FC2ブログ

ディノの 選び方

皆さんおはようございます。

ディノはご存じと思いますが、
1968年にリリースが始まった、206
次に、1969年に 246 L
70年からは   246 M
72年には最後の 246 E 
それと併せて トップが取れる GTS
このように、クーペで 4種類
GTSで 1種類と
合計で5種類のモデルがあります。
しかも1972年からはクーペ、GTSともに USAモデルを作りましたので
合計すると 7車種もあります。

なので一口にディノを買いたい
そう言われても何年のどのモデルが希望なのか
またUSAモデルも数が多いよという話です。
まず、値段からお話ししましょう。
この7種類の中で 一番安いのは?
1972年から発売された USAモデルの246クーペになります。
その殆どは Eタイプです。
その特徴は ワイパーが前期の観音開きから現代仕様の片側に2本が移り
エンジンも当時の排気ガスをクリアーするためのエアーポンプが付きます
最大の外観の違いは
4隅にサイドからの車の存在を知らせるリフレクターが付くこと
フロントのマーカーレンズがボディに沿う平面から
少しえぐれた角形になります。
フロントバンパーも前期のくわえ込みタイプを止めて、側面に沿った
短じかいタイプになります。

但し、運転フィールはヨーロッパ仕様と比べて殆ど差異はありません。
しかし日本ではこのUS仕様の外観が人気が無く
敢えて、板金などを施してヨーロッパ仕様に替えた車も多数有りました。
費用は約100万はかかります。
これが一番安いディノの概要です。

この車は最初期に作られた M型のUSモデル
なので、ワイパーも観音開き、バンパーも前期型の加えこみになっている。
フロントのマーカーレンズが平面で無く 4角になっているのがわかる?
dino red 2020-1
このように、前後左右にリフレクターが付く
これらは夜間は照明が内蔵されていて、側面からも車の存在が解る仕組みだ
dino red 2020-2
リフレクターが4角なのがよくわかる
dino red 2020-3
dino red 2020-4
テールレンズが全部赤いのに注意、これがUSの特徴 普通は左右は黄色のレンズ
また、大きな反射板が付いているのがわかるよね?
これもヨーロッパ仕様には無い
dino red 2020-5
エンジンの上の方のヘッドカバーに注意
丸いダイヤフラムが付く
これはUSだけ。
目的は冷感時にアイドリングを自動的にアップさせるため
少しでもクリーンな排気を狙ったわけだ。
dino red 2020-6
メーター類は USの基準に合わせて、スピードはマイル表示
各温度計は 華氏(F)の表示になる。
また、ステアリングポストにUSだけ 車体番号のマークが入る
dino red 2020-7

次回は 最初期の206の解説をする。
何か質問があれば、メルアドに問い合わせして下さい。
あまり自慢は良くないが、ディノのことを100%知っているのは
日本で私一人だけだろう。
だから私からディノを買う意味がある。





プロフィール

CASTEL AUTO

Author:CASTEL AUTO
「子供の頃から純粋に車が大好きだった」

そんな無邪気な少年は自然の成り行きで1974年伝説のシーサイドモーターに入社。
46年経った現在も車に対する愛情と情熱は冷めやらぬまま
今日もひたむきに走り続けている。

キャステルオート
鞍 和彦

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR