FC2ブログ

”Dino”2連発

皆さん おはようございます。

今日は皆さんも、そして私も大好きな 「Dino」の紹介です。
ひと昔前、
この車は手軽なミッドシップスポーツカーとして人気がありました。

理由は。。
1, ボディサイズが小さいので日本の道路事情に合うこと。

2, 全体が丸みを帯びたピニンファリーナのキュートなデザインが
奥さん連中に受けて、旦那の購買意欲に水を差さなかったこと。

3, 2400cc6気筒というエンジンのキャパで、
ブッ飛ぶ車ではないからと安心して買えたこと。
(実際、このエンジンはかなりの高回転型で、
慣れた人が上手に扱うと非常に面白い)

4, 最後に、他の12気筒と比べたら価格が割安だったこと。

当社では今まで毎年このディノを平均3~4台は販売しておりました。
(今から10年くらい前は大体300万以下だった)
※勿論レストアする場合の金額は異なります。
以上がディノの人気を支えていた理由。

ところが昨今、ビンテージフェラーリの異常なまでの相場高騰化により
比較的割安だったディノにも、ついにその波が押し寄せてきた。
残念ながら現在ヨーロッパなどでは、4500~5000万が相場になっている。
2シーターで比較して、デイトナは8000万以上
512BBで4500万くらい
比べてもディノのポジションが高いのが分かる。
台数が比較的多いにも関わらず。(総数3500台くらい)

しかしそうは言っても、このフェラーリという代物、
全世界を股にかける貴金属と同等の価値がある。
つまり世界中、何処に出しても価値があるゴールドみたいなもの。
なので、過去は過去として潔く割り切り、現状に目を向けるべき。
私の個人的な憶測では、5000万円を平均水準として落ち着くであろうと思う。

これを高いと言ってしまえばそれまで。
私としては、それを乗り越えて来られる新しいお客様を待つ。

まずは、ディノ246 Lタイプ
特殊なクーラー付き

dino L type bill-1
dino L type bill-2
dino L type bill-3
dino L type bill-5
dino L type bill-6
dino L type bill-7
dino L type bill-12

次に GTSだ。
dino246gts bill-1
dino246gts bill-2
dino246gts bill-3
dino246gts bill-4
dino246gts bill-5
dino246gts bill-6
dino246gts bill-7
dino246gts bill-8
dino246gts bill-9
dino246gts05688-1.jpg


この2台の詳細は直接会社に問い合わせしてほしい。
(価格、その他)
ただし、この2台はお金さえ出せば現実的に手に入る。
045-663-4660 フロント しのもとまで。
午前9時~夕方4時まで。

比べたら明日横浜港に入る、365GT2+2 がめちゃ安いと私は思うが。
365GT 2;2 2019 feb-2
365GT 2;2 2019 feb-4
365GT 2;2 2019 feb-5
365GT 2;2 2019 feb-6

この車は来週末に保税から出すから、連休明けにでも見に来てくれ。

プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク