FC2ブログ

私がシーサイドに入った訳 その2

皆さんおはようございます。

11月も半ばを過ぎ今年も残りあと僅かです。
皆さんにとり今年は実りが多い年でしたか?
私は歳を取るにつれ、より一層自分自身をアグレッシブに
動かそうと思っております。
その理由は人間歳を取れば取るほど動きが鈍くなり(体力の衰えから)
精神の判断力が衰え、思考も内向的になり、
見かけもジジイになってゆくと、
これが普通の人間の年のとり方なら、
むしろ私はその真逆を目指したいと思います。

身体を鍛え、筋肉を増し、素早い動きができるくらいに。
また精神面も常に新しいものを模索し、流行にも敏感にアンテナを張り
ちなみに私のアイフォンは最新の6S。
時代の流れを自分の経験と知識でむしろリードするくらいの
勢いを持つ。
その意気込みで丁度良いくらいです。
当然ですが、ファッションもユニクロ任せではなく
余裕のあるジジイらしく、アルマーニやディーゼル、またはラルフローレン
スーツを着るならヒューゴボスくらいは選ぶべきでしょう。
時計?
ロレックスしかありません。
というかまずはロレの数本くらいは50歳も過ぎたら持つべきと言うことです。

そのようにまずは外見から決めていく
そうすれば自ずと内面も引きずられてきます。
車?
色々な好みはあることは承知の上で私はベンツに乗れと言います。
間違えてもプリウスなど選ぶのは「小市民」がやる行動です。
車はその男にとって、最大の自己アピールの道具
それを自ら自己否定ではないですが、「小者」ぶってはなりません。
但し、最近はあまり話題にはなりませんが、
某自動車評論家が唱えていた
「6畳一間でフェラーリのオーナーを目指せ」
これははっきり言って「アホ」です。
もしフェラーリ社の幹部が聞いたら腹をよじって笑うか
嘲るでしょう。
我々は大衆的になってはいるがそこまで落ちちゃいねえぜと。
上を目指すならまず基礎、基本からであるのは当たり前でしょう。

なので歳を重ねていく過程で何を自分の中に積み上げていくのか
そこを真剣に考えなければなりません。
私が言う意味は、アルマーニや、ロレックス、あるいはベンツが
自然と自分と一体化するような生き方をしろという意味です。

行動が全てを制す
これを今日の格言とします。

プロフィール

CASTEL AUTO

Author:CASTEL AUTO
「子供の頃から純粋に車が大好きだった」

そんな無邪気な少年は自然の成り行きで1974年伝説のシーサイドモーターに入社。
46年経った現在も車に対する愛情と情熱は冷めやらぬまま
今日もひたむきに走り続けている。

キャステルオート
鞍 和彦

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR