365GTC/4

皆さん おはようございます。

今日は私のお気に入りの1台を紹介、説明したいと思います。
フェラーリの365GTC/4 です。
この車との出会いは今から37年前、私がシーサイドモーターに
在籍していたころにさかのぼります。
シーサイドでは正規のランボルギーニ、マセラーティの輸入業務のほか
いわゆる並行輸入の形でフェラーリも多数入れておりました。
365GTB/4 通称ディトナとか、365GT4BB、308GT4
308GTB(新車でファイバーグラスボディのモデルです)
そしてこの365GTC/4も5台中古として入れました。

365GTC4 2012 may 1

それ以前のディトナなどいわゆる硬派なイメージが強かったフェラーリにあって
このGTC/4は比較的扱いやすい、マイルドな印象を受けました。
その一番の理由はエンジンの特性と、パワーステアリングにあったと思います。
フェラーリのパワーステアリングはこれの前身の365GT2+2で採用され
このC/4にも受け継がれたのですが、今と違い機械式の油圧式でしたが
あるのと無いのとでは全然ステアリングの操作は違いました。
つまり軽いのです。
これと正反対がディトナです。
この車は静止状態のいわゆるすえぎりでは、ステアリングは岩のように重く
女性では絶対に無理です。

365GTC4 2012 may 3

それと意外とコンパクトなボディサイズでもあったので、運転していて視界が良く
私は結構気に入りました。
その結果5台の内3台を売りました。

365GTC4 2012 may 4

しかもエンジンとミッションが直結のレイアウトですので、
シフトも節度があり、良い感じで操作ができました。

365GTC4 2012 may 7

365GTC4 2012 may 8

その印象はそれから30数年を経った現在でも変わっておりません。
そのように長年の時間が経っても良い印象が変わらず、古さも感じさせない車が
名車と言えるのです。

365GTC4 2012 may 2

365GTC4 2012 may 5

今どきのマフラーチューンのような音ではなく、長いマフラーから出てくる
排気音は官能的の一言です。
つまり最高です。
私が好む理由もそこに半分以上はあるとも言えます。

今回、画像で使っている珍しいグリーンの個体はヨーロッパにありますが
売り車です。
大体 1500万くらいです。
問い合わせ下さい。きっと気に入ります。

365GTC4 2012 may 11

365GTC4 2012 may 9

365GTC4 2012 may 6

お問い合わせは フロント しのもとまで。
045-663-4660
プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク