ミウラはとても乗りやすい車?

皆さんおはようございます。

タイトルの様に言うと、
大概の人はそんなことは無いだろう、、、と
にわかに信じようとしないのが普通です。
確かに乗りづらいミウラも過去に私は経験したことがあります。
けれどそれはくたびれて、かなりガタが来ているミウラの事。
これからお見せする、
しっかりと整備、あるいは調整がなされたミウラはとても乗りやすい
そう断言できます。

日本広しといえど、ミウラに今から44年も前から
今まで30台以上走らせた経験がある人間は私以外おりません。
私は皆さんにその車の性格をお伝えする際、
必ず平均値で伝えます。
たまたま乗る機会があったミウラが仮に整備不良で調子悪ければ
イメージダウンは避けられないですよね?
なので、最低でも10台以上、
其の平均の値に意味があるのです。

但し、この車の作られた時代背景
それをまず初めに考量しなければなりません。
時は1968年、
今から50年前の事、
その頃は、スポーツカーと言うとまずは性能第一
次は耐久性などまだ考慮されていない時代。
おまけに、燃料をエンジンに送る方法は勿論「キャブレター」
よく言えば全てが人間の管理下、
悪く言えば手作りの個体差が当然出ている。
なので、50年経った今、この車をまともに走らそうとするなら
「50年前の思考方法、また製作方法、」それらを
忠実に再現しなければなりません。
だから誰にでも出来る仕事では無いと言う部分があるわけです。

よく数百年前の仏像の修復と言う話を聞きますが、
その為には、現存している個体の緻密な精査、測定それらが当然必要です。
ミウラの場合、そこまでは古くはありませんが、
「動かない」仏像と違い、それらしく走らないと意味がありません。

よく私が口にする、「加速感」 等のフィーリングの部分です。
仮に、100年後ミウラは勿論生き残って博物館に入っているでしょう。
けれど動画をいくら見せられても、実際の「加速感」は
想像する以外他に方法は無いでしょう。
なので、「生き字引」の私がまだ元気なうちに「正しい復元」を
施したい。
それが私の理念です。

下記をクリックして動画をご覧下さい。
↓↓↓
ミウラとLP400のスタートアップを撮りました。
プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク