れ合う人の数が減ると
人は自然と我儘になってきます。
おまけに満員電車で判るように、人は他人との接触を拒むようになってきます。

つまり自分の殻に籠るほうが楽だからです。

最近よく目にする、歩きスマホ、自転車をこぎながらスマホしている馬鹿も、
電車の中ではスマホに飽きたら、イヤホンで音楽を聴く
つまり自分の世界です。

こんな習慣の中から、自分が身を削って他人と触れ合おうという気が起こりますか?

幸い私の若い時、今から30年も40年も前の話ですが、通信手段は電話のみ
それも携帯ではなく、公衆電話か自宅の電話。
だから電話をかけるときは、少し心の準備が入りました。

好きな女の子の家にかけるとき、相手のオヤジが出たらどうしょうかとか。
我々は現代において、あまりに便利すぎる世の中に生きています。

便利なことにはその反対側に、大事なことを亡くす部分が隠れている
このことを自覚しなければなりません。

私事ですが、私はスマホを止めて、ガラパゴス?携帯に戻そうと考えています。


鞍 和彦
プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク