FC2ブログ

ギブリとの出会い

皆さんおはようございます。

前回、マセラティのギブリとの出会い、
そして初ドライブの瞬間がやって来たところまででした。
今でもそうですが、
運転したことの無い車に初めて乗ってエンジンをかける瞬間は、
慣れている私でも「ドキドキ」します。
どんなエンジン音か? 特に昔のキャブ車ではスムーズにふけあがるのか? など。
勿論、足車で毎回ドキドキしていては仕事に差し支えます。
なので何の心配も無く、同じように始動する
日本車などがベストです。
私は少し拘りがあってベンツに乗っておりますが。

このシーサイドモーターに入社する前、
私のドライビングスキルは”ホンダのN360”という軽自動車に始まり、
”ホンダ77 クーペ”その次が”トヨタの初代のセリカ1600GT”
ここまでは親のすね。
少し間を置いて買ったのが”ホンダ Z360” という軽自動車
リヤーウインドウが「水中眼鏡」のようなデザインのこの車は
何故か気に入って2台も乗りました。
そんな車で制限速度80キロの第三京浜道路を
私はアクセルペダルを床まで踏みつけて
100キロで走りました。

マセラーティ ギブリの初期型でも4700cc
後期型は 4900ccです。
フェラーリと比べるとエンジンがV型8気筒のせいか
トルク重視で、わりともっさりとした吹け上がり。
同時期、フェラーリは 365BTB/4  通称ディトナでしたが
フェラーリがレーシングエンジンとしたら、
マセラーティは気品はあるが角を隠した乗用車ぽい感覚。
ディトナが機能優先でダッシュボードも「布張り」だったのに対して
ギブリはメーターパネルからとにかく全部革張り
長屋育ちの私にどちらが「贅沢な車」に見えたかは言うまでもないでしょう

そう言うわけでガソリンを入れてくるよう命じられた私は、
興奮を抑えるように平然とした顔を装って
ドライバースイートに収まり、まずはクラッチを踏んでみました。
ペダルに張られたゴムは大きくストロークもかなりあります。
おまけにけっこう反力が強く重たい。
アクセルペダルも結構重い。
私は「大丈夫か? 本当に動かせるのか?」
と不安になりました。

おまけにかなり低いドライバーシートに座ると
ダッシュボードが高く、前がよく見えません。
おまけにギブリは超ロングノーズ
慣れない私にとって、最高に難しい車でした。
そうはいっても、トロトロしているわけにはいきません。
私は覚悟を決めて、小さいイグニッションキーをひねりました。
それはステアリングコラムでは無く、ダッシュボードに付いていました。
重たいセルが回ると、同じく重たいエンジン音がして
火が入りました。
低い独特のサウンドです。

続く




プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク