512BBは Best Value だ。

皆さんおはようございます。

最高のドライブシーズンになりましたね。
車好きにとっては何に乗りたいか、どんな車を手に入れたいか
悩むには丁度良い時期です。

そこで私がお勧めするのは今回紹介する フェラーリ 512BBキャブレターモデル。
この車は1977年に発表され1980年までの3年間に900台余りが製造されました。

勿論当時のフラッグシップカーです。
その原点は365BBですが、それを改善して車としての安定度を増したのが512BBです。

私の長年の盟友である レーシングサービス ディノのオーナー
切替さんは ご存知の方も多くいるように私がシーサイドの営業の時に購入した
365BBを現在まで37年もの長きに渡り所有し、その最高の状態を維持しています。

それを成し得るために使ってきた金額は なんと3千万円

私は彼とよく色々な話をしますが、良く出る話題は 365と512の話。
販売する立場でどちらを勧めるべきか という話です。

結論は512BBのほうが365BBよりもベターだという事。
色々な理由があります。
簡単に説明しましょう。

1、まず生産台数の違い、365BBは380台 しかも
フェラーリに取り初めてのミッドシップ、しかも水平対向エンジン
かなり大掛かりにメーターなどをデジタル化した。
その影響で、1974年から1976年までの約3年の間に
デフのファイナルギャーの変更など なんと5回もマイナーチェンジを行っている。

外見から判りやすいのは、前期型はエンジンカウルに放熱の為のスリットが無いが
後期型には有る。

前期型はシートがリクライニングしない固定だが、中期以降はヘッドレストが
付き、リクライニングもする。

ミッションが前期型はポルシェタイプのシンクロが付くが、後期型は
フェラーリ製のストロークの短いものが付く

などかなり数多くの変更点が見られます。
という事は? なかなかベストな個体が少ないという事。

私も今まで数多くの365BBを販売してきましたが、
満足のいく365BBと言うのは、つまりレストアで金をかけられた個体でした。
逆に言うと、全て手を入れた車でないと不完全な車という事。

そのための費用は?
大体2000万円。
今なら幾ら? 車両本体と合わせると 3500~4000万。
それでもディトナと比べると まだ安いですが、
かなり価格差がちじまってきたのも事実です。

もう一度言っておきます。
巷で2000万くらいの365BBがあったとして、その車を
完全な車にするためには あと2000万のお金が必要ということ。

さて今日の本題です。
512BBキャブレター 
この後のモデル 512BBインジェクション
これも悪くは無いのですが、キャブに比べるとエンジンのダイレクト感が今一です。

その点1977年に365BBの後継車として発表された512BBは
かなり性能が安定し、つまり安心して走らせる車に変貌しておりました。

私も長い間512BBを数多く販売してきましたが、
特段大きなトラブルは記憶にないくらいです。

それ故 900台と言う生産が可能だったのだと思います。

今日ご紹介するのも当社でかなりな部分手を入れている車です。
具体的には塗装全般、内装、あとはエンジンなど。
走らせると非常にスムーズに走ります。
365BBでは弱かったミッション、デフも完璧。
とても33年も年齢を重ねている様には見えません。

デザインも今どきのガンダムのような無駄に相手に対し威圧的な印象を与える物ではなく
むしろおっとりとした正統派のスポーツカーとしてのデザインと私は思います。

しかも365と比べると値段が安く買える、
これはかなり大きいポイントではないでしょうか?
キャステルで提示する価格は 1750~1850万くらい。
完璧に手を入れても 2500万。(エンジン ミッションなどすべて含んで)
365と比べると 1000万以上の違いです。

論より証拠、
是非 横浜まで足を運んで頂いて私と一緒に512BBを味わってみて下さい。
まさしく正統派のスポーツカー。
それを必ず理解して頂けると思います。

CIMG0136.jpg

CIMG0134.jpg
CIMG0141.jpg
CIMG0132.jpg
CIMG0124.jpg
CIMG0121_20131101111534a2d.jpg
CIMG0128.jpg
CIMG0129.jpg
CIMG0145.jpg
CIMG0144.jpg

F40の現況
あと1週間ほどで出来上がります。
当社の持てる全ての技術で20年前の状態に若帰りをさせてご覧にいれます。
乞うご期待。

CIMG0146.jpg



プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク