生きた足跡

皆さんおはようございます。

人間長く生きていると、
少なからず周りの人に影響や印象を残します。
まあ、大概が悪い印象で。。
やれ、あいつはケチだ
自分の事しか頭にない
能力もないくせに他人の悪口ばかり言う
などなど、、、、

勿論、私も例外ではありません。
私が周りから思われているのは、
超我儘、かっこつけたがり、自尊心が強すぎ等。。
けして褒められた人格ではありません。
ではどんな人が尊敬されるのか?
あの人は良い人だと思われるのか?
少し考察してみましょう。

では身近なところで、この私が66年間この世に生きて来て
何人の尊敬できる人に出会えたか?
残念ですが、たった一人です。
それは「元シーサイドモーターの社長 松沢己晴」
昭和10年生まれの彼は今生きていたら、82歳
けれど、バブルで日本列島が騒いでいた頃の1988年に亡くなりました。
その死に方、死んだ場所、全てが彼らしいと思います。

振り返れば彼との出会いは、
私がシーサイドモーターの門を叩いた1974年の事
今から43年前です。
その頃彼は39歳、私は22歳
シーサイドは並行輸入自由化の波に乗って、
かなり背伸びをした10階建ての自社ビルを建設中でした。
39歳で自社ビル?
これはかなりな成功物語でしょう。
勿論続けばの話ですが。
当然大半が銀行からの借入金だから、
そのせいか入社したての私は ほぼ毎日横浜駅前の当時の三和銀行に
使い走りをさせられました。

なので己晴さんとは口を利けることもなく、ただの憧れの人
何しろ毎日着ているスーツやジャケットは殆どイタリア製
靴もそう、ネクタイも同じく、ミラショーンなどの派手目が好みでした。
おまけに身長が高いので(180センチ)やせた身体に良く似合っていたのです。

かたや私と言えばスーツは入社時に両親に買ってもらった着た切り
初めの頃は、着る機会も全くなく、毎日ジーンズにTシャツと言う格好
仕事が使い走り、車の掃除、その時はまだビルが完成していなくて
仮の事務所だったのでそれでもよかったのです。
通勤も東京の杉並からバイク通勤でしたし。

そうしているうちに、
ようやく1974年の9月の終わりに新社屋は完成しました。
ショールームは全て床がイタリアンタイル、天井からの柱には鏡を張って
それは大層きらびやかな感じでした。
おまけに、そこに展示しているのは、当時日本全国、
何処でも見られないランボルギーニや、マセラーティの新車。
なにしろシーサイドは、その二つの日本総代理店だったから。

私はと言うと、訪れるお客様の車の移動、保管の仕事
先輩の営業はブルーのおそろいのブレザーを着て、お客達に対応してる
私も早くあぁなりたいと思いました。

ラグナセカ サーキット

皆さんおはようございます。

遅くなりましたが8月のモントレィの花形イベント、
ラグナセカ サーキットレースです。
私が初めてここを訪れたのは1987年頃。
たまたま知り合った車屋のアメリカ人がこの町に住んでいて
連れて行ってもらったのが始まりです。

その頃は全体的にのんびりしたムードで、レース好きなアメリカ人の
ホビーと言う感じでした。
それから30年たった現在も基本は変わっておりませんが、
やはり景気に左右される部分はいなめず
今年はかなり高額な車の減少が目立ちました。

例えば、今年はフェラーリが誕生して70年になりますが、
普通その年には特集としてイベントが開催されます。
ところが期待して行った私の目には、フェラーリのレースカーに準ずる
車はほんの数台。
何で? とがっかり。
多分、このサーキットのオーガナイザーとフェラーリ社とで旨く話がまとまらなかったのでしょう。
費用を誰が負担するかとかそういう話です。

では写真をご覧ください。
P1120653.jpg
P1120654.jpg
P1120659.jpg
P1120662.jpg
この人は毎年みかける有名人
P1120665.jpg

そのせいか、毎年恒例の 記念Tシャツも冴えないデザイン、残念でした。
P1120713.jpg


P1120640.jpg
P1120641.jpg
P1120642.jpg
P1120644.jpg
P1120645.jpg
P1120683.jpg
P1120672.jpg
P1120687.jpg
P1120693.jpg
P1120695.jpg
P1120709.jpg

来年はもう少しましなイベントを期待します。
やはり車が走る姿、その音が一番面白いから。
博物館の車は死んでます。
私の会社に遊びに来てくれた人に、出来るだけ乗せるのは同じ意味。



コンクール イタリアーナ

皆さんおはようございます。

私が毎年出向くモントレィのイベントの中で、
コンクールイタリアーナは私にとり、大きな意味を持つイベントでした。
と言うのも、その名の通り昔はイタリア車のコンクールがメインイベント
なので、ビンテージカーのオーナーはこぞって自慢の愛車を仕上げて
持ち込みました。
私もそれに刺激を受けて、過去に3回いずれも自分の一番得意とする
ディノをわざわざ日本から運んでイベントに参加させました。
その頃(10年ほど前)はディノだけでも10数台在りました。
でも今年はわずか4台くらい。
ミウラもそう、最盛期は10台くらいのミウラが並びましたが
今年はたった1台だけ。
理由は?
このイベントが人を引き付ける魅力が無くなった。
つまり運営がお粗末。毎年何の変化もない
そのくせ入場料が年々高くなっている。
昨年が180$、今年は200$
200$と言うと、日本円で22,000円
高すぎるでしょう。
つまり商業主義。
これでは参加台数が減るのが当たり前。
半面、フェラーリでも458とかモダーンフェラーリがずらりと並んでいる。
200$も払って、なんで他人のどうでもよい車を見なあかんの?
そう思います。

P1120819.jpg
P1120826.jpg
P1120827.jpg
P1120814.jpg
P1120816.jpg
P1120882.jpg
P1120880.jpg
P1120876.jpg
P1120867.jpg
P1120866.jpg
元、ピニンファリーナのデザイナーだった、
ケン 奥山さんが作ったスペシャルカー 2台を展示していた。
P1120833.jpg
P1120834.jpg
この真ん中の人はスチーブが務める
フュージョンスポーツの社長、ヨールさん。
P1120844.jpg
この人は奥山さんの事務所のデザインスタッフ
P1120859.jpg
P1120862.jpg
P1120975.jpg
P1120974.jpg
P1120956.jpg
今回の唯一の収穫は
再びバレンチノさんと会えたこと。
P1120891.jpg
P1120898.jpg
P1120899.jpg
これは私が作った特製のTシャツ
プレゼントした。
P1120906.jpg
P1120909.jpg
P1120916.jpg
P1120928.jpg
この人は本当に気さくで良い人だ。
普段はボローニアに住んでいるとの事。

9月になっても閉塞感は続く。

皆さん おはようございます。

8月は例年になく長雨で夏らしくなく、
9月になっても涼しい毎日です。
勿論毎日うだるような暑さよりも過ごしやすいのは確かですが、
季節のけじめが感じられないように思います。

我が国をとりまく環境もしかり
何時の間にか、中国は核の大国になり
おまけに北朝鮮までその仲間入りをしようとしている。
つまり悪の連鎖です。
核爆弾さえ持てば無敵? あるいは抑止力で自国を守れる?
そんな幻想を何処の国でも持てば、いつの間にかどこの国も
核爆弾を保持する
そんな時代が来てもおかしくありません。
実際にアメリカ、ロシア、中国は勿論の事
イギリスであれフランスであれ、インドであれ
みんな核爆弾を保持しています。数の違いはあれど。

そんな中、我が日本は?
世界唯一の被爆国だから? 核爆弾は保持しない
そんな腑抜けた理屈が周りのエゴむき出しの国に通ると思いますか?
日本は一度核爆弾でやられた国だから、かわいそうだから遠慮してやる?
北の金さんが
そんな風に思う訳が無いでしょう。
日本と言う国は太平洋戦争で痛い負けを喫し、
それ以降常に負け犬根性が染みついている
そう言っても過言ではありません。

本来国の指針を決めていくはずの「政治家屋」あえて屋と呼びますが
私利私欲にまみれ、、おまけけに道徳心もなく、
あたかも小学校のクラス委員のようです。

大げさに言えば「大和民族の誇り」は何処に行った?
オリンピックや国際大会で、入賞した選手が国旗を振りかざして
はしゃぐシーンをよく見ますが、
お前は日本人だから勝ったのか?
そんなに常日頃日本人を「意識しているのか」と疑問に思います。
私的には「国を振りかざすのは見苦しい」そう思います。

一段下がって、私の周りの車好きの方々、
最近熱が下がったように元気が無い
そんなに景気の事が頭から離れない?
周りの事が気になる?
なんでもっと自尊心、自負心を持たないの?
そう思います。
もし、これを読んで俺は違うぜという「金玉のチジミ上がった」男がいたら
私に堂々と体当たりして来てください。
いつでも受けて差し上げます。

以上。

アメリカは偉大か?

皆さんおはようございます。

日本は有史以来2000年、
中国、エジプトなどは有史以前からの歴史
比べてアメリカは約400年の歴史と短い。
けれどインディアンなどの先住民を追い払ったのは、
欧州などで既にかなりの文明を持った人達の子孫だから
産業、とりわけ「自動車」に対するノウハウは十分にあったわけだ。

もう一つは あのでかい国土、
車無しでは移動が出来ない環境、
つまり必要な商品であったのだ。

なので、アメリカ各地に「自動車博物館」は多数存在する。
今日はその中で、カリフォルニアでもNO1と言われる
”ブラックホークミュージアム”を紹介しよう。
ここには、10年以上前から訪れていた。

サンフランシスコの東30Kmに位置する元々は砂漠地帯
そこを買い上げデベロッパーとして活躍したのが
ここのオーナー「ドン ウィリアム」さんだ。
ここの地名になる「ブラックホーク」直訳すれば黒い鷹。
この辺りは、砂漠とは思えないほど緑豊かで綺麗に整備されている。
そこかしこには、小綺麗な分譲住宅が立ち並ぶ。

さて、その中心に存在するこのミュージアムは
アメリカの博物館の基本、
いわゆる「古い時代のアメ車」が展示されている。
但し、その中でも価値の高い当時のお金持ちが贅を尽くした高級車が殆ど。
クーラーのよく効いた館内を回ると、
改めてアメリカ人にとって自動車とは、
単なる移動の手段では無く、「自己主張」そのものだと言うことがよくわかる。
入口に向けて歩を進めているのは、
今回同行した長年の親友、三浦商事の三浦さんだ。

P1130201_20170904104629042.jpg
P1130202.jpg
P1130203_201709041046306b6.jpg
P1130209_20170904104631700.jpg
P1130211_20170904104632256.jpg
P1130214_20170904104634d0f.jpg
P1130216_201709041046350d0.jpg
P1130219_20170904104637440.jpg
P1130223_201709041046384ea.jpg
P1130227.jpg
P1130225.jpg
P1130229.jpg
P1130242.jpg
P1130240.jpg
P1130236.jpg
P1130251.jpg
P1130247.jpg



この上のフロアには、アメリカ開拓時代からの歴史を展示する
「ジオラマ ミュージアム」がある。
次回はこれを紹介しよう。



プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク