混沌とした世界。

皆さん、おはようございます。

このところ世界情勢は非常に不安定で、大きなところだけでも
イスラエルとパレスチナ
ウクライナとロシア
イラクのイスラム過激派
など問題が山済みです。

勿論それらの主因は、人種間の対立であったり
その根源にある、宗教の対立であったり
簡単に言えば、自分たちが唯一の正義で、相手は邪魔者だという意識です。
なので双方が折れる理由は無く、
どちらかが倒れるまで紛争、戦争は続くでしょう。

我が日本も少し前、昭和の初めに軍部を中心に
大東亜共栄圏 と言う名のもと
中国、満州、ビルマ、フィリピンなどを共存共栄 とは名ばかりの
植民地支配を行い、諸々の利益を全て日本が吸い上げるという
国策を実行しようとしたことがありました。

これに反発した欧米との間で大東亜戦争、
つまり第2次世界大戦が起こったわけです。

つまり、そのような過去を持つ我日本国も、
今の紛争は他人事ではないということです。

このときのことを見てもわかるように
お題目は正義の戦いであったり、宗教的な聖戦とかいうわけですが
実際の内容は人間同士のエゴの戦いです。

つまり相手よりも国を大きくしたい
相手よりも豊かな国に、豊かな生活をしたい。
そのためには、相手国の民衆が死のうが、難民になろうが知ったことではない
そういう部分のエゴです。

そもそも、キリストや、アラーの神、あるいはモハメッドが
敵対する相手を殺せと教えましたか?
私は違うと思います。

何故、車屋の私がこのような話をするのか、
勿論理由があります。
先週も行きました、モントレィまで、わざわざ太平洋を横断して。

そこで感じたことは、
残念ながらビンテージの車は、もはや趣味人のものでは無い
その感慨でした。 勿論悪い意味です。

トヨタの名車?2000GT
今回もRMオークションに出品され、手数料を入れれば1億2千万で落札しました。
問題は、誰が何のためにこのような高額な応札をするのか? 
そういうことです。

皆さんご存知のように 2000GTは確かにトヨタが作ったスポーツカーとして
名車?かもしれません。
私は全くそうは思いませんが。 約10台くらい走らせたことがあります。

ただ、台数が少ないので徐々に値段が上がり始め
2年ほど前は 約3000万が相場でした。
それでも売り車は時々現れ、それくらいの値段で売買されていたわけです。

それが昨年、春頃のオークションで突然1億以上の値をつけて取引された。
なんで急に3倍も値段が上がるの?
という話です。

それまで欧米の車好きには殆ど評価されていなかった車が
ある日突然化けた? 
誰が?
勿論、投資ファンドの連中です。

これだけ世界が混沌としていても、金が余っている国、
あるいはグループがあるということです。

一例がオイルマネーです。
地べたを掘れば温泉のように湧き出る原油
タダ同然の原油を売れば儲かるのは当たり前。

さてその儲けた金をどこに投資するのか?
ダイヤモンド、プラチナ、ゴールド、名画と来て
ようやくビンテージカーにたどり着いた こういうところでしょう。

なので私は今回もオークションの会場には入る気がしませんでした。
仕事なので下見会には40$払って見に行きましたが。

私はいつも言うように、40年もこの業界で仕事をしています。
その私が売り買いはしたくない、そう思う今日このごろです。
5人もいるスタッフの生活を守るために、
そう言いながら孤軍奮闘しておりますが。

普通の車好きの方々、そういう皆さんに私は自分のせいではないにせよ
今の相場は申し訳ありませんと
その気持ちをご理解ください。

ミウラの動画、1時削除しておりましたが、
再編の希望が多いので
リンクを貼ります。 ここをクリックしてください。

鞍 和彦

プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク