FC2ブログ

其処に「愛」は有るか?

皆さんおはようございます。

私の仕事は自動車の販売業。
つまり車は商品。
けれど新車のディーラーと決定的に違うところが、
売る商品は40年以上も前に作られた「中古品」であること。
年代で言えば、1970年代
すなわち今から40~50年も前に作られた自動車。

考えてみてください。
もし、貴方が45歳としたら、生まれた年は?
1974年
この年は、私が横浜のシーサイドモーターに入社した年。

だから私の車屋稼業は45年間。
自分自身でも、よくこれほどの長い年月続けてこれたと思います。
だからこそ、私が手掛ける1970年代の車には人一倍の思い入れがあります。
ディノ とか ミウラとか、ボクサーとか、、、、
もちろんカウンタックも。

現在当社が在庫している、 デトマソ マングスタ。
この車は 1969年生まれ。
つまり御年、丁度50歳
すごいですよね。
私はこの車が当時、ジュネーブショーで発表され
カーグラフィックの表紙になったのを見ました。 (1969年)
私がまだ学生の頃、
世の中にはこんな綺麗な格好良いスポーツカーがあるんだ、、、
と紙面を見ながら思いました。
正に、憧れ以外の何物でもありません。

でも現実とは意外なもので、
今、当社のガレージには黄色のマングスタが
実物大のオリジナルとしてあります。
私がこれを買いたかった理由は、前に述べたように「夢の車」だったから。
皆さんも同じように、夢の車があるかもしれません。
けしてそれを諦めないことです。

私はこの車を買いに、わざわざシカゴまで飛びました。
もちろん、恒例の試運転もしましたが、
残念ながら「レストア済み」とのセールスコピーは嘘だったと
日本に持ち帰り分かりました。

ここからが大事なポイントです。
50年も時間が経っているから仕方が無い
私はこの意見には反対です。
時間が経っているからこそ、もう一度新車のように復元したい。
これが私の「自動車 愛」です。
世の中、沢山の自動車屋があります。
果たして、何割の人がその商品である自動車に「愛」がありますか?
そう問いたい。

結果、私はこの貴重なスポーツカー(現存、250台)を
自分の手でもう一度、修復することにしました。
それが私のマングスタへの愛です。
来週には作業が終わります。
もし、当社の自動車への「愛を」見たい方がいらっしゃいましたら
お越しください。

mangusuta mar 1
mangusuta mar 2
mangusuta mar 3
mangusuta mar 4
mangusuta mar 5
mangusuta mar 6
mangusuta mar 9
mangusuta mar 10
mangusuta mar 11
mangusuta mar 12
mangsuta-2019-13.jpg
mangsuta-2019-14.jpg

もちろん、この年代の車であれば、スポーツカーとは言わず
レストアを引き受けます。
現在、ミウラ1台 365BB LP400カウンタック と3台の
フルレストアを行っております。
お問い合わせください。

045-663-4660
フロント しのもとまで。
(朝9時~午後4時まで)

プロフィール

CASTEL AUTO

Author:CASTEL AUTO
「子供の頃から純粋に車が大好きだった」

そんな無邪気な少年は自然の成り行きで1974年伝説のシーサイドモーターに入社。
46年経った現在も車に対する愛情と情熱は冷めやらぬまま
今日もひたむきに走り続けている。

キャステルオート
鞍 和彦

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR