FC2ブログ

Fiat Abarth

皆さんおはようございます。

キャステルは、ミウラ、F40のような 億超えの車ばかりを専門にしているわけでは
ありません。
リーズナブルなところでは、308GTBのキャブレターなどは得意ですが
個人的にはいわゆる「虫系」 の小型車も好きです。
以前は フィアットの850スパイダーを所有し、ラリーイベントに出ておりました。

fiat-4_202101111258210d5.jpg
fiat-3_20210111125820b31.jpg

fiat-5_202101111254320a5.jpg
fiat-6.jpg
fiat-7_2021011112543507b.jpg
fiat-1_20210111125437b98.jpg

今日紹介するのは同じフィアットでもアバルトと名が付く
コンペテションモデル。
その小柄でかわいいスタイルで日本人には人気の高い車です。
ボディ、Z47
シリアルナンバーは 577535
1959年の4月に製造されたこの車は、当時のミレミリア、タルガフローリアなどに
出ていた可能性が高い車です。
アバルトのワークスカーとして。
但し、それを証明する資料はありません。
なので、夢を見ることも大事かと思います。
特徴としては、
フロントのディスクブレーキ
レース用のサスペンション
多くのコルサ仕様など、レコードモンツアに見られる特徴を持っております。

1959年という事は、今から62年も前。
そんな古い車を今の時代にまともに走らせるのが、意味が有ることと思います。
そしてそういう仕事を請け負うのが、キャステルの誇りです。
もし私と共に、「車で遊ぶ」 それを楽しめる人がいたら是非お声がけ下さい。
ラリーイベントにはぴったりです。

abarth 2021-1
abarth 2021-2
abarth 2021-3
abarth 2021-4
abarth 2021-5
abarth 2021-6
abarth 2021-7
abarth 2021-8

お問い合わせは
045-663-4660
フロント しのもと
もしくはメールで。
価格は 1275万円 プラスTAX

また、上の850スパイダーを希望の方がいましたら、お声を掛けて下さい。



プロフィール

CASTEL AUTO

Author:CASTEL AUTO
「子供の頃から純粋に車が大好きだった」

そんな無邪気な少年は自然の成り行きで1974年伝説のシーサイドモーターに入社。
46年経った現在も車に対する愛情と情熱は冷めやらぬまま
今日もひたむきに走り続けている。

キャステルオート
鞍 和彦

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR