正しい生き方(自分流)

皆さんこんにちは。

最近6時にもなると暗くなるので、なんとなく一日が早く終わるような気分です。
最近思うことは、殆どの人は自分の今までの経験則によって
動き方を決めるものだという部分です。
やはり、20歳の時と、40歳の時、私のように60歳も超えると
それぞれの年齢の時に得ていた自分なりの経験則、
それが「自分」という人間を動かす基本になっていることに気が付きます。
簡単に言うと物の判断においてです。

我々社会人は常に選択をしないといけない環境に置かれています。
一番単純なところで、マックに入るとする
チキンバーガーか
フィレヲフィッシュにするか
など。
あるいは、昼のランチ
奥さんの弁当にするか
店に食べに行くか、また何を食べるか。

はたまた、日曜日。
何をして過ごすのか?
子供の世話か、
自分の趣味か、

あるいは自家用車を買うとする
新車か
中古車か、
でかい車か、軽なのか。
日本車か、外車か、
選択肢は山のようにあります。
日本車だって、トヨタから始まり日産、ホンダ、などなど、

貴方の場合、自分の経験則をどのように決めていますか?
これを考えるとき、自分の過去を振り返るという作業に繋がります。
あるとき、車を運転していて交差点を左折しようとしたら
後ろから来た自転車に気が付かず接触した
実は私は昔、カウンタックLP400でこれをやったことがありました。
シーサイドの時ですが。
よくある、左折巻き込み事故というやつです。
このカウンタックと言う車、
とにかく視界が悪い。
見えるのは真正面と真後ろの小さなリヤーウインドウから見える景色だけ。
特に斜め後ろは全くと言ってよいほど見えません。
ですので、例えば通行車線を走行していて、
前に遅い車がいたとする、
追い越しをかけるために右に移動したいわけですが、
後方から来る車両が全然見えない。 ルームミラーでは。
なので、ドアーミラーに頼るわけですが、
なかなか視界の良いものがなくて、見ずらい。
だから殆ど手探り状態で少しずつ右に移動する、
ドライバーにとっては非常にストレスです。

この時の事故の場合
左側にも当然ミラーが付けてあったのですが、
夕方で回りが暗かったのと
まさかこんな車にぶつけてくる奴はいないだろうとの慢心で
私の注意不足でした。
幸い事故はカウンタックのサイドが少しへこんだだけで
相手にはけがはなし、
でも人間というもの大事な失敗はよく覚えているもの
なので私はあれから30年以上も経った今でも左折にはとても気を使います。

このように人は過去の経験から今の自分の行動を判断する、
そういう習慣があるわけです。

ならばもっと深層心理な事で、
ある人が離婚をするとする、すると再婚してまた離婚を繰り返す
たまにこんな人がいますよね。
その人は経験から学んだことを生かさなかったのか?
あるいは、自動車事故を繰り返すとか
ギャンブルにはまって借金を繰り返すとか

過去の失敗を生かせない人も多いのも事実です。
つまり生きていくうえで学ぶことはあっても、
それを自分の行動に結び付けることができない
それは過去を忘れるから、あるいは忘れたいから。特に自分の失敗を
そういう習慣が多いからでしょう。

貴方は過去を振り変えることがありますか?
日々反省 これが正しい生き方です。

プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク