ロンドンのご案内。

皆さんおはようございます。

いよいよカウントダウンが始まった、2014年です。
残りわずかですが、悔いのない日を送りたいものです。
つまらないことかもしれませんが、行けなかったあの店のトンカツを食べに行くとか。
私自身はむしろおとなしく静かに年末を迎えたいと思います。
理由は今更ジタバタしても始まらない、みんなも忙しくしているから?
それに付き合いたくない、、、、
など我侭な理由です。

私からの皆さんに対する今年最後のお願いとしては、
フェラーリ365BBの右ハンドル、これの日本にある車の情報がありましたら
教えて下さい。

さて、ついでと言ってはなんですが、みなさんもロンドンに行くことが
あるやもしれません。
私は今まで5回くらい訪問していますが、毎回回るところは同じです。
つまり行きたい場所は変わらないということです。
ロンドンは意外と街自体は大きくはありません。
東京のスカイツリーの展望台から見る、この町の巨大さと比べたら
全然小規模です。
事実、車に乗って約30分も外に向かって走れば、もう郊外です。
東京では1時間走っても高速でない限り人家が続くでしょう。

その反面かもしれませんが、市内の中心部はかなり道が入り組み
人も多く、混雑しています。
東京で言えば新宿に当たる ピカデリーサーカス か
銀座に当たるナイツブリッジにホテルを取りますが、メチャ狭い、古い、高いの3拍子です。
今回も日曜日が仕事がオフでブラリと散歩に出かけました。

まずはロンドンの観光では定番の 大英帝国博物館 ブリティッシュミュージアムです。
ここの良いところは入場無料ということ。つまりタダです。
ですので、大勢の観光客が訪れます。
内部はその昔、この国がありとあらゆる地域に植民地支配をし
そこら辺にあった価値のあるものを全て没収してきた成果?です。
つまり宝の山。
例えば、有名なエジプトのミイラ。
エジプト政府が返してくれと要求しても、お前らではまともに保管できないと
突っぱねます。
そこらあたりが大英帝国たる所以です。
チカラは失っても誇りは失わないと。
これが外観と入口です。

CIMG2524.jpg
入るとこんなエントランスが出迎えます。
CIMG2525.jpg
ゆっくり見て回ると1日かかります。
ただ、残念ですが解説の英語表記が難しくて読めません。
CIMG2528.jpg
CIMG2538.jpg
一番人気のミイラのコーナーです。
CIMG2532.jpg
CIMG2533.jpg
CIMG2534.jpg

カフェでスナックを食べました。
これで2000円です。
CIMG2544.jpg

CIMG2540.jpg
CIMG2541.jpg
CIMG2542.jpg

移動は地下鉄です。
このように角が丸い構造です。狭くて屋根が低くて汚い、この3拍子です。
CIMG2545.jpg

ロンドンにはかなり多数の寺院があります。
有名なのはウエストミンスターなど。
内部は天井がメチャ高く荘厳な雰囲気です。
CIMG2548.jpg
そこから歩いて汚いけれどロンドンの象徴であるテームズ川を見るのが定番です。
CIMG2551.jpg

皆さんも一度訪れてみては?
プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク