輝ちゃんの奮闘記最終回

みなさんおはようございます。
今日は七夕ですがお天気はいまいちのようです。

前回まで日曜の夜、東京の繁華街をカウンタックを探して
輝ちゃんと愛車のロータスヨーロッパで走り回ったところでした。

池袋で仲間のカークラブの連中から有力な情報を得た我々は
新宿方面に向かい、靖国通りと明治通りの大きな交差点で信号で
停まったところまででした。

今考えると、これには不思議な ちからというか、人間の努力を超える何か
別のものを感じます。
日常生活でたまたま出先で知り合いに会うことはありますよね。
でも仮に探している相手がその日のうちに、しかも広い東京の中で
自分の目の前に現れる確率、
それは宝くじを当てる確率よりも少ないのではないでしょうか?

いわば輝ちゃんも、私も非常に運の良い男と言えるでしょう。
しかもその運を味方につけ、それを逃がさない行動をとったのは
私では無く、輝ちゃんでした。

普通の人で逃げるカウンタックを追い
リヤーウイング越しにエンジンフードの上に自分の危険も
顧みず飛び乗る人がおりますか?

私はまずいないと思います。
でも彼はそれを実行してみせました。
昨日も彼のガレージに行くことがあり、その当時のことを話ししましたが
逃げるカウンタックを捕まえたい一心で無我夢中だったと。
でもいくら100万の懸賞金がかかっていたとしても
誰でもできる行動ではありません。

そんな彼をエンジンフードの上に乗せたままカウンタックは夜の闇を
切り裂いて、轟音と共に新宿のネオンが瞬く、大ガードの方向に
走り去って行きました。

ふと我に返った私はこれは大変な事態になったと、
車もそうだが、輝ちゃんも危ないと、
彼のロータスに戻り、エンジンがかかりっぱなしの運転席に
滑りこむと、なんとか急いで発信しようとしました。
ところが、このロータスヨーロッパという車、足元のペダルの狭さも
そうですが、ミッションの入れ方に独特のくせがあって
非常に判りずらいのです。
つまりどこが1速なのかと。

悪戦苦闘してようやく動き出したロータスを彼らが走り去った方向に向け
私は運転しながら前方を注視しました。
ところが夜の闇の中、相手はよほど飛ばして逃げたのでしょう、
全然見当たらないのです。
道路は広く片側4車線もあります。
しばらく行くと、新宿区役所が右手にある信号です。
その時、交通量はなぜか非常に少なく、かなり先まで見通せたので
前方にいないとなると、ここを曲がったのではないかと思いました。

そこで私は右折して曲がってみると、タクシーやら結構な数の車が道路わきに
停まっていました。
私は窓越しに、黒いスポーツカーが来ませんでしたか?
とタクシーの運ちゃんに尋ねました。
ああ、たった今屋根に人を乗せたのが其処をまがっていったよ、
映画の撮影でもしてるのか?と言われました。

そこを左とは歌舞伎町のど真ん中に向かう道です。
狭くて、いつも渋滞するところです。
私はこれ以上は走ったほうが早いと決断し
ロータスを路肩に停めると、急いで走り始めました。

すると繁華街の店が立ち並ぶ先にタクシーの間に挟まれるようにして
カウンタックがドアーを開け、二人の男が取っ組み合いをしているのが
前方に見えました。
勿論、輝ちゃんと犯人です。

ここから日曜日の深夜を挟み、次の日の朝方まで寝る間もなく
忙しい時間が始まったのです。

先ほども言いましたが、輝ちゃんは4か月に1台くらいの
ペースでヨーロッパを仕上げて売っています。
その内容からすればかなりな格安の値段です。
もし、ヨーロッパに興味のある方がいらっしゃれば連絡をください。
現在、右ハンドルと左と2台のもうすぐ仕上がるロータスがあります。

こちらは右ハンドル

P1020427.jpg

CIMG6563.jpg

これが左ハンドルです。

CIMG6567.jpg

内装も全部新品です。

CIMG6565.jpg

当然エンジンもフルオーバーホール

CIMG6564.jpg

連絡は当社まで
045-663-4660 しのもとまで。

CIMG6569.jpg


プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク