FC2ブログ

ディノは買うべきか、待つべきか

皆さん おはようございます。

コロナの時代に買い物?
周りの視線が気になる?
俺だけ浮いてしまうんじゃないか? 等々。。
それは他人の視線が気になる小心者の言う言葉。

逆に言えば、小心者のままでは死ぬまで我慢、我慢を繰り返す。
「貴方はお墓の中で、骨になってから後悔しますか?」
ゴーストライダーでは有るまいし、人体標本のような骸骨がディノを走らせる?
それはそれで話題にはなるでしょうが。
まぁ、それはジョークとして置いといて。。

人間、運転に必要な動体視力は加齢と共に衰える。(反射神経も)
なのでスポーツカーの運転に適する年齢は40~50歳位だろう。
特に、最新のフェラーリ、ランボルギーニは、
貴方もよく知っているように、アホみたいな馬力を出す。
メーカーのカタログデーターが400馬力以上は当たり前
最高スピードは300キロとか それ以上とか。

前回F40の話を書いたように、
時速300キロと言う世界は人間の制御出来る範囲を遙かに超えている。
なので、F 1のドライバーとかインディで2度優勝した佐藤琢磨は「超人」レベルだ。
だからスーパーライセンスを持っている。

「貴方はそれと同等の資格、身体能力、判断力等の頭脳、経験値など有りますか?」

ほぼ100% 無いよね。
にもかかわらず、高性能なポルシェ、しかも私がいつも批判するレース用を
公道仕様に改造した GT3 RS
これを東京の湾岸高速(といっても最高速は80キロ制限) 
ここで一般車に追突し、相手を死なせた馬鹿男
事故後のセリフが「スピード出し過ぎちゃった」
そんな反社会的な行為をする良い年をしたおっさんに、
はいどうぞ、とお金さえ出せばもみ手で売る販売店も同罪だろう。

おまけに最新のスポーツカーは全部セミオートマクラッチレス、
マニュアルシフトのシフトレバーもない。
だから誰でもアクセル踏めばスピードは出るし自分の運転が上手くなった気になる。
これは他のドライバーにとって大きな迷惑ではないのか?

運転へたくそでも真っ赤なフェラーリで後ろから迫られたら
さぞかしこのドライバーは上手な人かと勘違いして道を譲る。
すると、ますますヘボな奴に限って助長しアクセルを踏もうとする。
それが自分の唯一のアイデンティティの証明とばかりに。
つまりよく言う「車に乗せられている」状態なのだ。

このサイトを見て頂いている方々は私と同じ常識人だと思う。
ならば何をお勧めするか?
当然1970年代のヴィンテージスポーツカーだ。
マニュアルミッション、キャブレター、パワステもないし、クーラーも弱い
そこをあえて拘って乗るのが本当の車好きだ。

その代表格
当然という言葉がふさわしいのが 「Dino」だ。
わずか190馬力、けれど想像以上の快感でエンジンはふけ上がる。
ピニンファリーナの御大は自社でデザインした最高の傑作と言ったとか
クラッチ、ステアリング、シフト、ブレーキ
全てがバランスよくしかも操作が軽い。

唯一文句があるとしたら、ここ数年の価格高騰だ。
以前はと言っても1980年代は、せいぜい1500~1800万
現在は 平均でも4500万は出さないと買えない。
当社では何台もフルレストアを行っているが、その予算は約2000万円
足すと幾ら?
なので、私は素材の良いものを選んで
私のセンスでお客様にできるだけ負担がないような整備、改修を試みる。
これがお互いの信頼関係の第一歩だからだ。

まずは「本当に欲しい」「自分のディノを買い死ぬまで持っていたい」
そう思う人がいたら、私を訪ねてくれ。
期待を裏切ることは絶対に無い。
現在、今年の春に売った3台のディノを仕上げている。
その現物を見れば私の意図が分かるよ。

dino_246gt-6.jpg
dino_246gt-Ltype GB-1
dino_246gt-Ltype GB-2
dino_246gt-Ltype GB-4
dino_246gt-Ltype GB-5
dino_246gt-Ltype GB-7
dino_246gt-Ltype GB-6
dino_246gt-Ltype GB-8
dino_246gt-Ltype GB-9
dino_246gt-Ltype GB-10
dino_246gt-Ltype GB-11
dino_246gt-Ltype GB-12
dino_246gt-Ltype GB-13
dino_246gt-Ltype GB-14

ディノは幸い、その人気で当時としては異例の3500台程が作られた。
なので、選択範囲は広い。
まずは私に相談してくれ。
それが唯一この日本でディノを買うべき相手だと断言する。

コンタクトは 
045-663-4660 
もしくは問い合わせメールから連絡ください。
castelauto@hotmail.com

これは10年以上前にインタビューされた時のもの、
ディノと、スーパーカーの生き証人 !!
だったら今はもう「仙人か」

kura -1 (2)
ディノが5台くらいガレージに入っている。
kura -2 (2)



プロフィール

CASTEL AUTO

Author:CASTEL AUTO
「子供の頃から純粋に車が大好きだった」

そんな無邪気な少年は自然の成り行きで1974年伝説のシーサイドモーターに入社。
46年経った現在も車に対する愛情と情熱は冷めやらぬまま
今日もひたむきに走り続けている。

キャステルオート
鞍 和彦

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR