体調管理は万全か?

皆さんおはようございます。

男が40歳を過ぎれば、強い危機感を持たねばならないのが
お金の管理と、体調管理です。
お金は天下の周りものとはよく言いますが、確かにその通りです。
但し、何もせず空から降ってくるものではありません。
当たり前のことですが、真面目に働いた分だけその報酬として会社から
或いは周りの人から与えられるもの。
其処には自分なりの知恵と努力が反映されます。
お金の話は次回に回すとして
今日は体調管理の話です。

手本になるかは微妙ですが、私は65歳になるこの頃でも元気な部類です。
好きなものは何でも食べれるし、ボーリングでもなんとか180台のアベレージを
キープしています。
基本はまず、「悩まない生き方をすること」
というと俺は様々な問題を抱えて悩みっぱなしだぜ
そういう輩もいるでしょう。
けれど人間、「病気以外」はなんとかできるもの、あるいはそれをこなしていくべきもの
であると私は思います。
よほど天から降った災いでもない限り。
その為に一番大事なのは何か?
「自己管理」これに尽きます。
人間40歳も過ぎればこの後1年や2年後の自分の在り方位見えてくるでしょう。
それを のほほんと見過ごさないで、「先を読む」それに見合う「行動」をする
これでかなり針路が定まるでしょう。
人世は大海原を航海するようなもの、
船長のかじ取りで何処へでも行ける、そう考えることです。

ところがここで一つの問題にぶつかります。
それは「病気」
よく言われる「健康管理」
規則正しい食事、睡眠、タバコ、酒など体に害を及ぼすものは避ける
これは常識です。
ところが遺伝子の関係かガンになりやすい人もいれば
暴飲暴食で自らの命をちじめてしまう人もいます。
なので賢い人は「健康診断」を定期に受ける。
これが大切です。

そういう訳で私は大腸の内視鏡による検査を昨日受けました。
少しさぼって3年ぶりです。
本当は50歳を過ぎたら毎年受けないといけないそうです。
理由は日本人の食の欧米化が進み、大腸ガンによる死亡率が数年かなり上昇していること。
肉が大好きな私も、勿論他人ごとではありません。
このブログの読者の方も数割は検査を受けたことがあるでしょうが
ここではまだ未体験の方にレクチャーの意味で説明します。

まずは診断を受け、検査日を決めます。
検査日の前日の午後くらいから絶食、水分のみを取ります。
検査日は午前中に与えられた下剤(約2000cc)を2時間かけて飲みます。
これが不味い。
しかも2リットル。500ccのペットボトル4本分です。
すると半分も飲み切らないうちから便意を催してきます。
私の場合家の近所の病院でしたので楽でしたが
仮に電車で行くか、車で行くかの場合、
突然お腹が痛くなって困る事になる確率が大きいです。
なので、心配な人は病院で飲んだ方が安全です。
すると10回くらいトイレを往復すると殆ど透明の水のようになります。
最後は仕上げの「浣腸」です。
妙齢の看護師さんいお尻をを向けるのは恥ずかしいものがありますが
検査の準備に必要な項目なので仕方ありません。
あとで聞いたら、これは肛門から炭酸ガスを入れて大腸を膨らませて
カメラが通りやすくするためだそうです。
私の行った病院は胃腸科の専門でしたので、多数の人が内視鏡の検査に
訪れておりました。
女性も多数。大半はおばちゃんですが。
あとは順番にベッドに寝かされ、麻酔を打たれます。
前回私が受けた、前立腺の時もそうでしたが、
麻酔の効き目は素早く、ものの3分もしないうちに意識が遠のきます。
目が覚めた時はもうすべてが終了というわけです。
ですので検査自体は痛くもなんともありません。
暫くして、医師の面談です。
モニターを見ながら説明を受けます。
幸い私は異常は見受けられませんでした。一安心です。

例えば人間ドックの場合でも、胃カメラはありますが、大腸検査はエコーの
診断のみです。
理由は先程述べたように準備が大変だから。
けれど、正確な検査を望むなら、やはり必要不可欠です。
是非皆さんにも定期的に検査を受けることをお勧めします。
健康な体があって初めて好きなk所とも出来る、
当たり前のことですが日常でつい気を緩めがちなことでしょう。


MG TFが売れて昨日納車してきました。
赤のGT40も売れました。
ようやく春先になって、動きが出てきたようです。
ここで私からお願いです。

長年動かしていない「不動車」を求めます。
車種はスポーツカーならどれでも。
是非情報をお知らせください。
プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク