カナダから戻ったLP400

DSC05387.jpg


皆さんこんにちは。
前のブログではLP400を探して、3度目の成田からの海外ツアーの説明でした。
この3度目の時はたまたま12月でもありましたので、カナダのカルガリー空港に
サンフランシスコから到着すると、外はマイナス20度の気温でした。

迎えに来てもらったSUVで1時間あまり走ると、オーナーのガレージに到着しました。
そこはかなり大きな倉庫で、入るとひな壇になっているガレージに
30数台の車が置かれていました。
どれもかなりマニアックな車ばかりで、(例ミウラが3台)
オーナーのこだわりが見えてきました。
正確には忘れましたが、プラスチックの加工業を本業としていると言われました。

DSC05337.jpg

DSC05339.jpg

DSC05401.jpg


目的のLP400は下に置かれ、我々を待っていました。
一目の印象は、オリジナルに近いなと、、、
内装などは下手な張替えがされていましたが、外装はまあまあの状態でした。
私は前に言いましたように、レストアの良いベースとなるものを探していたわけで
その意味ではかなり良いなと。
おまけにオーナーが資料を持ってくると、その中に日本の抹消謄本が入っていたので
ビックリ。
よくよく見ると、フロントウインドウの裏側には昔の車検の年度を示すステッカーまで
残っていました。

DSC05362.jpg


おまけにエンジンは一発始動、煙も少ないと。
但しいつも行う、テストドライブは凍った道路なので、当然無理。

DSC05355.jpg

DSC05382.jpg

DSC05396.jpg

DSC05369.jpg


次は値段の交渉、
ところが、意外とオーナーはしっかり者で、全然まける気はなし。
最後の全員の画像の私の表情が硬いのは、寒さと値段の現れです。

但し、少々値段が高くても素材の良さが大事です。
それが私の毎回のキーポイントです。

DSC05417.jpg

車はこの後、カナダのバンクーバーからサンフランシスコに運び、横浜まで船に揺られて来ました。

次回は日本に来てからのレストアの様子を御覧に入れます。

レストアとは新車時の製作過程を復元することだ。

caro1.jpg

皆さん今日は。
今日は2011年12月23日 いよいよ今年も残りわずかになりました。
当社も沢山のお客様のおかげで、無事に今年も終えられる事が出来るようです。
この激動のしかも世界的に不況と言われる今日で、勿論日本も例外ではありません。
しかも震災と言う大きなハンデを負って、明るい話題と言えば なでしこジャパンの活躍くらいしか
思い浮かばないような1年でした。
しかし、黙っていても年は超し、また新しい年を迎えます。
過去を引きずるより、未来を考えるのが良いのは当たり前の話です。
家政婦の三田さんも最後は大笑いはしませんでしたが、微笑を取り戻しました。
是非新年は新しい気持ちで、自分の人生、生きがい、目標を新たに設定しなおして
第一歩を踏み出して欲しいと思います。
勿論私も正直苦しかったこの1年を振り返り、(売りあげが3億5千万から3億になった、前年比)
来年もしっかりとした基盤で仕事をし、皆さまの期待に応えて行きたいと思います。

特に私が目標としている、ビンテージカーのレストアの仕事においては
ディノは勿論の事、ミウラ、カウンタックLP400,ディトナ、ストラトスなど
多数の仕事を任せられ、それを形として残す事が出来ました。
勿論やるからには私の経験、知識、記憶を総動員して、
しかもその素材には徹底的にこだわり、世界中を駆け回って探す事もいたしました。

今日はその中の1台であるカウンタックLP400 を解説したいと思います。
このプロジェクトは東京の当社にとりVIPのお客様からの注文で話が始まりました。
ランボルの象徴であり70年代の正にスーパーカーと呼ぶにふさわしい
LP400の最高のものを手に入れたい、、、
その希望をかなえるためには、対象となる車を探さなければなりません。
ところがこのLP400,1974年75年と2年間にわずか150台のみの生産車です。
ディノは3500台あまり、その対比で考えてもいかに良いものを探すのが
困難かは想像がつくでしょう。

私はリクエストがあれば、まずは自分の国、日本にある売り車を探します。
それが無ければ、ヨーロッパ、アメリカとなるわけです。
但し、オーダーを貰った時点で私の考えは、フルのレストアを行うしか
顧客の満足を満たす事は出来ないなと。
理由はこの車は製造から 37年の時間が過ぎ、しかも意外とやれるのが(くたびれるのが)
早い車であったからです。
結果、私は2回アメリカの東部、フロリダ、シカゴ、西部は勿論 LA,サンフランシスコ
等をまわり 計5台のLP400を見ました。
ところが全て私の気に入る状態ではありませんでした。
何処が? と言われると説明が長くなりますが、
要は男と女の出会いと同じ、始めて逢ったときの第一印象で人は相性を
判断するものだと思います。

車の場合、私はまず5メートルくらい離れたところから全体の雰囲気を見ます。
それで70~80%は判ります。良いか悪いか。ものの数分です。
ですので、飛行機に長い時間乗って、(LAからフロリダまでで6時間です)
そこからレンタカーを借りて、数時間走り ようやく目的のガレージに着いたと。
そこで車をご対面して、数分でがっかりして、もう帰ろうということも しょっちゅうです。

今回のLP400の場合、その5台とも私の眼鏡にかなう車ではありませんでした。
勿論、先程述べたようにレストアをすることが前提でも
1、オリジナル度
2、今までの扱われ方
3、向こうの希望する値段
これらがうまくかみ合わないと、仕入れる事はできません。

DSC05336.jpg

そこで最後の切り札として見つけたのが カナダ、カルガリー(冬季オリンピックの開催地)
にあった、コレクターの持つLP400でした。
見に行ったのは2009年の12月17日、サンフランシスコから飛行機を乗り換えて
カルガリーに着くと、其処はマイナス20度の世界でした。
迎えに来てくれたオーナーの SUVのフロントウインドウにひびが入っているのを
理由を聞くと、飛び石ではなく、中と外の温度差で割れると言う事でした。

続きは明日。 12月23日金曜日

LP400は稀代の名車なのか?

2011 12 19_4955


皆さんこんにちは。
今年もあとわずかですが いかがお過ごしでしょうか。
先日、所用があって大阪に行き、ついでに私の生まれた天が茶屋に足を延ばして
みましたが、驚く事に私が小学生の頃の記憶と、町並みは全く同じで
その代わりと言えば当然ですが、全体に古くなり、しかも当時小学校に登校していた
道筋に合った、小さな個人商店はほぼ100%店を閉じていました。
つまり後継者もいない、売上も伸びない、これでは潰れるのが当然でしょう。
橋本氏が大阪改革などの音頭をとって改革を目指していますが、
心斎橋や道頓堀などの黙っていても人が集まる場所からではなく、
低所得者の密集した町並みが今でも残る、下町からの改革を目指さなければ
真の改革とはいえないと思います。
つまり貧富の差の解消です。
日本はいつの間にか1億中流などと言われるようになりましたが、
この大阪のような大都市でもその恩恵は受けていない人が沢山います。
ましてや、地方都市ではもっと格差が開いてきているのではないでしょうか。

つまり政治家は庶民の目線で腰をかがめてみる事が大事と。
私の職業でも、お客様のニーズを真摯に受け止めそれを結果として残すと
これが大事と思います。

その結果の話ですが、今月発売の 外車情報 F ロードで
巻頭から当社が今年9月に納車した カウンタックLP400の記事数ページの中で
ライターが今まで見たことが無い、新車のオーラを感じる出来上がりだ、
とコメントを頂きました。もちろんお世辞もあるでしょうが
この車はプロデュースした私にも、日本でこれだけの仕事が出来るんだ
と、満足のいく仕上がりでした。
宜しければ書店で見てください。

今後もこの車に限らずレストアの幅を広げて行きたい、
そう思います。
是非、どのような車でもキャステルにご相談下さい。

ここ数日のこのブログは紙面で紹介仕切れなかった部分も
載せていきたいと思います。

CIMG4354_3827_edited-1.jpg

CIMG4324_3797.jpg

CIMG4290_3691_edited-1.jpg

御覧の様に内装はカウンタックのオリジナルカタログと同じ色調の皮を作りました。
ダッシュはオリジナルに一番近いイメージの、アルカンターラを用いました。
絨毯も同じです。  このように内装は色のバランスが大事と言う事です。
勿論、使う素材も吟味する必要があります。
基本はオリジナルの再現です。

CIMG4276_3677.jpg

CIMG4278_3679.jpg

CIMG4273_3674.jpg

12気筒エンジンはいわば芸術品です。
ですので、中身のオーバーホールは当然ですが、組み立てた時の美しさにも
気を配るべきです。
基本は黒い部分はより黒く、光る部分はより光るように、
つまりコントラストを付けるということです。

CIMG4300_3701.jpg

CIMG4306_3707.jpg
 

カウンタックは歴史に残るか?


2011 12 15_4934


皆さんおはようございます。
昨日は、LP400S カウンタックのテストドライブを行いました。
この車は私がイギリスのロンドンでオーナーから買った車で、
日本に到着後、かなりな手を入れてようやく新しいオーナー(ジャズプレイャーです)
私も満足の出来るコンデションになりました。
走らせたフィールは、一言で言えば おだやかな車 。
そういうと、皆さん驚かれるかもしれませんが、本当です。
ボディの幅の大きさ(2メートル)視界の悪さ(斜め後方は全然見えない)
等を差し引くと、車そのものは非常に穏やかな性格です。(同じランボのミウラと比べたら)

2011 12 15_4944

言うまでも無く、カウンタックは 最初のLP400が出て、次にこのLP400S
その後LP5000S となり最後が クワトロバルブ、記念モデルとしてアニバーサリー
となります。
その間、エンジンはLP400と400Sは同じ、 5000Sが 排気量を5000ccにアップ
クワトロが4バルブ、またキャブをそれまでのサイドからダウンドラフトに変更と改良を受けています。

勿論私は全ての車を何台も走らせていますが、初めの4000ccのエンジンは
穏やか過ぎて何故ミウラとこんなに違うの?という感じ、
5000ccは少しはましかな、、、、クワトロになってやっとパワーが出たなと思うけど
今度はアクセルのオンオフに、エンジンが微妙に反応しない 大味なフィールだなと、、、

だからデザインは別として、車としての動力性能、アピアランス、ファンなドライブには
適していないと言う車です。

2011 12 15_4938


今更ですが、もう少し軽いエンジンを作って、もっと高回転型にすれば評価も
変わっていたことと思います。

御覧のとおり内装は全部当社で新しく全てを製作張り替えました。

2011 12 15_4922

2011 12 15_4923


ちなみに週間ヤングジャンプに連載の カウンタックを描いている
梅沢さんは私のお客で彼の持つ、LP400も私が納めた車です。
漫画に描かれている描写は全てフィクションですが、彼の想像力には関心します。
さすがプロと思います。

2011 12 15_4920

最後に答えです。
やはりカウンタックはスポーツカーのそれまでの常識を覆した
真のスーパーカーです。

2011 12 15_4952





ミウラのテストドライブ 2

それでは今回のミウラのテストドライブの話です。
ミウラの場合、他の車と比べてハンドリングが神経質なことが特徴です。
今のフェラーリ、ランボルと比べるのは可哀想ですが、ミウラは直線でも150キロを超えだすと
ステアリングが不安定になってきます。路面の凹凸に敏感に反応し、絶えずステアリングの細かい
修正が必要となってきます。これは私が今までドライブした、30台以上を越えるミウラの大半が
そうでした。その理由はフロントサスペンションを支える、フレームの強度が不足しているためと
思います。今まで何度もアライメントの調整も行いましたが、決定的な理由ではありませんでした。
アライメントは、キャンバー、キャスター、トーインとなりますが、ミウラの場合キャスターが不足
しているのかが理由かもと思います。そのためか、普通の車ではステアリングを切り、そこで手を
話すと車は元の直進に戻ろうと、自然にハンドルを戻しますが、ミウラはそんな事はありません。
ステアリングを切ったら、そのまま、、、元に戻ろうとはしないのです。これがミウラの特性です。
これは程度の大小はあれど、殆どのミウラにでます。ですので、首都高速のような右左のカーブが
続くコースではステアリングに気を抜くことは出来ません。

P1000123.jpg

2番目はそのドライブポジションです、ミウラはまずボディのデザインが出来てその中に
ドライバーの居住空間を決めたので、(しかもイタリアンの男のサイズで)
かなりタイトです。ご存知かも知れませんが、イタリアの男は意外と小柄です。
身長170センチを超える人は少ないのです。このあいだ、お会いしたランボルギーニの
テストドライバーを長年務めた バレンチノ バルボーニさんも小柄でした。
ですので、ミウラの場合身長175センチ以上であれば確実に頭がルーフに触ります。
しかもペダルが3つ揃って、手前に来ているので、足の長い人は(身長のある人は)
がに股のスタイルになります。その割りにステアリングが遠いので、
言い方は変ですが、モンキースタイルというわけです。
これがミウラの次の特徴です。
ですので、細かいステアリングの操作は難しい、そうなるわけです。

明日はエンジン、ミッション、ブレーキなどの解説をします。


プロフィール

Castelauto

Author:Castelauto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク