DETOMASO PANTERA

皆さんおはようございます。

私は常々、当社で販売する車は遊びの対象であると。
ならば走らせて楽しい車で価格もリーズナブルなもの。
壊れにくく、メンテも楽なもの。
最後に人目を引く何かを持っていること。(デザインとか)
これらが最低限の条件だと思います。

その理屈から言えば、
ディノなどはかなり高い確率で当てはまります。
但し、最近のディノは7~8年前から無用な価格高騰を受け、
並みの状態でも3000万以上、サラリーマンにはおいそれと手が出なくなりました。

私はこの年代の趣味の対象となる車を販売する立場として、
”出来るだけ大勢の人々に70年代の車が持つ楽しさを分かって頂きたい”
そういう思いで仕入れに工夫を凝らしてきました。
勿論、車の仕入れに関して、程度には十分の自信があります。
何しろ42年間も同じ仕事に携わっているわけですから。
但し、価格に関しては私の一存ではどうにもなりません。
ディノにしろミウラにしろ世界価格が標準になっています。(日本の相場ではなく)
そこで私は、ズバリ1000万以内、あるいは1500万位までで
楽しくて、持つ喜びを得られる車を探しました。
その一台が今回紹介するデトマソ パンテラです。

この車は私が先程述べた買うべき要素を全て備えている車です。
今は無き、ギアーデザインのスタイルは簡カッコよく
心臓部であるフォードのV型8気筒は、
野太いトルクで低速からドライバーをバックシートに押し付ける加速を味わわせます。
メンテナンスも他のフェラーリ車と比べたら、コストは半分以下
最後は値段です。
比べたら328あたりかもしれませんが、最近はGTBで1500万以上と
異常な値段を付けているのに比べて、
このパンテラは1200~1500万
はっきり言って328よりも、走らせたらこのパンテラの方が面白い。
私は今まで何十台と328GTS,GTBを販売してきましたが、
なんでもっと早くパンテラの良さに気づかなかったのか?
そう思うこの頃です。

下のパンテラは、エンジンチューンをアメリカで行いました。
エーデルブロックのエンジンブロックに、
ホーリーの大口径のキャブを装着しています。
モデルは1972年の欧州仕様

横浜では剥離全塗装、内装全部の新規製作、足回りもクリーニングと
必要な事はすべて行って、価格は1500万+消費税です。(1620万)
パンテラ最大の特徴のリヤーフードを開けるとエンジン、ZF製のミッションが丸見え、
これは誰でも感嘆の声を上げるでしょう。
おまけにエンジン始動はセル一発。
かなり野太いサウンドが周りに響きます。
是非、現車をご覧下さい。
いつでも試運転OKです。
オプションでパワーステアリングも付けられます。
DSCN1055.jpg
DSCN1056.jpg
車高が高いのはこれから修正します。
マフラーもGTS仕様のものに交換
パンテラは部品は何でも直ぐに供給OKです。
DSCN1057.jpg
DSCN1060.jpg
DSCN1061.jpg
DSCN1062.jpg
国内未登録、車検新規3年付きです。
詳しくはフロント
しのもと、 045-663-4660まで。

パンテラはもう一台あります。
こちらは8月に登録済み、
先月私が軽井沢でラリーに参加し全ての行程を走りました。
驚いたのは帰りの関越自動車道が20キロの渋滞でしたが、
水温、エンジンの安定など、ビクともしなかったこと。
私の中で非常に評価が上がりました。
pantera-2016-b.jpg
pantera-2016-c.jpg
pantera-2016-d.jpg
pantera-2016-e.jpg
こちらもホーリーキャブなどエンジンチューニング済みです。
価格は税込み1100万です。



プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク