FC2ブログ

生きがいとは?

皆さん毎日暑い日が続きます。
旧車には過酷な季節です。
例えば1970年台、国産車でもクーラーが付いている車は
クラウン、セドリックなど高級車の1部くらい。
スぺシャルティカーと呼ばれたトヨタの初代セリかでさえ
クーラーは助手席に吊り下げ式のオプション扱いでした。
今では軽自動車でさえエアコンが標準装備です。

でも当時確かに夏は今と同じように暑かったのですが
それを苦痛だという感覚は無かったように思います。
単純に夏は暑いもの、
その一言です。
今の様な至れりつくせりの何でも機械任せの時代ではなく
自分で工夫をする、そういう感覚です。

人間の生き方も、今よりもシンプルな生きかた、
サラリーマンはサラリーマンに徹し、
工場の従業員は工場に自分の生き方を重ねる
農業の従事者は作物を育てることを生き甲斐とする
だから、田舎から集団就職してきた若者は
毎日仕事に慣れようと必死に汗を流す、

ところが現代
インターネットの普及で何処にどんな仕事があって、
そこで働けば給料はいくら、将来性のあるなし、
自分に向き不向き
そこまで予想がたってしまうくらい、余計な情報が溢れています。

それらを賢い人は自分に何が有益で、何が有害か判断して
選択することが出来るでしょう。
ところが実際、大半の人間はそんな情報に振り回される
凡人が殆どです。

だから以前なら自分の周りの狭い世界さえ見ていればよかった、
ところが現在は次から次に自分に襲い掛かる多数の「情報という怪物」と
戦わなければなりません、
やれ、30歳の若さで起業し憶万の金を稼いだ、
インターネットを使い、為替の相場を判断して毎月100万儲けている
などなど、人間一人のチカラでは無しえない事をコンピューターという
怪物が可能にしてしまいます。

勿論成功者は何百人に一人、
あるいは何千人に一人
それでも可能性を夢見せてくれる場が存在します。
それらを一言で言葉で表せば、
「楽して金儲けたい」

貴方はどんなスタンスでこの現代を生きていますか?

プロフィール

CASTEL AUTO

Author:CASTEL AUTO
「子供の頃から純粋に車が大好きだった」

そんな無邪気な少年は自然の成り行きで1974年伝説のシーサイドモーターに入社。
46年経った現在も車に対する愛情と情熱は冷めやらぬまま
今日もひたむきに走り続けている。

キャステルオート
鞍 和彦

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR