FC2ブログ

365GT/4 はどんな車か?

みなさんおはようございます。

昨日 このGT/4を改めて走らせてみました。
昔から私はこの車を気にいっておりましたが、やはり本物のフェラーリであると
再確認できました。
何よりも長いマフラーからむせびでる、官能的なサウンドがたまりません。

勿論マニュアルミッションですので、いつでも好きな時にアクセルを吹かして
このサウンドを堪能できます。

本物のフェラーリミュージックを聴きたい方、ぜひ当社にお越しください。

では概略です。
この車は1972年に発表され、76年まで4年間で600台が製造されました。

デザインは勿論 ピニンファリーナ。
今までの流れとは一線を期し、非常に明確なウエッジシェイプが特徴です。
このデザインの完成度が高い事を証明するのが、この後、400、412と
基本デザインを変えぬまま、17年間も生産されたことがその証です。

CIMG0009.jpg
CIMG0016.jpg
CIMG0020.jpg
CIMG0023.jpg
CIMG0025.jpg

エンジンは、基本的にはディトナで採用されたDOHC V12気筒と同じレイアウト、
同じ排気量 つまり365とは一気筒あたりの排気量、その12倍で4300cc

違いは キャブレターの配置をダウンドラフト(上から下に)からサイドドラフト
(横から)に変更した点です。

駆動方式はフロントエンジンのリャー駆動、
ディトナとの違いは5速ミッションをエンジン直結にしダイレクトにした点。
ディトナはミッションをデフと一体にし、トランスアクスルと呼ばれました。
この車でフェラーリ社が狙ったのは、ビジネスマンにも使える
高速GTカー

しかも有事の際には、後ろの席にも短時間なら大人の乗車も可能なスペースを
設けました。
以前、横浜から御殿場まで3人乗りで走ったことがありますが、後ろは特別
窮屈ではありませんでした。

CIMG0032.jpg

この内装は新車からのオリジナル。
そのコンデションは非常にGOOD!!
ダッシュのみマウスヘアーからレザーに変更されている。

私の好みはアルカンタ-ラですので、張り替えも検討します。

CIMG0026.jpg
パワーステアリング、クーラーが純正で装備
CIMG0027.jpg
CIMG0029.jpg

トランクも旅行に必要なバッグが余裕で入る。
CIMG0030.jpg

しかも今回の現車には驚く特徴がありました。
私がシーサイドに入社し、2年ほど経った頃(1976年)
この車が新車で輸入されてきたのですが、扱った台数は5台ほど。

当時優秀な?営業マンであった私もこの車を2台ほど売りました。
確か記憶では 販売価格は1000万、今で言えば3倍の3000万円
かなりな高級車です。
ですので、納める車には正規にシーサイドで輸入し、販売したことを証明する
アルミ製のプレ―トを付けました。

それがこれです
CIMG0033.jpg
納車は 1976年7月とあります。
CIMG0034.jpg

ですので私が販売した車か、どちらにせよ新車時に私がステアリングを握った
個体に間違いはありません。
つまり37年ぶりの対面と言うわけです。

しかもこの車はエンジン総バラしの完全オーバーホール、
ボディの全面剥離塗装を受けて、殆ど新車時と変わらない状態を保っています。

塗装の色はガンメタリック。
多分、現存するGT/4の中でも 最高の状態のこの車、
是非、ご覧いただけたら光栄です。

シーサイドのプレートの脇に キャステルのプレートを貼ることが
出来るのは、私に取り替えがたい価値があります。

それは37年間同じ職業を続けてこれた証しであるからです。

現在、70年代、それ以前のフロントエンジン12気筒のフェラーリは
最低でも1500万以上の相場です。

この車はその常識を覆す 1000万以下で販売可能です。

価格等、ご相談は フロントのしのもとまで。
045-663-4660 です。

プロフィール

CASTEL AUTO

Author:CASTEL AUTO
「子供の頃から純粋に車が大好きだった」

そんな無邪気な少年は自然の成り行きで1974年伝説のシーサイドモーターに入社。
46年経った現在も車に対する愛情と情熱は冷めやらぬまま
今日もひたむきに走り続けている。

キャステルオート
鞍 和彦

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR