FC2ブログ

パンテラの事を誤解してないか?

皆さん おはようございます。

私とパンテラとの付き合いは古く、
今から40年以上前の1975年頃にさかのぼります。

当時、私はやる気満々の新米営業マン。
「どんな車でも売るぞ」と気合充分でした。
おまけに売るべき車は、トヨタのカローラではなく
イタリアメイドのバリバリのスポーツカー。
その中にパンテラが含まれておりました。

よく誤解されるのが、
パンテラはアメ車ではないか? という質問
事実は全く違います。
創業者のアレッサンドロ デ トマソ氏
アルゼンチン出身の元レースドライバー。
彼がアメリカ人のお金持ちの女性と結婚し、
自身のスポーツカービルダーの夢を叶える為に
イタリア、モデナに工場を構え、創業したのが始まり。
正に車好きの「男の夢」
それも嫁さんのお金を資金にして!というところが私好み。

最初は小型の デトマソ バレルンガ
次に 私の大好きな マングスタ
アメリカのフォードと提携して、アメリカ各地のフォードディーラーに
販売を委託して大ヒットしたのが、このパンテラという訳。
勿論、エンジンは当時の汎用のフォードエンジン。
なので、最初の頃はスタイルはともかく、エンジンのパワーは低かった。

しかし、車大好き帝国アメリカ人は黙っちゃあいない。
たちまちエンジンをチューンアップして、
一流のスポーツカーに仕立て上げた。
だからアメリカンV8を舐めたらいかん。
私が毎年行く、モントレーのラグナセカサーキットでも
ACコブラであれ、マスタングのGT350とか
フェラーリ、ポルシェなんか眼じゃないくらい速い。

だから私も今回のパンテラを初めて走らせた時、
「こんな速かったっけ」
これが第一印象。
しかもシフトはレースにも使っていた「ZF] 製
これが軽く、しかも確実に決まる。
しかもエンジンヘッドは「エーデルブロック」というチューニング部品
極めつけが「Horry」ホーリーの大口径キャブレター
燃費を気にする奴は電気自動車でも乗っていろ!!
それらの複合でこのパンテラはメチャ速くなったという訳。
このユーチューブを見ればよく分かる。

おまけに当社のメカの努力で、夏場のクーラーも驚くほど冷える。
パンテラの欠点の1ヶ月置いておくとキャブの燃圧が下がり、
エンジンがからなくなるのを回避するため新たに電磁ポンプも新設した。
そして一番大事なお値段。
今回は決算特価で大奮発する。
ウエブの広告では1250万に消費だが
850万に消費税 !!
おまけに2年継続車検付き
そして最後に大大サービス!!
納車から、3か月間 完全補償を付ける。
ただし、クラッチのすべりだけは勘弁してくれ。
その代わり、初めにドライビングレクチャーは徹底して行う。
今どき、こんな大トルクの車も無いからね。
まずは来社して、車を見て、私の隣に乗って体感してくれ。
全てはそこからが始まりだ。
pantera-2019-1 (2)
pantera 2018-nov-2
pantera 2018-nov-1
pantera 2018-nov-3
pantera 2018-nov-4
pantera 2018-nov-5
pantera 2018-nov-6

アポイントは
045-663-4660
フロント しのもとまで。

スマホでも見られる新規ホームページは、
こちらのQRコードをクリック!

※本日も新たに1977年当時のカウンタックの画像を
アップ致しましたので、ご覧下さい。

QR.jpg








プロフィール

CASTEL AUTO

Author:CASTEL AUTO
「子供の頃から純粋に車が大好きだった」

そんな無邪気な少年は自然の成り行きで1974年伝説のシーサイドモーターに入社。
46年経った現在も車に対する愛情と情熱は冷めやらぬまま
今日もひたむきに走り続けている。

キャステルオート
鞍 和彦

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR