FC2ブログ

生き方は誰も教えてはくれない、自分で選ぶしかない

皆さんおはようございます。

今朝フランスから衝撃的なニュースが飛び込んできました。
イスラムの過激派の無差別テロで死者が100人以上出たと。
比較的平穏な日本に住む我々には「何故」と理由がいまいちピンときません。
確かに宗教対立であるということくらいは理解できるのですが
何故?なにも罪もない一般人を標的にするのか
フランスのような大国をテロで騒乱状態にして何がメリットがあるのか?
彼らの要求は何なのか?
例の「IS」 イスラム国を国際的に認めろというのか?
あるいはフランス人をイスラム教に改宗させたいのか?
疑問ばかりです。

翻って我が日本国、
仏教もあればキリスト教もあり、その他無数の宗教集団が存在します。
中には過去の「オウム真理教」という過激なグループも存在しました。
でもそれは全体からすればほんの一部です。
ところがイスラム教を信仰する人々は全世界に何億人と存在します。
その中のごく一部の過激派の組織が「IS」のような行動をする。
そうすれば周りの普通のイスラム信者にも白い目が向けられる可能性があります。
とても愚かな行動です。
でもここで学ばなければならないのは
人間は世の中の歴史、あるいは世界の成り立ち、自国の先行き
など学ばなければならないことをす通りしてしまうと
かなり偏った考えの大人が産まれるということです。
またそれを産む一番の理由、それは「貧困、差別」でしょう。

フランスの場合、過去にアフリカの数箇所の国を植民地化していた、
なのでその国々からの移民を受け入れざるをえなかった。
パリの街を歩くと黒人が多いのに違和感を得ます。
アメリカのような白人とのハーフがいるでなく
言い方は悪いですが、完璧に黒人です。
その彼らは大半がイスラム教
そこから貧しい移民の若者が過激主義者になっていく
そういう図式です。
ある意味、昔のつけが回ってきたとも言えるでしょう。

日本は韓国は侵略したが、幸い同じような顔つきの
アジア人だった。
でも連れてこられた韓国人が戦後日本にそのまま在留した
これも歴史の事実です。
彼らは在留外国人であるハンデを乗り越えようと
懸命に努力した、
結果、パチンコ屋を中心に財を成した韓国をルーツにもつ
人たちが無数にいるのも事実です。

なのでここで学ぶこと、
ハンディキャップを持つ人がたどる道
1、それを跳ね除けようと必死で頑張る
2、負けて並みの日本人より落ちる
この二つです。
我々普通の日本人の家庭に産まれ育ち、学問も高卒くらいは
当たり前の国、
そこで大人になった人間には然したるハンデはありません。
家が貧乏か裕福な違いくらい。

だったら何を目標にし、何を乗り越えていくのか
それは自分自身で設定しなければ見えてきません。

一応、スタート時には幸いにも平等だからです。

今回のフランスの事件
何故犯人たちが自分を犠牲にしてまで(殉教者と呼ぶ)
他人を殺戮する道を選んだのか?
我々には自分の身を犠牲にしてまで守るものがあるのか?
自分にはそれくらいの何か信念があるのか?
それらを考えさせられるニュースです。

我々日本人は平和ボケしていませんか?


プロフィール

CASTEL AUTO

Author:CASTEL AUTO
「子供の頃から純粋に車が大好きだった」

そんな無邪気な少年は自然の成り行きで1974年伝説のシーサイドモーターに入社。
46年経った現在も車に対する愛情と情熱は冷めやらぬまま
今日もひたむきに走り続けている。

キャステルオート
鞍 和彦

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR