人は老ける、男でも女でも必ず。問題は老け方だ。

皆さんおはようございます。

最近自分が歳をとったせいか、「生き方」につい拘りを覚えます。
俺は昨今を振り返り、こんな生き方で良かったのか?
もう少しましな生き方は出来ないのか?
等々、
なかなか答えが見つからない愚問です。
しかし人間とは?「考える葦である」と言われたように
考えなければただの雑草と同じ。
おおよそ5割くらいは日々の流れに身を任せ、あれよあれよと歳を無為に重ねる。
そういう人が多いのではないでしょうか?

例えばこの私、
自分の生きる目的
それは何ですか? と問われれば
躊躇なく 「死ぬまでハッピー」と歌の文句のような人生を送るため
いや、送りたい。それが目的と答えます。
禅僧のような過酷な修行を積み、仏の教えに近ずく
それはそれで眞に結構
けれど私はあまりに俗物
身近の楽しいこと。
旨い料理を食い
綺麗なね~ちゃんとクラブで酒を飲み
趣味が車であれば出来るだけ自分の欲しい車を買う
これらを実行したい、いや実現したい。
それが自分の生きる目的、まだ道半ばなら目標であると。

とてもシンプルな目標です。
貴方はいかがですか?
いや俺は毎日の生活に追われて、あるいはカーちゃんにドヤされて
そんな余裕?のある考えなど浮かばないよ
もしそうなら黙って家出を なさい。
そうすれば少しは自分の立ち位置を見直すことができるだろうし
家族も父親の存在の大きさにきずくでしょう。
つまり目標の前に行うべきことは「周りに対しての我儘」です
それくらいの我儘が出来なければ自分の目標など実現できるわけは
ありません。

我々は日々この狭い島国「日本国」に住んで生活をしています。
田舎の場合は別ですが、都会に暮らしていれば
毎日通勤で混んだ電車に乗り、仕事場では大勢の人に囲まれています。
なかなか自分個人のプライバシーを守るのも難しい状況だと思います。
けれどよく考えてみてください
自分は何のために産まれ、何のために生きているのか。
私が提唱するのはずばり「我儘な生き方」
これです。

人それぞれ生活環境も違えば職業も異なる
これ当たり前のことです。
私で良ければいつでも相談相手になります。
いかに生きるべきかを話し合いましょう。
その勢いで車も買ってください。「笑い」
今 私の前の愛車、ベンツSL55AMG
これを販売しています。価格は330万
でもこのウエブをご覧の方であれば295万税込みで販売します。
新車時の価格は1700万円でした。
これくらいならローン組んで買えませんか?
楽しい時間を作れることを約束します。
フロントマスクは後期型のフェイズ2
ホイールは AMGスタイリング4の 一番高価なもの
パイオニアのフルセグナビ付き
トランクにはカーボンのスポイラー付き
ヤナセなどで100万以上のお金を使っています。
つまり完璧な状態です。

CIMG3738.jpg
CIMG3736.jpg
CIMG3740.jpg

SL55AMGと SL63AMGの比較
現在の私の愛車のオープンカーは、SL63AMG
この車です。
FullSizeRender (13)
FullSizeRender (14)
FullSizeRender (12)
FullSizeRender (15)
FullSizeRender (16)

私は元々SLは白が欲しかったので、このSL63を見たとき
内装もベージュなので気に入りました。
ただ、SL55の次のモデルですが、内容は全然違います。
SL55が 5500ccにスーパーチャージャーを付けて500馬力
SL63はノーマルの 6300cc それで530馬力
ミッションは SL55が普通の5速
SL63はクラッチがセミオートマでフェラーリのオートマなどと同じような直結型
私はSL63のほうがより速いかと思っていましたが
実際はSL55のほうが加速が良い
しかもSL63のオートマはすごく使いずらい。
停止している状態で普通ならクリープするわけだが
一旦パワーが抜ける。
なので発信の時ショックが大きい。
確かに加速中のパドルでの変速の応答性は良いけれど
SL55の普通のオートマで十分。
何かおかしいのかと思い、専門の工場に入れミッション降ろして点検修理したけれど
異常は無し。乗り味も変わりなし。
なのでSL63はドイツのアウトバーンのような場所でパドルで変速を行い
加減速を楽しむ、かなりスポーツカーの要素が大きい車。
つまり街乗りには向かない。
それを買ってみて知りました。

なので私はSL55のほうをお勧めします。
いつでも試乗を受け付けます。
045-663-4660 フロントしのもとまで。
比較したいならSL63にも乗せますよ。




プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク