日本人としてのプライドは捨てたのか?

皆さんこんにちは。

年末になると恒例の「忠臣蔵」が必ずといって良いほど
テレビで放映されます。
私は歴史ものが大好きで、例えば織田信長から始まる
戦国時代の群雄割拠の時代など最高に面白く感じます。

勿論当時の武士からすれば死ぬか生きるかの大事でしょうが、
その後の徳川時代の天下泰平の世の中と比べると
知力、体力の優れたものだけが生き残るという
ある意味サバイバルゲーム。
それだけ彼らにはある種、やりがいがあったでしょう。

だからこそ江戸時代の中期
皆平和ボケしている時代に、亡き殿の無念を晴らすという
「忠義者」は、かなり新鮮なインパクトの強い事件として映ったと思います。

さて、話は現代に移ります。
そんな事件があった日から数えて、早くも400年が経過しました。
その間、日本は明治天皇の元、立憲君主制になり
ようやく民主主義の第一歩を踏み始めました。

ところが今の北朝鮮の指導者のような目の前の事しか目に入らない(大局観が無い)
軍部の主導の元、太平洋戦争を始めました。
その時の、泣く子も黙る天下の号令とは
「天皇陛下の御身の為」
この旗印を自分たちの思惑と上手くすり替えて、
何の罪もない日本国民を大量に死に追いやった訳です。

それで、戦後指導的な立場にあった政治家たちは「反省したのか?」
勿論、何処をどれくらい反省しなければならないかは少し考えれば判る事。
けれど私から見て、戦後の日本人は「敗戦の負い目を未だに引きずって」
「魂の抜け殻のような国の人間」
そんな風に見えてなりません。
つまり一本筋の通った「矜持」がどこにも見当たらない。
その最大の理由は「偉大な指導者」が現れないから。

その点、志半ばにして倒れた織田信長をはじめ、
その意思を継いだ豊臣秀吉、
それを更に堅固なものとした、徳川家康らは偉大です。

それを現代にあてはめたら、
ロシアのプーチンは豊臣秀吉、対する安倍さんは伊達政宗というところでしょうか。
つまり器の違いという奴です。
日露不可侵条約を一方的に破り、満州に大量の戦車で侵略し
民間人をも殺し、日本軍の兵隊はシベリアへ強制労働に従事させる
おまけに北方4島も略奪し、いまだに返す気はサラサラない
そんなロシア人に対して、安倍さんは経済協力という飴を差し出して
ご機嫌伺いをする。
当時の満州の日本兵たちが聞いたら怒り爆発でしょう。

つまり日本人は、ポツダム宣言を受諾して昭和天皇が
「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び」
ここから魂を放棄したようなものです。

その具体的な例が私の仕事関連で言えば レースのF1
今、常にトップのあたりで戦っているチーム
ご存知ですか?
レースカーはエンジンがほとんど勝敗を握るのは今も昔も同じ
だったら、ホンダはどうした? トヨタは出てないの?
日産はエーちゃんのコマーシャルだけで満足なのか?
そういう話です。
ちっぽけな田舎のメーカー(マラネロは本当にそんなとこ)
フェラーリにも勝てないでいる。
ドライバーを二人ともワールドチャンプ連れて来てもダメ。
フェルナンド アロンソと ジェイソンバトン。
これを見ても解るように今の日本人は「ひ弱い」
我々は、まずこの事実を自覚するべきです。

今、方針転換をしなければ、
益々、日本は「しぼんでいく」 国になるでしょう。
プーチンにお土産など渡す必要はありません、
早くロシアに帰って、ウオッカでも飲んでろと言えば良いのです。

プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク