FC2ブログ

10年間で何が進歩した。?

みなさん、おはようございます。

来週、14日の水曜日から、ホームページのトップに出ている
シルバーブルーの デトマソ、パンテーラの試乗会を行います。
会費は、1000円
勿論、私とのトーク時間も設けます。
殆どの方は、このV型8気筒のノスタルジック溢れる
エンジン音と、その豪快な走りは経験したことが無いでしょう。
実際は、想像を遙かに超える面白さ満点の車です。
昨年は私と相棒の遊佐さんとで、軽井沢のラリーイベントに走っていき
帰りの日曜日の「関越」のえらい渋滞ももなんなくクリアーしました。
やはり、車は走らせてみないと判らない、これを字でいく車です。
予約申し込みは、
045-663-4660
フロントのしのもとまで。
どしどしお電話ください。
今どき、プロの運転でパンテーラに 1000円で乗せてくれる車屋が他にありますか?
どうぞ、この機会をお見逃しなく。


下のブログは私が今から10年前、2008年にこのホームページで書いたものです。
何時の間にか時間は過ぎて、10年、15年はまるで、風のように過去になります。
大事な事は、それを踏み越えた今がどうかと言う部分、
小さな起業家が商売を起こして、僅か数年で店を会社をたたむことなど、日常茶飯事、
それを考えれば、1980年に起業して、曲がりなりにも38年間も持ち応えてきたのは
ある意味立派かもしれません。
但し、今日が有ったらと言って、明日が約束されているわけではありません。
残念な事に、我々は常に細いロープの上を歩いているようなもの、
下を見すぎても慎重になりすぎて、フラフラしてしまう、
反対に上を見上げてばかりいては、足元がおぼつかなくなる、
やはり、曲芸師のように真っすぐ前を向いて歩むのが正解
そのコツを習得するまでが人生の学びでしょう。
私も10年前は56歳、今は66、この10年間に何を学んだのかとよく質問批判されます。
その答えは、「多分殆ど変わってない」
情けない話です。
目じりの皺が増えて、髪の毛が後退したくらい、
けれど、幸い私はまだ元気に生きています。
皆さんもそうでしょう。
なので、ほんの1ミリでも良い、前に進みたいと思います。
このブログが何かのお役に立てれば幸いです。
2018年2月8日  鞍 和彦

我侭な生き方
今年の目標の補足説明。
確かに日経平均もさがりっぱなしだし、日本経済の明るい話題は無い。
官僚は自分らの権益を守ることしか頭に無く、国民の生活を守る意識はほとんど無い。
最近頭にきたのがガソリンの暫定税率とかいって、リッター25円も上乗せされているということ。

それもかなり前から。野党も今更ながらそんな話題を持ち上げるなんて不届き千万だ。
いまやハイオクは165円 25円下がったら140円だ。
今すぐに廃止しろと言いたい。勿論そのためには野党を私は応援する。

そんな混迷の時代だからこそ自分という人格、個性を考えなければならない。
今までのように他人の顔色を見てから行動では、いつまでたっても個性、人格を太らせていくことは出来ない。
周りの様子を伺うことより、自分が今何をしたいのか、何を欲しいのか、それを考えるべき。
また主張すべき。
それが廻りに派手に映っても、我がままに見えてもいいじゃない。
但し、それをするには条件がある。あるいは周りに対する事前の気配りだ。

私が一番嫌いなのが、自分の意見に女房が反対するからとか、家族がどうのとか、、、
だったらお前は一生女房のご機嫌でも取ってろといいたい。
誰が働いてお前らを食わせてるんだと。

つまり女と言う動物(あえて動物)の本質を理解してない。
女が喜ぶ、あるいは従うのは自分の意見に従う亭主ではなく、自分を心底、つまり心身共満足させてくれる相手かどうかだ。

ろくに女房の相手もせず、あるいは満足させず、自分の欲しいものをダダをこねるのはガキと一緒だ。
良く考えてくれ、自分のパートナーは何が欲しいのか、何を要求しているのか、SEXか?それも心のこもった。
別に毎晩しろと言うわけではない、手をつないで寝る、お休みのキスをする、ふれあいが女という動物には大事だということ。

あるいは美味しい食事をキレイなレストランですることか?たまには国内でも良い、何泊かの旅行でも連れていくことか?
それらの積み重ねが、亭主の言うことを聞く、あるいは亭主を立てることに繋がる。

つまりその日常の努力が我侭な事でも許される基盤になるのだ。私が言う我侭とはそういう意味。

人生一度きりなんだし、誰もが80歳まで生きられるわけでも無い。
しかもスポーツカーの運転と言えばある程度反射神経とかが必要になる。
金貯めて、気ずいたら老人ホームの玄関が見えていた、なんて滑稽だろう。
お金が足りなきゃローン組めばよい。金利も安いし。早く当社に買いに来てくれ。(これが本音)

2008年 1月 掲載
プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク