8月はいっそ、一か月まるまる休みにしてしまえ。

皆さんおはようございます。

働きアリと揶揄された日本人の勤勉さは何時の間にか消え
週休二日以外にも国民の休日が山ほどある日本です。
では欧米はどうなのか?
有名なのがイタリア。
彼らは当然のごとく、8月はほぼ丸一か月バカンスに出かけます。
バカンスに出る余裕のない人は家で友人を呼んでバーベキュー
勤勉なドイツ人でさえ、ほぼ2週間は休みをとります。
比べて我が日本国
現在お盆休みの最中ですが、
大体、13日から15日まで。
その前後に休みをとっても、5日から6日位。
私は冒頭でも言ったように
年間の祝日を全部8月に持ってきて、8月はまるまる休みにすれば?
そうすれば休みの計画も念入りに立てられるし、
他の月とのオン、オフがはっきりするだろう、そう思います。

人生を楽しむためには、お金と時間
これはどうしても必要です。
それをどうやって工面するのか?
この簡単では無い命題を私は皆さんとともに、これから少しずつ解いていきたいと思います。

私のお客様に誰でも名前を聞けば知っている会社の社長がおります。
彼の総資産は 約100億
庶民のレベルとはかけ離れています。
但し、その代償としてほぼ毎日朝から晩まで仕事に追われる毎日。
唯一の息抜きが日曜日のドライブ
と言っても、会社から遠く離れるわけにいかず
渋谷辺りをうろうろ。
良くオープンカフェでお茶をするのですが、
話題は人生何が幸せなのか?
という命題。
彼はお金があるけど時間は無い
私はお金は(資産は)無いけど時間はある。
どっちが幸せか? という話です。
なかなか結論は出ませんが、
理想はお金もあり、時間にも余裕がある
こんな人生ですよね?

でもよくよく考えてみると
お金もそう、時間もそう
それらをいかに有効に意義のある使い方をするのか
この智慧があり、実行する行動力が無いと、せっかくのアドバンスが
台無しになってしまいます。

良くあるのが、資産家に産まれたのに
親の代を上手く受け継げず
浪費して最後は食いつぶすパターン
そう、お金と言うもの何もしないでいると減るのは速いのです。
増やすのは大変だけど。

なので私はこう定義したいと思います。
お金はよほどの智慧、実行力、あとは時期的な運、
これが無いと貯めるのは難しい。
けれど時間はサラリーマンであっても、有る程度は作ることが出来る
その貴重な時間を出来る限り」有効に活用する
これが出来る人を私は
「タイム プロフェッサー」
日本語で言えば、時間の教授と呼びます。
いきなり教授では難しいでしょうから、始めは助手くらいから始めてみませんか?
おそらく時間を上手く使える人が、お金持ちの扉に一番近いと思います。

出来ることからやる、これがベースです。
万里も一歩の歩みから、
これを忘れずにいましょう。
プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク