生きてて何が楽しい?

と、いきなり退廃的な事を言うけれど、
私が青春時代を過ごしてきた1970年頃、
世の中退廃ムード蔓延で新宿辺りには、
裾のボロボロにちぎれたパンタロンのジーンズに
だらしなくシャツを羽織った若者がたむろしていた。
駅の近くに「風月堂」という喫茶室があり、
そこはそのような俗にいう
「ヒッピー」と言われた男女がたむろしていた。

当時は今ほど「マリファナ」とかにはうるさくなく、
それらを嗜好するのが時代の先端を行くような風情だった。
ヘアースタイルは当然ロングヘアー。
今考えるとそれらは全部海外、主にロンドンのストリートファッションや
アメリカの西海岸のサンフランシスコあたりで広まった
ヒッピームーブメント 
既成の社会に抵抗して、自然志向 自給自足を求めるなど、
日本の場合はそれらの受け売り?に近かった。

理由は我々日本人にとって、
第2次大戦の敗北から「ヤマト民族」の精神である
日本国不敗主義=大日本帝国というイデオロギーを完全否定され
極東の単なる島国
その現実を身を持って多数の犠牲を支払って感じさせられたからだ。

だから「核」と言うべき精神的な支柱、よりどころが無い
簡単に言えば全国民が目指す「方向性が無い」
そのまま、とりあえず国として儲ければ良いからと、
せっせと外貨を稼ぎ、
公団の2DKに住むのが狭いながらも楽しい我が家と
テレビに、冷蔵庫、洗濯機
これらを揃えるのが一人前とした、ささやかな生活目標だった。

ところがそれらが浸透して当面の目標が無くなると
働きアリだった自分にふと疑問を感じてしまう。
なので寅さんでは無いけれど、とりあえず酒飲んで、
とりあえず競馬パチンコでもやって
「憂さをはらす」
つまり生き方に「思想性が無い」
あるのは当座の遊びに必要な「金をしのぐこと」

最近の風潮である「他人、しかも社会的な弱者老人など」を騙して金を得ようとする
どう考えても人間のクズしか出来ないような事を
現代の若者は平気でアルバイト感覚でやる。
理屈は「騙されるほうが悪い」
私が20代の頃、1970年代にはまだ最低限のモラルがあったのか、
詐欺師はいたが、殆どがもうけ話で相手を騙すタイプ
ところが、現代の詐欺師は相手の「良心、親心」などを逆手に取る
騙された人にとっては、怒りよりも、自分の良心を否定されたようで落ち込むだろう。

つまり今の世の中を一言で言えば、「拝金主義」だ。
金さえ得る事できれば、モラル、道徳など2の次、
まともな両親からの教育を受けてこなかった、
若い男はフリーター
若い女は援助交際
これらの男女が30代、40代になった時、
次世代の若者に何と発言するのか?
考えただけで背筋が寒くなる。
熟れた果実はそのうち腐って落下するが、
今の日本は地面に落ちる寸前の在り様だ。
誰がこの難局を救えるのか?
草の根運動? あるいは宗教か?
自問自答してみよう。

ここで話は変わって、仕事の話。
私が過去に多数の動画を撮りためてきたが、
今回それらを最新のソフトでリニューアルすることが可能になった。
つまり画像が鮮明、クッキリと再生できると言う事。
順次公開していく。期待してくれ。



生き甲斐とはなんだ?

皆さんおはようございます。

最近何か楽しい事はありましたか?
私は今年になってから何もありません。
客観的に言えば、なんとつまらない日常なの?
という話になる。

この3か月間、貴方は心を動かされた
「感動」「関心」一番大事なのが、「喜び」
これらは有りましたか?

まあ我々小市民が愚痴を言っても始まらないが、
安倍政権の混迷を始め、アメリカではトランプ大統領の暴走、
中国の無謀なアジア諸国への経済侵略
英国と、ロシアの確執などなど。。
日本のみならず世界の情勢自体が不安定だらけだ。

なので小市民は桜鑑賞を理由にして酒を飲んで「憂さを晴らす」
酔っている間は良いが、シラフになったら相も変らぬ現実がある。
これが我々の宿命だ。
私は歴史ものを読んだり、テレビの特集を見たりするのが好きなのだが
現代社会は江戸の元禄時代(17世紀末~18世紀初頭) 
京都、大阪を中心とした町人文化、
その中身は、現実主義、豪華華美なものを愛でる、

その次に生まれた(18世紀末~19世紀初頭)
化政時代 (化政とは文化文政の略語)
この時代に、現代は非常に似ていると思う。
これは江戸を中心に盛んになり
皮肉や洒落が喜ばれ
享楽的、退廃、無気力が横行する
その大きな理由は、徳川の幕藩体制の綻び、矛盾の進行
期間は短いが自民党政権の腐敗、堕落と似てないか?
現代社会では当時と違い、通信ネットワークの劇的な速さに寄り
東京で起こったことは、その日のうちに沖縄でも北海道の稚内まで伝わる。

つまり日本と言う島国では、同一文化、同一民族(最近は少し違ってきているが)
故に、皆同じような感染症になる。
花粉アレルギーと似ている。
但し、中には俺は何ともないぜ、と言う奴もいるだろう。
つまり「免疫力」がある。

これからの世の中、我々には免疫力があっても無くても
手強い「風潮」というものに対峙していかなければならない。
それに一番大切な事が「自己管理、自己主張」だ。
最近、私の仕事上でも感じることは、それらが弱い人が多いと言う事。

例えば、キャステルを訪ねて車を見せてもらう
これなど、私はいつでも「ウェルカム」だ。
あるいは私と話す機会を作る
横浜まで来るのが面倒?
それを言っちゃあおしまいよ!
寅さんならそう言うだろう。
貴方ならどうする?

燃える車だと言われているランボルギーニ ミウラですが、
このポイントを押さえておくと全焼を未然に防げます。
↓↓↓参考動画はこちらをクリックして下さい。
燃えないミウラの作り方

男の価値

皆さんおはようございます。

人生40年以上も生きてきたら、
ある程度はその人の対外的な評価が出ていることでしょう。
簡単に言えば、他人から見たその人の評価、価値。
何処かで生まれて、何処かで育ち、
20歳を過ぎてから何らかの職に就く
それが人によって、農業か、漁業か、あるいはサラリーマンなのか?
仕事を始めて20年も経てば、社会人としてどの程度評価されているか
眼に見えてきているだろう。

農業であれば、生産農家として組合など
一定のポジションについているだろうし、
サラリーマンであれば、係長か課長クラスか。
その一見普通に見える「役職」{役割」なのだが、
実際はその人物の裏の顔は真実と違う場合が多い。

簡単な比喩で言えば、大学の教授は人格者?
警察官はモラルがある?
最近その定説?を覆す事件が多発しているだろう。
それは「肩書き」を隠れ蓑にしているから。
あるいはその肩書きに縛られているから。
つい、酒を飲んだりして本音や本性が出てしまう。
世の中そんなに「真面目な人」 「誠実で良い人」 などが
沢山いるわけは無い
これが私の持論だ。

つまりみんな「我慢をしている」 あるいは「我慢を強いられている」
そう言うことだ。
だから映画「フーテンの寅さん」の寅次郎は大衆人にとり
「憧れ」の存在になる。
ありえないほどの「自由人」だからだ。
だからと言って天涯孤独ではなく、気が向けば妹のいる「葛飾柴又」に
帰ることもできる。
つまり何処かで自分の帰りを待っていてくれる人がいる、
これがあるか無いかでは人生は全くゼロか百くらいの違いが出る
貴方にそういう人がいるなら、当然大事にするしかないだろう。

シーサイドにいた頃、ショールームによく白バイ隊員がやって来ていた。
隊長クラスのその人は、己晴さんと親しく
いつも1時間くらいはお茶を飲んだりして過ごしていた。
勿論、車が好きだったこともあるだろうが、
今同じことをやれば、署長から厳重注意を受けるだろう。
それだけ規則に個人、また組織が縛られ、
枠にはまった生き方を強いられている。
つまり現代は窮屈な時代だ。

誰もが「職場放棄して」寅さんのように「旅に出る」
これは叶う事では無い。
そうであれば、もう少しだけ「規則」 「規制」の枠の中で
我儘をしてみたら?
これが私の提案だ。

その中で他の男とは違う「個性が」出るかもしれない。
悪い事では無いだろう。
それが「男の価値」だ。

ミウラの動画にキャプションを入れてみた。 ご覧ください。

このグリーンのミウラの内覧会を現在行っている
フロント、篠本にアポイントを入れたうえ、ご来社ください。
その他、フルレストアのディトナ、エスパーダなども見れます。
045-663-4660 まで。

tuji-1_201802261142272be.jpg
tuji-2_201802261142286f2.jpg
tuji-4_20180226114231777.jpg
tuji-6_20180226114234ef5.jpg
tuji-7_20180226114235fe9.jpg

まずは実物を見る事から何事も始まる。




苦労は自ら選ぶべき?

皆さんおはようございます。

別に苦労自慢をするつもりはありません。
なぜなら世の中、時代や、生まれた国、生まれた親によって
初めから苦労を伴う人も無数にいます。

それに比べれば、私の場合は自分の怠けや、
自分の立場、その時点で何をするべきかなど
全く甘えでしかなかったと今更ながら思います。
ただ、ただの馬鹿と、賢い?馬鹿の違いは、
失敗してからのその後の行動。

つまり私の場合、自分の怠慢のせいで失敗しても
面倒を見てくれる「親」という存在がいたからまだ幸せだったと。
これが成人していて、失敗しても全部自己責任、
おまけに「金がからむ」失敗であればあるほど、
リカバリーは難しくなります。
パチンコで数百万、、、
それ位ならまだしも、先物取引、なんとかコインなどで
数千万も借金をしてしまった、、、
だから、自分の人生に責任を持つと言うなら
失敗してもリカバリーできる範囲の失敗なのか、
あるいは誰か助けてくれる人がいるのか等、、、
先をよく見極める事、これが当たり前だが大事なことです。

よく言われるのは、頭に血が登ると周りが見えなくなる、
パチンコで打っても打ってもフィーバーしない
手持ちのお金も底をついた
近くのコンビニに走ってカードで金を借りる
気がついたら毎月カードで数十万も金を借りていた、、、
たまに勝ったときは? 
友達に寿司を奢って、ソープランドで遣っちゃった
これでは負の生き方に輪をかけるばかり、、、
貴方はそんな馬鹿ではないと思いますが、

そんな偉そうな事を言ってる私もつい先日、
66歳にしてはありえない「しくじり」をやってしまいました。
詳しいことは書けませんが、周りに多大な迷惑をかけました。
それでも本人は過ぎたことは仕方ない? 
と、昔の学生の時と同じように開き直り。
まわりも渋々それについていく? 構図です。

ここで学ぶことは、
ワガママが通る立場か?
穴埋めを出来るだけのパワーがあるのか?
最後に一番大事なのは、「自分を信じる事ができるか」
言葉を換えれば、「自分を最後まで信じきることができるか」
この部分です。
ここで言う、自分とは
今までの人生の「学び」で自分の方向性を見出していること。
自分の能力、性格、知識、
それらの容量が世間に対してどこまで認められるか、、
その自己分析です。
幸い私の場合、「自然体で生きてきた」
これからもそうだろう、、、
そう思えるから、悲観もしないし、必要以上の後悔もしない
そう言えるのです。

もし現在、何らかの形で行き詰まり、自分では先が見えない
そんな方がいらっしゃいましたら、いつでも相談に乗ります。
私もこの年になって、いくらかでも人の役に立ちたい
そんな殊勝な考えになりました。
どうぞ、お気軽に相談ください。

新たにミウラの動画をご覧下さい。
↓↓↓下記をクリック!
ミウラのロードムービーをアップしました。

人は苦労しないと成長は無い?

皆さんおはようございます。

よく、「苦労は買ってでもせよ」と言われるよね。
ただ、その苦労の原因が何処から来ているのか?
それも大事だ。
例えば、ギャンブルに手を出し、有るいは株の投資で失敗し
多額の借金を抱えた。
だから毎日の食費にさえ苦労した。
これはよくあるパターン。
けれど誰も同情などしてくれません。
「あんたの自己責任」 「尻拭いを人に頼るな」
これが正論
あるいは、友人に頼まれて連帯保証人になったら、相手が夜逃げした。
これもそんな奴を信用したあんたがアホ
つまりは自分のエゴや、俺は周りの奴らより頭がいいから
簡単に金儲けが出来るなど自信過剰、あるいはすぐに信用する
「お人よしではすまされない人」  「自信過剰な人」
自分一人で生きていくのならまだ救いがありますが、
妻や子供がいたら巻き込んで悲惨なことになる。
では、私の場合、
今までの人生で2度も迷惑をかけた相手がいる。
誰? 自分の両親だ。
一度目は前回も書いたが、高専に入学した1年生の時
田舎の中学だったからレベルが低く、私は模擬テストなどで学年で
大体5番目くらいだった。(200人中)
ところが下町の精鋭が集まる高専は同級生の頭の良さが
私よりも数段上。
しかも先生では無く「教授」と呼ぶ教師たちの指導が厳しいこと
特に苦手な数学などたちまちついていけなくなり
テストでは赤点を連発
まあ根っからの馬鹿ではないのだろうから
真面目にあるいは私にしては必死に勉強すればよかったのだろうが
中学時代と違い「目標の無い」事には意欲がわかない性格。
夏休みを終えた頃には、学校に行くふりをして上野公園で昼寝
高専は授業が単位制だったので、科目の一つでも取れないと
「落第!!」
私は既にお先真っ暗。
上野公園の近くに「東京テレビ学園」なるものがあり
そこでもいこうかと後先考えずアホな考え
お金は誰が出すのっていう話  甘いよね。
そうこうしているうち、年が明け3月になった。
担任の先生は にべも無く落第宣告
普通の子なら「恥ずかしいから」とか言って学校を退学するよね
でも何故か私は妙に開き直り4月からの新学期を新たな新入生と一緒に
教室の一番後ろに座っていた。
それが私が今まで続く「特異な性格」の発端なのかもしれない。

この時の学びは、
1、過ぎたことは仕方ない、きれいさっぱり諦める
2、問題は失敗したことを「どうリカバリーするか?」
3、そのリカバリーにどう向き合うか? モチベーションは?
4、相手がいるならできるだけ外向きに「仲良くなれ」
このような事だった。

失敗その2に続く。
プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク